広島に行ったら絶対食べたい!広島のおすすめ名物まとめ


それぞれの地にある名物は、その地の歴史や文化、自然の豊かさによって育まれてきます。広島にも全国的に有名なものから隠れた逸品まで、数々の名物があります。そんな広島の名物を地元目線でご紹介いたしますので、広島を訪れる際には是非参考にして頂ければと思います!

1.広島が本場の「牡蠣」


http://www.asakaze.gr.jp/staffblog/%E3%81%8B%E3%81%8D%E8%88%B9%E3%80%80%E3%81%8B…
広島と言えば「牡蠣」の本場です。特に広島沖にあるの大黒神島付近は海水がきれいで透明度も高く、その周辺の牡蠣いかだで育てられたものを使っています。

牡蠣の生産量全国一位である広島県。そんな広島に来たなら、やっぱり牡蠣は外せませんよね。広島の牡蠣の特徴は、殻の大きさは小さ目で、その割に身は大きくプリプリ。そして何と言ってもその濃厚な味わいが人気の理由です。”海のミルク”を、本場で是非召し上がってくださいね♪ 

かき船 かなわ

http://blogs.yahoo.co.jp/hiroyuki_guard_farm/9240521.html
「かき船 かなわ」はそんな牡蠣づくしの料理が楽しめるお店で、創業140年の歴史をもっています。元安川に浮かぶ船屋台での一時は至極のものとなるでしょう。特に広島観光で訪れる人にはおすすめのスポットです。ランチメニューでは「かき御膳」や「釜飯御膳」が人気です。

牡蠣を中心にした瀬戸内の海の幸を堪能出来ます。

船上でありながら、1階と2階で趣の違う空間が広がります。1階フロア「瀬戸」では、牡蠣の土手鍋やカキフライ、かき丼などをカジュアルに楽しめます。2階フロア「和久」では、個室空間で贅沢に、会席料理を味わえます。広島観光の際のお食事に是非ともおすすめします♡

基本情報

  • ・名称:かき船 かなわ
  • ・住所:広島市中区大手町3平和大橋東詰
  • ・アクセス:広電宇品線 中電前駅 徒歩3分
  • ・営業時間:月~土11:00~14:00(L.O.14:00)17:00~21:00(L.O.21:00)
  •       日・祝日ランチ 11:00~14:00(L.O.14:00)17:00~20:30(L.O.20:30)
  • ・定休日:年末年始
  • ・電話番号:082-241-7416
  • ・料金:3,000円(ランチ平均)
  • ・オススメの時期:年中
  • ・公式サイトURL:http://www.kanawa.co.jp/

かき名庵

http://kawaiiokusan.blog.fc2.com/blog-entry-149.html
和風オイスターバー。広島駅ビルASSE6階にあります。ゆったりとした時間が流れる大人の雰囲気の和空間が素敵。広島のかきはもちろん、選りすぐりの世界のかきと瀬戸内で獲れた新鮮な旬の魚介を、様々な調理スタイルで楽しめます。生かきに合う美味しいワインや地酒も揃っていますよ。

また、ランチタイムはかきフライ、かきの塩辛クリームスパゲッティ、ミルクたっぷりかきのリゾットなどお手頃価格でいただけるのも魅力。

先にご紹介した「かなわ」の姉妹店であるこちらの「かき名庵」。広島駅ビル内にありますので、広島観光の際もアクセスしやすいですね。こちらでおすすめなのが、コスパ抜群のランチ「オイスターランチ」。その名の通り牡蠣づくしのセットで、ランチタイムならではのお手頃価格(2,686円)で楽しめます♡

■ 基本情報

  • ・名称: かき名庵
  • ・住所: 広島県広島市南区松原町2-37 ひろしま駅ビル アッセ 6F
  • ・アクセス:広島駅から43m
  • ・営業時間: 11:00~22:00(L.O.21:30)
  • ・定休日: 不定休,(広島駅ビルASSEに準ずる)
  • ・電話番号: 082-263-7317
  • ・公式サイトURL: http://www.kanawa.co.jp/restaurant/meian/

2.瀬戸内の郷土料理「あなごめし」

http://paladinlord47.blog.fc2.com/blog-entry-406.html?sp
あなごめしは瀬戸内地方の郷土料理として昔から親しまれてきました。特に宮島あたりでは人気のお店がたくさんあります。

