ナゴヤドームに行く前にチェック!座席表の見方まとめ

shiori.k
プロ野球のみならず、中部地方における最大屋内コンサート会場として、ドームツアーの一会場としてコンサートで利用される事が多いナゴヤドーム。札幌・東京・大阪・福岡とともに「5大ドームツアー」と称されることが多いです。来場前にしっかり座席表をチェックしていきましょう。

ナゴヤドーム座席表を図解でチェック

http://xn--gutnkx91i.net/?page_id=452
敷地面積:104,447m2
収容人数:40,500人(下段席:約26,500席・中段席:約2,000席・上段席:約10,000席・立見:約2,000席、内野席:約27,600席・外野席:約12,380席・レストラン等:約520席)
ある巨大ドームです。

パソコンの公式サイトなどでも座席表を確認できますが、最近ではスマートフォンでの確認もできるようになっています。スマートフォン専用なので、しっかり見ることができ、どこでも気軽に閲覧できるようになっています。

公式サイトで座席表をチェック


ナゴヤドームは野球場のためコンサート時は、スタンド席は外野方向(通常ステージが設置される)に向かって右の「一塁側」と左の「三塁側」に分けられています。
【公式サイトURL:http://www.nagoya-dome.co.jp/】

各コンサートによって座席が変化しますので、事前チェックは必要です。もちろん当日に探すこともできますが、人混みと座席数の多さに困難を極めることは間違いありません。

またネットなどで自分の席が良席かどうかを尋ねる方も増えていますが、他人の言葉は参考程度にして自身で座席を確認して、遠ければ双眼鏡を用意するといいでしょう。

  • まれに中央のセンターステージなどの場合もある。
    ドームのように広い会場では花道と言われるステージから客席を縦断するように張り出した部分が作られます。 最近はジャニーズだけではなくK-POPアーティストやEXILEなどもセンターステージや花道を多く取り入れています。 アーティストによってステージ構成がその都度変わるので一概にどの座席が良いかは判断しにくいですが、アリーナ席の方が間近で見れる確率は上がります。
  •   http://xn--gutnkx91i.net/?page_id=440
  • イープラスで座席表を確認

    イープラスとは、チケット情報・販売・購入・予約をすることができるサイトです。無料会員登録することで、最新のチケット情報得ることができますよ。ライブ、コンサート、演劇、スポーツ、クラシック、イベントなどのチケット予約・購入ができます。

    もちろん、ナゴヤドームのイベントもイープラスを使って、座席表を確認しながら、予約することができますよ。【公式サイトURL:http://eplus.jp/sys/main.jsp】

    2006年にはセブン-イレブンと提携し、同店舗でのイープラスで購入・予約したチケットの発見や支払いもできるようになっています。また、会員ページから好みのアーティストなどの名前、会場名、ジャンルを指定すれば適合した公演がある場合アラートメールを配信するサービスもあります。


    通常のステージ構成

    ブロックはA~G

    一般的によくある基本的なステージ構成(ブロックはA~G)

    ナゴヤドームのコンサートは基本的にAブロックがメインステージに一番近いことが多くなっています。記載パターンは2種類あって、チケットに「◯ゲート・アリーナ△ブロック・●列・□番」もしくは「◯ゲート・アリーナ△ブロック・◎番」と記載されます。所持しているチケットを見て、自分のブロックを事前にチェックしておきましょう。

    http://i0.wp.com/xn--gutnkx91i.net/wp/wp-content/uploads/2014/10/stonesnagoya200…

    最前列のAブロックは16列

    http://www.geocities.jp/spec1_racing/dome.html
    最前列のAブロックは16列となります。

    やはりイベントでの最前列は良席と言われることが多くなります。しかしイベント等によっては最前列であっても見切れ席になることもあるようです。

    外野席の場合は26列目が最前列になっています。しかしコンサートなどではアーティストが移動することが多いので最前列がベスト、というわけでもありません。


    催し物によって変化します。

    中央がセンターステージの場合もあり

    http://liveliveinfo.com/aline/exile/exile%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%962015%E6%9D%B…
    ステージはアリーナ席の外野側に設置することが多いのですが、まれに中央のセンターステージなどの場合もあります。

