呉市のグルメのお店17選。海猿の舞台地に行ったら食べたい!

呉のグルメ、何を食べますか?まず、瀬戸内の海の幸はマストですが、ここでは、もっと気軽に食べられるおすすめの17選をご紹介したいと思います!呉は広島市の東隣に位置し、世界最大の軍艦・大和が建造され、東洋一の軍港と称された港を有します。海上保安庁で機動救難士・潜水士として働く通称「海猿」を主人公にした映画の舞台となったことで、全国的にも知名度がUPしたので、知っている方も多いのではないでしょうか。一年中穏やかな気候の過ごしやすい街で愛されている美食は、きっと県外の皆さんにも気に入っていただけるはず!奇抜な物はないけれど、ここでしか食べられない味を楽しめます☆

「呉冷麺」や「肉玉ライス」など、地元で長年親しまれる料理が盛り沢山!実はスイーツの名店が多いのも特徴で、「びっくり饅頭」、「フライケーキ」、「アイスもなか」は三大スイーツとして人気があります。

1.珍来軒の呉冷麺


http://blogs.yahoo.co.jp/hhayashi5527711/32898123.html

呉冷麺は、平打ちの麺にチャーシューやエビがトッピングされ、甘辛いタレが掛かったご当地冷麺です。
シンプルな見た目ですが、一度食べると病みつきになり、何度も通って食べたくなるほど中毒性のある味と言われています。

具はごくごくシンプルに、麺をたっぷりと入れて、その麺によく絡むスープを必要な分だけかけた「呉冷麺
」は、気取らない庶民的な食べ物で、都会で人気のラーメン店とは違った良さがあります。甘さと、ピリッ とした辛みが、口の中に広がります。

珍来軒は呉冷麺の発祥の店と言われています


甘辛いタレがかかっているので、麺や具とよく混ぜて食べるのが一般的ですが、食べ慣れた方はさらに鷹の爪を甘酢に浸け込んだ「酢辛し」を掛けて食べるそうです。

珍来軒は創業1955年。ワンタンメンが名物だったこのお店で、「呉冷麺」が考え出されたのは、1995年であったそうです。長く続いているお店の、研究や新商品の開発に挑戦する姿勢が、新たなヒットを産んだのですね。冬にも提供しているので、冬に冷たい麺を食べたい時にはぜひお試しを。

http://blog.livedoor.jp/odara_happylife/archives/51679991.html


基本情報

  • ・名称:珍来軒
  • ・住所:広島県呉市本通4丁目10-1 藤盛ビル1F
  • ・アクセス:「呉駅」から徒歩約15分
  • ・営業時間:11:30~18:00
  • ・定休日:火曜
  • ・電話番号:0823-22-3947
  • ・公式サイトURL:http://www.kure-reimen.com/index.html

2.福住のフライケーキ

http://blogs.yahoo.co.jp/hhayashi5527711/32900842.html

フライケーキとは、ふわっとした生地の中に甘さ控えめのこし餡が入っているもので、餡ドーナツの一種とされていますが、餡ドーナツのように生地表面に砂糖はまぶされておらず生地も少し固めなのが特徴。
今や呉市の名物として福住以外のお店も製造していますが、福住が元祖です。

地元ではかなり高い知名度を誇るそうで、数十個単位でまとめ買いしていく人もいるのだとか。福住以外の
お店のフライケーキには、中がつぶあんのものもあるのだそうで、元祖のフライケーキと食べ比べてみるの もおもしろそうです。

揚げたてを是非食べて下さい


冷めても美味しいですが、できるなら揚げたてを味わってほしい一品。
揚げたての生地はサクッとして軽く、同時に中のこし餡がトロッと沁みだしてきて別格の味わいです。

フライケーキの生地は、パンや菓子の修業を積んだ先代店主が苦心して作り上げたものだそうで、揚げたて
は生地のおいしさも格別です。さっくりとした歯ごたえ、軽めの食感、これに滑らかで程よい甘さのこし餡 が見事にマッチしています。

http://www.umaihiroshima.net/2015/01/02/fukusumi/

基本情報

  • ・名称:福住
  • ・住所:広島県呉市中通4-12-20
  • ・アクセス:「呉駅」から徒歩約15分
  • ・営業時間:10:00~19:00
  • ・定休日:火曜
  • ・電話番号:0823-25-4060

