宮崎空港のお土産23選。迷ったときは人気商品がおすすめ!

Hideyuki KAMON


宮崎空港には人気のお土産が沢山ありますが、今回は何がいいか迷ったときに参考になるおすすめを紹介します。すっかり全国的に知られるようになった地元の食材が活かされた品や昔からの歴史ある銘菓、地元の方からも選ばれるご当地グルメまでたくさん揃っています!

店員さんも気さくに話しかけてくれるので、どういうものがいいか相談してみるのもいいですし、日帰り出張などで、時間がない方は美味しくて数もいっぱい入ってるマンゴーラングドシャや、南九州の名物お菓子かるかん饅頭、地鶏や牛肉など知っておくとすばやく買えるので安心ですよ。荷物が多い人は配送をしてくれるところもあるので、自分の分も忘れずに選んでくださいね。



1.子供にオススメ!「いもっコロ」


小分けされているスナックです。軽いので重くもならないし、お子様がいる家庭には喜ばれます。ちなみにおいしくて我が家は飛行機の中で食べますがすぐなくなります。味は焼き塩、塩バター、黒糖、焼き芋風味などがありますが、個人的には塩バターがチーズの味もして美味しいです!焼き芋は食べたことないですが美味しいと口コミでありました。電子レンジでチンするとまた違う味が楽しめれます。

2.マンゴースイーツ人気No. 1「宮崎マンゴーラングドシャ」


宮崎のマンゴーといったら太陽の太陽のタマゴ!でも高くてお土産としてはちょっと買えない…そんな時はこちらの宮崎マンゴーのランドグシャがおススメです。宮崎マンゴーを100%使用し、モンドセレクションも金賞を受賞しています!ランドグシャのほうがマンゴーの香りが強い気がします。なのであまり香りが好きではない方は黒バージョンがおススメです。たくさん枚数が入っているのもあるので会社などのお土産にもいいと思います。

3.大人な味の「マンゴーブラウニー」


ブラウニーなのですがマンゴーが入っていてちょっと甘ほろ苦いという感じです。マンゴーが入っているのでそこまで甘くもなく、数も少しなのでママ友に私はあげました。マンゴーが入っているあたりが宮崎って感じですよね♪

4.やっぱりこれ!「宮崎牛」


お肉って喜ばれますが、特に宮崎牛はブランドがついているし、日本一にも輝いているお肉です!今からの季節だと暑さとかが心配ですが、宅急便でも送れるのでご安心ください。空港でもお肉が買えるので買い忘れた!となっても買えますよ♪

5.宮崎生まれの焼肉のたれ「戸村のたれ」


もちろんお肉もおススメなのですが、写真の上に写っているのが焼肉のたれもおススメです!こちらは宮崎で生まれたタレで宮崎でしか見かけません。宮崎で焼肉のタレといったら戸村のたれといわれているぐらいで、私も送ってもらっています。お肉文化の宮崎で生まれたタレなので、美味しいですよ♪

6.空港でも買える!「高千穂牧場のソーセージ」


宮崎には高千穂牧場があるのですが、そちらのソーセージやウィンナーなども販売されていました!子供は特にウィンナーとかって大好きですし、主婦としてもおかずの一品になるものはお土産としてもらうと嬉しいものです♪

7.何にでも合う!100%宮崎産「鶏のささみくんせい」


実は宮崎は鶏も有名です!日向鶏は特に柔らかい!そんな宮崎の鶏100%使用のくんせいです。味も黒胡椒、ゆず胡椒、薄塩でそのままでもおつまみとして美味しいです。割いてサラダにトッピングしたり、チャーハンにいれたりなど色んな風に使えます。お酒が好きなご夫婦の家庭にお土産におススメです。

8.空港オリジナルドレッシング「日向夏」「金柑」


せっかくだから空港オリジナルっていうのも気になりますよね!子供は野菜好きじゃない子が多いですが、なんと野菜嫌いの子でも食べてくれるという文字が…実は空港内でレストランがあるのですが、そちらのレストランでサラダのドレッシングはこの両方が出てきました!なので味が気になる方はそこでチェックしてみるのもいいかもしれません。

9.和牛?or黒豚?「ガンジスカレー」


一人暮らしとかされている方にはお菓子とかもらっても食べきれないことがありますよね。こういうレトルトも普段は食べなくてあると便利なときがあります。しかも宮崎和牛や宮崎黒豚が入ったガンジスカレーもあるので、お土産なら宮崎のお肉が入っていると喜ばれると思います♪