    中央にセンターステージを持ってくることによって、360度どの角度からでもイベントを見ることができるようになります。この場合はA~Hブロックはかなりお得になっています。しかしセンターステージから伸びた花道やバックステージもあるので外野席でも十分楽しめます。


    花道とバックステージ

    (若干座席数が少ないですがCブロック中央は少し得)

    このように構成側もファンの気持ちを汲んでいるようで、アリーナ席が最も良い座席という傾向は少なくなってきました。花道やバックステージがあると、後ろの方でも好きなアーティストが近くまで来てくれることも多くなりますよね♪

    http://blog.livedoor.jp/ulutrasoul-nagoyadome/archives/cat_217693.html
  • ご覧のようにブロックはステージからA,B,C,Dと続き通常Fブロック、多いときでGブロックくらいまででしょう。
    各ブロック基本、1列 横に12席、縦は最大15列前後。 ステージ構成によっては少なくなることもあります。
  •   http://xn--gutnkx91i.net/?page_id=443

  • サブステージの場合

    http://zasekihyou-arena.com/sandaimej-soul-brothers-8/
    この座席表のように、花道があったり、後ろ側にサブステージがある場合のEブロックでも、アーティストを近くで見ることができますよ。

    最近ではどの座席であってもファンとアーティストが近くなれるように配置される傾向があります。暗転後にサブステージからアーティストが出てきた!なんてことも珍しくありません。そうなれば後ろ側の席でも十分間近に見ることができますね。


    バックステージの場合

    ナゴヤドームはスタンド席なので、バックステージがあれば肉眼でもアーティストの姿をしっかりと見ることができますよ。

    ただしバックステージがあるかどうかはイベントによって変わってきますので、絶対にしっかりと見たい!という方は双眼鏡を持参した方がいいかもしれませんね。

    毎年名古屋ドームでコンサートを行っているアーティストなどはバックステージはホームベースの後ろあたり、など配置が決まっている場合もあります。

    外周に花道を作ったりする場合もあり

    http://liveliveinfo.com/aline/exile/exile%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%962015%E3%81%A…
    外周に花道を作ったり、トロッコを走らせたりする場合は座席の数も増減します。

    ステージ構成によって花道の本数や仕様は変わってきます。各イベントによって変化しますので、過去の座席表を参考にしておおよその目安をつけるといいでしょう。大きな外周の花道を特徴としているイベントなどもあります。

    有名アーティストの座席表例

    SKE48

    http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1352267/blog/30847143/

    EXILE

    http://exile.ldblog.jp/archives/2227747.html

    SMAP

    http://www.geocities.jp/netkcsn/newpage32.html

    http://ticket.st/johnnys-times/056nt8yk0

    東方神起

    http://keeeepop.seesaa.net/article/357495158.html

    ちなみにスタンド席は野球観戦の場合は固定

    http://zasekihyou-arena.com/nagoyadome/
    野球観戦の場合は、スタンド席は固定となるので、席数の変動等はありません。


    ナゴヤドーム基本情報

    http://www.sakurayama-info.com/archives/51139134.html

    基本情報

    • ・名称:ナゴヤドーム
    • ・住所:〒461-0047名古屋市東区大幸南一丁目1番1号
    • ・電話番号:052-719-2121
    • ・アクセス:地下鉄・ ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田駅」から 徒歩 約5分
    • ・公式サイトURL:http://www.nagoya-dome.co.jp/






    各アーティストにより、会場設定がかなり違うようです。アリーナ席でもアルファベット順に基本並んでいますが、例にもあったようにC席が一番良い場合もあります。来場前に各アーティスト座席をチェックしていたほうがいいようです。また、双眼鏡なども持って行くことをおすすめします。
    DMCA.com Protection Status