広島と言えば忘れてはならないのが名物の「あなごめし」。元々は、これからご紹介する「うえの」が宮島口駅で駅弁として販売したのが始まりと言われています。しっとりふんわりとしたあなごに、あなごのアラで炊きあげられたご飯。出来立てはもちろんですが、冷めても美味しいのが特徴です。

あなごめし うえの


http://nmitani001.com/2013/05/11/%E5%AE%AE%E5%B3%B6%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98%E…
中でも「あなごめし うえの」は創業明治三十四年。100年以上の歴史を重ねています。駅弁としても長年の人気で旅の思い出に楽しまれたり、お土産物としても喜ばれてきました。アナゴの蒲焼きに使うタレがご飯にしっかりなじみ、しっとりとしたおいしさは絶品です。宮島を訪れる人にはお奨めの一品です。

http://sasasegawa.blog57.fc2.com/blog-entry-2028.html
広島の観光案内本などでも、必ずと言っていいほど取り上げられている名店です。こちらのお店は宮島口(宮島に渡る前)にありますので、ご注意くださいね。店舗で出来立てを食べるのはもちろんですが、こちらであなごめし弁当を買って、宮島へ渡ってからお外で食べるのもおすすめです♪

基本情報

  • ・名称:あなごめし うえの
  • ・住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
  • ・アクセス:JR山陽本線「宮島口」駅より徒歩2分
  • ・営業時間:10:00 – 18:30
  • ・定休日:水曜日
  • ・電話番号:0829-56-0006
  • ・料金:1,000~3,000円
  • ・オススメの時期:年中
  • ・公式サイトURL:http://www.anagomeshi.com/index.htm

たこつぼ

http://cityspride.com/hiroshima/gourmet
1927年創業、瀬戸内の海の幸を存分に味わえる和食の名店。こちらの”ひつむし(ひつまぶし)”がとにかく人気。穴子か鰻か選ぶことができますが、せっかく広島でいただくのですから、もちろん”穴子”でキマリ。ふわっとやわらかな穴子の上には青ネギと海苔がたっぷりかけられていて、味をさらに引き立てます。

赤出し、煮物などの小鉢、香物付きで2700円です。

お昼には「ひつむし」の他、「天丼」、「うな重」、「うにめし」、「小いわし」などが楽しめます。「小いわし」は小鰯のお刺身または塩焼きの定食なのですが、お刺身は臭みが無く美味しいと評判です。小鉢で出される煮物も、上品な味付け。秋頃から始まるおでんも名物のお店です。

■ 基本情報

  • ・名称: たこつぼ
    ・住所: 広島県広島市中区堀川町4-18 
  • ・アクセス: 八丁堀駅から117m
  • ・営業時間: 12:00~14:00 17:00~22:00
  • ・定休日: 水曜日
  • ・電話番号: 082-247-0101 
  • ・公式サイトURL: http://takotubo.com/index2.html

3.ソウルフード「広島焼き」

お好み焼きと言えば関西風と広島焼きがその代表格でしょう。ここ広島ではもちろん広島焼きが主流となっています。

キャベツと麺がたっぷりと入った広島焼き。広島に来たら味わいたいグルメ上位に間違いなく入ることでしょう♡広島県内には、そんな広島焼きが味わえるお店が無数に存在します!どのお店にしようか迷ってしまいますね。今回はその中でも、おすすめのお店をご紹介しますよ♪

みっちゃん総本店

http://tokunomi.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

なかでもその草分け的なお店が「みっちゃん総本店」です。戦後の焼け野原の中に味の原点を見つけることが出来ます。店主の「井敏満夫(いせみつお)」さんは広島焼きの先駆者とも言える人で全国的にも知られている人です。生地と具材が層をなし、ふっくらと焼きあげられる広島焼きは地元のソウルフードでもありますが、訪れた人たちにも親しまれています。

広島県民のみならず、広島に訪れたことのある人も一度は耳にしたことがあるお店ではないでしょうか。こちらの「みっちゃん総本店」は、広島県内に6店舗を構える人気店です。八丁堀本店を始め、新幹線名店街店などもあります。広島に降り立ってすぐに、または帰る直前にも立ち寄れます!