10.ご当地グルメ「肉巻きおにぎり」


隣に写っているチキン南蛮も宮崎で有名ですが、肉巻きおにぎりも有名です!おにぎりがお肉で巻かれているので男性は好きなのではないでしょうか。若い頃は飲んだ帰りに肉巻きおにぎりを買って帰っていましたが、同じような人が多かったです。

空港の肉巻きおにぎりを購入したことがありますが、電子レンジでチンするだけなので、一人暮らしの方にもおススメだし、家族の方にもお土産としておススメです。宮崎空港でお土産に迷った時、参考にしてみてくださいね♪

11.   一個から買えます「からいも団子」

http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1606762/blog/31545837/
「からいも団子」は、宮崎産さつま芋(唐芋)と餅をつき混ぜたお団子です。小麦粉・牛乳・卵は不使用なので、アレルギーが気になる人にもおすすめですよ。

もちろん、 保存料も一切使っていないので、小さなお子さんでも安心して食べることができます。さつま芋の優しい甘実を堪能できる素朴で、どこか懐かしい味わいのお菓子です。年代問わず幅広い世代の人に人気があります。

12.   さわやかで南国らしい「日向夏かるかん」

http://blog.livedoor.jp/yumenotabi-ideanote/archives/28970238.html
鹿児島で有名な「かるかん」ですが、生地に合わせる山芋は日南でも名産のひとつなのをご存知でしょうか?


地元産の山芋をたっぷりと使い、地元産「日向夏」を混ぜ合わせた生地を蒸して作ったのが、「日向夏かるかん」です。中には黒餡も入っていますよ。 日向夏の爽やかさが餡の甘さを引き締めていて、絶品だと評判のお菓子です。

13. 不動の人気「洋風チーズ饅頭」

http://miyazaki.fool.jp/blog/?p=9
不動の人気を誇っているのが、「洋風チーズ饅頭」です。植物性のチーズを宮崎産サツマイモの生地で包み込んだやさしい美味しさのお菓子です。

饅頭生地に練り込まれたさつま芋ペーストがしっとりとした食感になっていて、口の中にさつまいもののコクのある甘さが広がっていきます。また、小麦粉ベースのほんのり甘い饅頭皮は分厚く、とてもやわらかくなっています。

14.   県民お馴染みのジュース「愛のスコール」

http://blog.livedoor.jp/e_aji/archives/65686988.html
緑色のパッケージのジュースとして、全国的に知られているスコールは、宮崎県で昭和47年に生まれました。「のど越しのいい牛乳の入った飲み物は、牛乳嫌いな子どもたちにも飲んでもらえる」との強い思いから、新たな飲料の研究が始まったそうです。

今では、宮崎らしいマンゴー味のスコールも地元では販売されているので、お土産にぜひお持ち帰りください!

15.   おつまみにもなる「ゴボチ」

http://kyushu-umakamon.tv/?p=3759
「ゴボチ」は、国産ごぼうのスライスをそのまま素揚げにし、こだわりのだし醤油で風味豊かに仕上げたスナック菓子でうs。

国産ごぼうは、宮崎産を中心に九州ごぼうを使用。食物繊維が豊富なごぼうを素揚げし、特製の出し醤油でシンプルに味付け、軽い歯ごたえのチップスになっているので、おつまみにも最適ですよ。サクサクの食感で後引く美味しさです。

16.   とても珍しい「原木椎茸のピクルス」

http://visit.miyazaki.jp/?p=5640
「原木椎茸のピクルス」は、とっても珍しい原木椎茸を使ったピクルスです。肉厚のある原木椎茸のぷりぷり食感、そして噛むと口の中に広がる酸味が抜群に美味しい味わいです。

焼いたソーセージや鶏肉と、みじん切りにした原木椎茸のピクルスをパンにはさんでサンドイッチにしたりとアイデア次第で色んな料理のアクセントとなってくれます。もちろん、そのままでもいただくのもおすすめで、お酒のおつまみにぴったりです。

17.   好きなものを選んで買える「おび天」

http://www.miten.jp/miten/modules/addon_saruki/index.php/frame20150524.html
「おび天」とは、宮崎県日南市飫肥地区の郷土料理で、揚げかまぼこのようなものです。紅ショウガ、ゴボウなど、色々な種類が販売されているので、色んな味を楽しむことができます。