3.山乃家の細うどん

http://tabibitogenki.com/blog-entry-2981.html

呉市の名物グルメである「細うどん」、その呉市の中の老舗うどん屋が山乃家です。
うどんの中ではかなり細い麺ですが、決してふにゃふにゃと言うわけではなく、甘めの汁との相性がバッチリです。

麺が細くなったのは、忙しい海の人たちが素早く食べられるようにされたためだったのだとか。呉は昔から
港町として栄えていたので、「海の人」が陸に上がり、限られた時間でササッと、それでいておいしく食べ られるようにと、ゆで時間が短くおつゆがよくからむ細麺になったようです。

地元の人に長年愛されているお店


呉の細うどんは、全国的に知名度が高い名物グルメではないらしく、お店を訪れる殆どが地元の方のようです。
しかし、長く地元に根付いてきたお店の味は確かだと言いますので、是非一度は味わってみたい味です。

山乃家では、だしも秘伝のだしを使っています。その秘密の一つは、「直火ではなく湯煎」で作ることだと
言います。おだしを湯煎で作るとは、珍しいように思いますが、そうすることで、よりまろやかな出汁に仕 上がるそうです。

http://tabibitogenki.com/blog-entry-2981.html


基本情報

  • ・名称:山乃家
  • ・住所:広島県呉市中通3丁目7-10
  • ・アクセス:「呉駅」から徒歩約10分
  • ・営業時間:11:00~19:00
  • ・定休日:火曜
  • ・電話番号:0823-22-8176
  • ・公式サイトURL:http://yamanoya.co.jp/

4.メロンパンのメロンパン

http://biketown.seesaa.net/article/390491171.html


通常、メロンパンと言うとふわふわ生地の上にメロン味のクッキー生地がトッピングされた丸いパンを想像しますが、こちらのメロンパンは波型の模様が入ったラグビーボールのような形が特徴となっていて、中にカスタードクリームが入っています。

この「メロンパン」、外側はカリッともしておらず、中身がたっぷり入っているためか、手に持ってみると
ずっしりと重い。見た目だけでなくお味も、普通に想像するメロンパンとは全く別のパンなのです。ちなみ に、中のクリームはカスタードクリームとされていますが、食べた感じは白餡に近いそうです。

メロンパンが名物の呉市の人気パン屋の名前は、「メロンパン」


戦前からあるこちらのパン屋さんは、外観もリニューアルされ店名の「メロンパン」にふさわしい、緑色一色となっております。

店内には、メロンパン以外にもたくさんのパンやサンドウィッチがずらりと並んでいます。メロンパン以外
にも、「嵯峨の小倉餡」という餡パンもお勧めです。メロンパンも餡パンも、中身がギッシリ詰まって重く ボリュームがあり、一つでお腹いっぱいになりそうです。

http://daimo.jp/3356/


基本情報

  • ・名称:メロンパン
  • ・住所:広島県呉市本通7-14-1
  • ・アクセス:「呉駅」から約1.8km
  • ・営業時間:5:00~17:00(なくなり次第終了)
  • ・定休日:日曜
  • ・電話番号:0823-21-1373

5.天明堂の鳳梨饅頭

http://blog.livedoor.jp/yumeplaza/archives/51441570.html


パイナップルジャムを生地で包んだ中華風菓子。一口食べると、中の甘酸っぱいパイナップルの風味が広がり、生地がホロホロと口の中に溶け出してきます。

ちなみに、鳳梨饅頭は「おんらいまんとう」と読みます。「鳳梨(おんらい)」がパイナップルのことなの
だそうです。口に入れると、柔らかな外側の生地はほんのりと甘みがあり、中のパイナップルの餡は甘酸っ ぱさも感じられて、素朴なおいしさです。

一度食べると、催促してでもまた食べたくなる味


天明堂の鳳梨饅頭は、中通の本店と広島市の一部の店での取り扱いしかなく、ネット販売されていないため、広島県に行かなければ味わえない味となっています。
そのため、広島出身者が帰省のお土産で職場などに配ると、この味を知ってしまった人から次の帰省時のお土産も「天明堂の鳳梨饅頭にして」と催促されるくらい虜になる味なのだそうです。