基本情報

  • ・名称:みっちゃん総本店 八丁堀店
  • ・住所:広島市中区八丁堀6-7
  • ・アクセス:八丁堀電停下車、徒歩5分
  • ・営業時間:平日昼11:00~14:30(L.O.14:00)/夜17:30~21:30(L.O.21:00)
  •       土日祝昼11:00~15:00(L.O.14:30)/夜17:00~21:30(L.O.21:00)
  • ・定休日:水曜日
  • ・電話番号:082-221-5438
  • ・料金:~¥999
  • ・オススメの時期:年中
  • ・公式サイトURL:http://www.okonomi.co.jp/

八昌

http://nori18leo.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-9d3f.html
観光ガイドやグルメ雑誌等でも何度も紹介されている、言わずと知れた有名店。青いのれんの通称”青八昌”。(系列のまったく違う赤いのれんの八昌もある)場所は、広島の歓楽街のはずれにあります。おすすめの定番はキャベツと焼きそばがメインの”そば肉玉”。

カリカリに焼かれたそば、蒸されて甘いキャベツがたまりません。20分ほど焼き上がるまでに時間がかかるので、その間ビールやつまみで待つか、壁に飾られた、のれん分けされたお店をひとつひとつ眺めるかするとよいでしょう。牡蠣のバター焼きやすじポンもおすすめ。

地元民やタクシー運転手がおすすめする名店・八昌。広島焼きの中でも、生地・キャベツ・麺の一体感があるものが楽しめます。春・秋にはホタテ、冬季には牡蠣などの鉄板焼きも味わえ、チャンジャキムチなどの一品料理も。まずはお酒と共に鉄板焼きを、そして〆は広島焼きで、広島の夜を堪能しましょう♪

■ 基本情報

  • ・名称: 八昌
  • ・住所: 広島県広島市中区薬研掘10-6
  • ・アクセス:広島電鉄 銀山町電停から徒歩6分 胡町電停から徒歩7分
  • ・営業時間: 平日16:00~22:30   日祝16:00~21:00
  • ・定休日:月曜日 / 第1・3火曜日
  • ・電話番号: 082-248-1776
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34000100/(食べログ)

元祖へんくつや総本店

昭和22年屋台からスタートの老舗お好み焼店。基本のそば肉玉も美味しいですが、1番人気は「そばスペシャル」。肉玉、イカ、エビ、野菜などたっぷり具材に麺、特製の甘辛いソースでまとめた1枚。創業時から変わらない特製ソースと焼き加減で、みんなに愛されるお店です。夜遅くまで開いてるのも◎。

繁華街にある、深夜まで開いているお好み焼き店です。周辺のお店で飲んだ後、こちらで〆に広島焼きを食べに訪れる方も多いんですよ。「元祖へんくつや」は、こちら新天地の本店を始め、市内に11店舗を構えています。冬季には、広島名物・牡蠣も楽しめます!

■ 基本情報

  • ・名称: 元祖へんくつや本店
    ・住所: 広島市中区新天地2-12 西豊ビル1F
  • ・アクセス:広島電鉄 八丁堀電停下車 徒歩5分
  •       新宿ワシントンホテル南手ドンキホーテ向かい
  • ・営業時間: 11:00~翌2:30 
  • ・定休日: 不定休 
  • ・電話番号: 082-242-8918
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34000033/(食べログ)

あとむ

http://d.hatena.ne.jp/hide_chan84/20111130/1322603315
有名人の色紙もいっぱい!修学旅行や観光客に人気の広島名所”お好み村”の4階にあるお店。油を使わず、じっくりと焼くのが特徴。ニンニクやキムチの入ったあとむ焼きが中でもイチオシ。鉄腕アトムのように百万馬力で!?パワー全開になれそうな1枚ですね。1080円。

ちなみに広島出身ユニット”Perfume”行きつけのお店ということもあって、ファンの聖地となっているそうですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: お好み村 あとむ 
    ・住所: 広島県広島市中区新天地5-13 新天地プラザ 4Fお好み村内
  • ・アクセス: 八丁堀駅から250m
  • ・営業時間: 11:00-14:00 17:00-翌2:00
  • ・定休日: 無休 
  • ・電話番号: 082-240-1639 
  • ・公式サイトURL: http://www.okonomimura.jp/floor/4f-atom.html

4.広島でしか味わえない「小鰯」

http://hide-diary.at.webry.info/201306/article_9.html
広島の隠れた味覚の中に小魚料理があります。なかでも「小鰯」を使った刺身や揚げ物は広島でしか味わえません。小鰯の刺身は聞いただけでも敬遠されると思われますが、実はちょっとした料理法を加えれば実に見事な逸品となります。刺身だけでなく、南蛮漬けや天ぷらなどで頂くと今までもっていた小鰯のイメージが変わります。

駅ビルで広島の小鰯料理を!