イワシ、アジ、シイラ、サバ、トビウオ、サワラなど日向灘の近海でとれる魚を丸ごとすり身にしたものに豆腐を混ぜ、味付けに味噌や醤油、黒砂糖を加えて揚げて作られているので、とっても深みのある味わで噛めば噛むほど味が出てきます。

18.   天皇陛下御献上銘菓「つきいれ餅」

http://nippon-meguri.seesaa.net/article/107492195.html
「つきいれ餅」は、日向神話の時代に神武天皇が東征のため、宮崎の宮を立ち美々津の浦にて船出の準備をしていたが、出発が早められ、これに慌てた村人が餅と小豆をつきまぜて献上したのが始まりと言われています。

現在では、もち米、砂糖などを使った生地に小豆が入ったものや、特産の日向甘夏風味のものもあります。一口大で食べやすいので、女性にも昔から人気があります。柔らかく上品な味と食感が楽しめるお菓子です。

19.   冷やして食べてね「マンゴー&チーズのプリン」

http://www.hatada.co.jp/products/kinnopuding.html
マンゴーとチーズという最強の美味しいコラボが実現しているお菓子が、「マンゴー&チーズのプリン」です。

宮崎県産マンゴーを使った、とってもジューシーなマンゴーゼリーと、しっとりとした食感のチーズプリンの二層となっています。冷やして食べると、暑い夏の日も、すっきりとし気分にさせてくれる美味しい味わいです。夏の暑い時期のお土産にピッタリですよ♪

20.   大人気の限定品「ぼうちーず」

http://www.jtb.co.jp/kokunai_guide/area/miyazaki/ebino_kobayashi/osusume/7403/
1日限定800本が毎日売り切れる大人気商品が、「ぼうちーず」です。サクサクサブレ生地でクリームチーズを包み、風味の高いアーモンドの粉で作った生地をしぼり30分かけてじっくり焼き上げた贅沢な美味しです。

一度食べたらやみつきになる人も多いそうで、チーズが苦手という人でも美味しく食べられる!と評判なんですよ。

21.   売れ筋!「地頭鶏ご飯だれ」

https://www.anafesta.com/products/75
宮崎空港の売れ筋商品として、とっても人気があるのが「地頭鶏ご飯だれ」です。これは、自宅用のお土産として購入していく人が多いそうですよ。

「地頭鶏ご飯だれ」は、細く刻まれた生姜・にんにく・葱・地頭鶏などがもろみ味噌とミックスされたご飯にぴったりの一品です。しかも栄養満点なので、家族皆で美味しくいただくことができます。お弁当のおかずとしても良いですよ。

22.   高級な大人菓子「キャビアンクッキー」

http://shop.miyazaki-airport.co.jp/products/detail.php?product_id=284
とにかく、とっても贅沢な気分を楽しめるお土産を探している!という人におすすめなのが、大人のためのお菓子の「キャビアンクッキー」です。

とっても高級なことで知られている宮崎キャビア1983のドライパウダーを生地に練りこんだ贅沢なソルトクッキーです。ワインと一緒にいただくと、ベストマッチすると評判です。コンクワートのパティシエ・日高一憲氏による監修の下、作られたお菓子です。

23.   空港オリジナル「Beppinセット」

http://shop.miyazaki-airport.co.jp/products/detail.php?product_id=5
宮崎空港オリジナル物としておすすめなのが、「Beppinセット」です。宮崎の太陽の光をいっぱい浴びて育った、宮崎市の奥松農園で栽培された完熟ミニトマト「太陽美人」を使った、宮崎空港オリジナル商品【ベッピン鍋】と【ベッピンカレー】のセットとなっています。

女性が喜ぶような名前になっているので、おしゃれな女性へのお土産として差し上げると喜ばれますよ。もちろん、どちらもトマトのフレッシュな味わいを堪能することができます。






宮崎空港で買えるお土産は魅力的なものがいっぱいですね!マンゴーや日向夏に金柑などフルーツを使用したお菓子やドレッシングはきっと女性やお子さんに喜ばれますし!甘いものがちょっと苦手という方には地鶏や牛肉など、持ち帰りやすい工夫がされていますので、焼酎など美味しいお酒と合わせてチョイスするのもおすすめです。

機内で自分用にごぼうチップや原木しいたけのピクルスもおつまみに最適ですので、是非試してみて下さい。また九州をはじめよく知られている清涼飲料水スコールの発祥エリアでもあり、ここでしか手に入らない限定品もありますので、訪れた際にはこの記事を参考にしてみてくださいね!
DMCA.com Protection Status