お店では、大量に箱で買っていく人もいるそうで、人気ぶりが伺えます。有名なパイナップルの他、実はレ
モンもあります。パイナップルが何となく苦手という人は、レモンを試してみては。この「檸檬」の方、原 材料には冬瓜を使っているそうですが、普通に食べていると全く気付かないくらい見事にマッチしています 。

http://www.panoramio.com/photo/95154937

基本情報

  • ・名称:天明堂
  • ・住所:広島県呉市中通1丁目1-24
  • ・アクセス:「呉駅」から徒歩約6分
  • ・営業時間:9:00~18:30
  • ・定休日:日曜
  • ・電話番号:0823-25-2439




6.一村のラーメン


http://blog.livedoor.jp/shinta_/archives/3473979.html

ミシュランガイド広島2013で、ラーメン屋で呉市及び呉市近郊で唯一掲載されたお店です。
化学調味料不使用のスープと自家製麺を使用しており、体に優しい一杯となっています。

材料にこだわり抜いた自信の一杯を味わってみては


国産の鶏と、昆布やいりこ、かつおぶしなどから取った魚介のダブルスープが決め手。
他のラーメン屋のスープは飲み干せないけど、こちらのお店なら全部飲んでしまうというリピーターも多し。

http://blogs.yahoo.co.jp/miwamiiwa/35015464.html

基本情報

  • ・名称:一村
  • ・住所:広島県呉市安浦町中央5-3-14
  • ・アクセス:「安浦駅」から徒歩約4分
  • ・営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
  • ・定休日:水曜
  • ・電話番号:090-6832-3312
  • ・公式サイトURL:http://www2.hp-ez.com/hp/isson/page1

7.いせ屋の海軍さんの肉じゃが


http://minkara.carview.co.jp/userid/855268/blog/26387647/

少し強めの味つけが、ご飯やビールのお供に最適。
肉じゃがは家庭料理の定番ですが、その発祥が海軍だったとは少し驚きですよね。歴史を感じさせる呉市のグルメです。

名物は海軍さんの肉じゃがと海軍さんのカレー


呉市で3代続く老舗の洋食屋。
名物はどちらも海軍専属のコック直伝の味だそうで、今もなお昔の味を守っています。

http://blog.goo.ne.jp/simajin_2006/e/fcb6a70c50e9b91701df077b35e51a02

基本情報

  • ・名称:田舎洋食いせ屋
  • ・住所:広島県呉市中通4-12-16
  • ・アクセス:呉市営バス「本通3丁目」下車、徒歩約2分
  • ・営業時間:11:00~15:00、17:30~20:30
  • ・定休日:木曜
  • ・電話番号:0823-21-3817


8.びっくり堂のびっくり饅頭

甘味の名物が多い呉市で一二を争う人気の「びっくり饅頭」を販売する「びっくり堂」。今川焼きや回転焼きに近い「びっくり饅頭」は、赤あん、白あん、クリームの3種類が選べます。ふっくらと厚めのパンケーキのような生地が特徴で、焼きたての熱々を頂くことが出来ます。

60年以上も呉市の人々に愛されてきたお菓子で、呉市の三大スイーツの一つと言われています。観光に訪れたら一度は食べてみたい名物の一つですね。
■ 基本情報
  • ・名称: びっくり堂
  • ・住所: 広島県呉市中通3-5-5
  • ・アクセス: JR呉線呉駅から徒歩15分
  • ・営業時間: 10:00~19:00(売り切れ次第閉店)
  • ・定休日: 火曜(祝日の場合は翌日休)
  • ・電話番号: 0823-24-8611
  • ・料金: [昼]~¥999
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34012319/

9.ポパイの肉玉ライス

テレビなどでも紹介された呉市のB級グルメ「肉玉ライス」を提供する「ポパイ」。もともとは地元の学生などに人気のリーズナブルなローカルフードでしたが、今では呉市を代表する有名なグルメになっているようです。ワンコインでお腹いっぱいになれるご当地丼ぶりといったところでしょうか。

並、大、特大が選べる「肉玉ライス」は、白いご飯の上にふりかけ、目玉焼き、焼いた豚肉をのせてソースとマヨネーズをたっぷりかけた高カロリーな一品。呉市で長い間親しまれるB級グルメを一度試してみてはいかがでしょうか。
■ 基本情報
  • ・名称: ポパイ
  • ・住所: 広島県呉市広駅前1-8-22
  • ・アクセス: JR呉線 広駅から徒歩5分
  • ・営業時間: AM7:00~PM5:00
  • ・定休日: 土曜 日曜 祝日
  • ・電話番号: 0823-71-2905
  • ・料金: [昼]~¥999
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34007219/

10.森田食堂の中華そば

大正2年創業の老舗大衆食堂「森田食堂」は、長年呉市の庶民の味方として人気のお店です。緑のテント屋根に暖簾の入口で、店内はガラスの陳列ケースにラップのかかったお惣菜が多数並ぶ昔ながらの食堂です。お酒のあても充実しており、ちょい飲みにも最適なお店です。

自慢の「中華そば」は、一般的な中華そばより色の薄いスープが特徴。一見すると塩ラーメンと間違えてしまいそうな透き通った色で、どこか懐かしくて優しい味です。
■ 基本情報
  • ・名称: 森田食堂
  • ・住所: 広島県呉市中央1-9-3
  • ・アクセス: JR呉線 呉駅下車 徒歩1分
  • ・営業時間: 8:00-21:00
  • ・定休日: 日曜日
  • ・電話番号: 0823-23-6340
  • ・料金: [夜]¥1,000~¥1,999 [昼]~¥999
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34013150/

11.エーデルワイス洋菓子店 呉本通店のクリームパイ

こちら「エーデルワイス洋菓子店」は地元で長年親しまれる人気の洋菓子店。人気の「クリームパイ」を始めとする美味しい洋菓子を味わえます。2階はカフェスペースになっており、木の温もりのあるロッジ風の空間でゆっくりお茶をすることが出来ますよ。

自慢のクリームパイは、サクっとした厚めのタルト生地にたっぷりカスタードクリームと生クリームが2層に重なっています。シンプルで飽きの来ない絶品スイーツです。
■ 基本情報
  • ・名称: エーデルワイス洋菓子店 呉本通店
  • ・住所: 広島県呉市本通3-4-6
  • ・アクセス: JR呉線呉駅より徒歩17分
  • ・営業時間: 9:00~19:00
  • ・定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • ・電話番号: 0823-21-0637
  • ・料金: [夜]¥2,000~¥2,999 [昼]~¥999
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34001831/

12.海軍さんの麦酒

呉市の人気の地ビールが味わえる「海軍さんの麦酒舘」。テラス席もあるファミレス風の大きなレストランです。自慢の地ビールと豊富な種類の料理を味わうことが出来ます。こちらでいただける地ビール「海軍さんの麦酒」は賞味期限が60日と短いため、現地に行かないとなかなか手に入らない貴重な地ビールです。

ビールに合うおつまみ系が充実しており、しゃぶしゃぶの食べ放題などもあるのでガッツリ食事も可能です。川沿いのテラスで、風を感じながら美味しい地ビールと洒落こむのはいかがでしょうか。
  • ・名称: 海軍さんの麦酒舘
  • ・住所: 広島県呉市中通1-1-2 ビュー・ポートくれ 1F
  • ・アクセス: JR呉駅より徒歩5分
  • ・営業時間: [月~金] 17:00~23:00 [土] 11:30~23:00 [日・祝] 11:30~21:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0823-26-9191
  • ・料金: [夜]¥3,000~¥3,999 [昼]¥1,000~¥1,999
  • ・公式サイトURL: http://www.kurebeer.com/

13.巴屋本店のアイスもなか

呉市のレンガ通り商店街にあるこちらの「巴屋」は、名物「アイスもなか」が有名で駅の構内などにも店舗を構える老舗です。自慢の「アイスもなか」は「巴屋」の文字が入った丸いもなかに、アイスクリン風の粒子の細かいシャーベットが入っています。

抹茶、レモン、チョコなど味の種類が豊富で、冬でも買って食べる人がいるほど人気です。サクッとした皮とシャーベット状のアイスが意外とサッパリしているので、何個でも食べられてしまいます。
■ 基本情報
  • ・名称: 巴屋本店
  • ・住所: 広島県呉市中通4-8-19
  • ・アクセス: JR呉線呉駅から徒歩20分
  • ・営業時間: 8:00~18:00
  • ・定休日: 正月三が日以外、無休
  • ・電話番号: 0823-21-5551
  • ・公式サイトURL: http://www.tomoeya.info/

14.関白の豚耳のジンギスカン焼

ジンギスカンと言えばマトンやラムを使ったものが定番ですが、こちら「関白」の「ジンギスカン焼」は豚肉が中心。豚耳が定番ですが、豚足や豚ロースなど色々な部位を楽しむことが出来ます。呉市のご当地B級グルメと言えるオリジナリティのある焼肉ですね。

昭和35年創業のお店で、1階にカウンター席、2階に座敷がある少々年季の入った店内です。「ジンギスカン焼」以外には、お酒のあてにピッタリな「ホルモン煮込み」が人気ですよ。
■ 基本情報
  • ・名称: 関白
  • ・住所: 広島県呉市本通2-2-4
  • ・アクセス: 呉駅 徒歩10分
  • ・営業時間: [月~土] 11:30~14:00 17:00~22:00 [日・祝] 17:00~22:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 0823-24-0831
  • ・料金: [夜]¥1,000~¥1,999 [昼]~¥999
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34001638/

15.バターケーキ 合歓のバターケーキ

地元では知らない人はいない呉市に昔からあるスイーツ「バターケーキ」。こちらの「バターケーキ 合歓」は黄色いテント屋根が目印で、店内はとっても殺風景。なんと商品は「バターケーキ」のみという、「バターケーキ」一筋のお店です。

一見するとホール型のチーズケーキのような見た目で、口にいれるとしっかりしたスポンジ生地のケーキです。カステラのようなマドレーヌのような、独特の名物ケーキを一度お試しください。
■ 基本情報
  • ・名称: バターケーキ 合歓
  • ・住所: 広島県呉市広大新開1-1-14
  • ・アクセス: JR呉線「広」駅下車し徒歩で5分
  • ・営業時間: 8:30~19:00
  • ・定休日: 日曜日
  • ・電話番号: 0823-72-7313
  • ・料金: [夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34011912/

16.だし道楽のかすうどん

醤油屋さんの経営する人気のうどん屋「だし道楽」。アゴ(トビウオ)でとった自慢の出汁を使用したうどんが評判です。特に牛ホルモンを揚げた油かすの入ったかすうどんが人気。自慢の出汁に油かすのコクがプラスされた絶品です。

細麺と太麺が選べますが、呉市のスタンダードは細麺。のどごしが良くしっかりと出汁をキャッチしてくれます。そして驚く事に、店前には自慢の出汁の自動販売機があり、ペットボトルに入った出汁を購入することが出来ます。
■ 基本情報
  • ・名称: だし道楽
  • ・住所: 広島県呉市吉浦町池田6545-10
  • ・アクセス: かるが浜駅から徒歩約13分
  • ・営業時間: 10:30~14:30
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 0823-38-7800
  • ・料金: [昼]~¥999
  • ・公式サイトURL: http://dashidouraku.com/top

17.御菓子処 蜜屋の蜜饅頭

「フライケーキ」、「びっくり饅頭」に並んで呉市の有名な甘味「蜜饅頭」。天然のはちみつを使用した薄い生地に、ぎっしりと餡が詰まっています。はちみつの優しい甘みと餡の甘さのバランスが絶妙で、一つ完食するとつい次に手を伸ばしてしまいます。

小豆餡と白餡があり、どちらも素材の味を活かした自然な甘さが特徴。「蜜饅頭」に続いて人気がある「みつどら」は、はちみつ使用のフワフワ生地が特徴のどら焼き。どちらもオススメですよ。
■ 基本情報
  • ・名称: 御菓子処 蜜屋
  • ・住所: 広島県呉市中通3-5-10
  • ・アクセス: 呉駅から徒歩約11分
  • ・営業時間: 9:00~19:00
  • ・定休日: 火曜日
  • ・電話番号: 0823-21-3255
  • ・料金: [昼]~¥999
  • ・公式サイトURL: http://mitsuya-honpo.jp/
呉のグルメ、楽しんでいただけましたでしょうか。これほどまで名物と言われる食べ物が豊富な街も珍しいですね。きっと、こんなの見たことない!って驚くほどではないけれど、他の地域とはちょっと違って気になる物、たくさんあったんじゃないかと思います。そんな少しの違いでも、一度味わってしまうと、また食べたくなってしまうのが不思議なところ。

「呉冷麺」や「肉玉ライス」でお腹いっぱいになった後は、沢山ある名物スイーツを食べ歩きなんていかがでしょうか?お気に入りの呉名物を見つけてみて下さい。
DMCA.com Protection Status