http://s.webry.info/sp/hide-diary.at.webry.info/201306/article_9.html
「とくとく」は広島の駅ビルのなかにあり、立ち喰い形式のお店でいつも多くのお客様で賑わっています。開放感があり、リーズナブルなところが人気なのでしょう。
http://s.webry.info/sp/hide-diary.at.webry.info/201306/article_9.html

基本情報

  • ・名称:とくとく
  • ・住所:広島市南区松原町2-37 ひろしま駅ビル ASSE(アッセ) 2F
  • ・営業時間:10:00~23:00
  • ・定休日:無休
  • ・電話番号:082-506-2252
  • ・料金:~¥999
  • ・オススメの時期:年中

5.麺グルメ代表「つけ麺」

http://blogs.yahoo.co.jp/attolini2006/20216526.html
広島の麺グルメのなかに「つけ麺」があります。その特徴はキャベツ・きゅうり・ねぎ等の野菜がたっぷりと使われる事、そして付けだれには唐辛子が入りピリ辛味になると言う点でしょう。もちろんお店によってそれぞれの工夫がなされて独特の「つけ麺」となっています。

ばくだん屋本店

http://blog.livedoor.jp/hisnow-ramen/archives/41833370.html
「ばくだん屋本店」もその中の一つです。麺は中太のたまご麺。 半玉から替え玉が出来ます。タレの辛さには段階がありお好みで選べます。辛いのが苦手な人には甘いものも用意されています。

http://blog.livedoor.jp/kiyotoku_sauceco/tag/%E3%81%B0%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%82%9…

基本情報

  • ・名称:廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 八丁堀店
  • ・住所:広島市中区八丁堀13-17
  • ・アクセス:JR広島駅から広島電鉄紙屋町東経由広島港行きで19分。
  •       中電前電停下車、徒歩7分
          八丁堀駅から154m
  • ・営業時間:11:30~26:00
  • ・定休日:無休
  • ・電話番号:082-502-7779
  • ・料金:~¥999
  • ・オススメの時期:年中
  • ・公式サイトURL:http://www.bakudanya.net/

つけ麺本舗 辛部

http://blog.livedoor.jp/ann320/?p=4
つけ麺本舗 辛部 十日市店は情報誌・広島市Walker(No.61)で見事1位に輝いた人気つけ麺店。広島つけ麺は冷たい麺を唐辛子などが入った辛いタレに付けていただくスタイル。辛部のつけダレは醤油ベースだしとカツオベースだしを合わせ、数種類の香辛料を合わせているのが特徴。

麺の上にのるトッピングはキャベツ、ねぎ、チャーシューが基本ですが、辛部では、のりねぎつけ麺やのりかつおつけ麺などもあり、一風変わったトッピングも楽しめます。それにしてもどっさり盛られていますね。また、つけダレのピリ辛度合は30段階調整可能です。辛いのが苦手な方は0倍でご注文を。

■ 基本情報

  • ・名称: つけ麺本舗 辛部 十日市店
    ・住所: 広島県広島市中区十日市町1-4-29 1F 
  • ・アクセス:JR広島駅から広島電鉄広電宮島口行きで20分、十日市町または本川町電停下車す
  •       ぐ 
  • ・営業時間:11:30~15:00、18:00~24:00 
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 082-294-2225 
  • ・公式サイトURL: http://www.tsukemen.net/

6.広島銘酒を堪能「地酒」

http://blogs.yahoo.co.jp/yamatoya2006/55614495.html
広島は豊かな名水と気候風土に恵まれ、酒の都としても有名です。県北の三次や世羅ではワインづくりも盛んにおこなわれています。

かど乃おすぎ

http://blog.livedoor.jp/quality_3355/archives/51972397.html
そんな広島のお酒を味わえるのが「かど乃おすぎ」です。牡蠣や小鰯、アナゴなど瀬戸内の海の幸や広島菜など地元の食材を使った料理と出会えます。そんな広島料理とともに盃を傾けてはいかがでしょうか。きっと広島の新たな発見につながるでしょう。

http://blog.livedoor.jp/quality_3355/archives/52102043.html

基本情報

  • ・名称:かど乃 おすぎ
  • ・住所:広島市中区薬研堀7-10 石本ビル1F
  • ・アクセス:広電本線 胡町駅 徒歩5分
  •       広電本線 銀山町駅 徒歩5分
  •       広電本線 八丁堀駅 徒歩7分
  • ・営業時間:火~木・日17:30~24:00(L.O.23:30)
  •       金・土17:30~翌2:30(L.O.2:00)
  •       ※月曜日は6名様以上のご予約があれば営業します。
  • ・定休日:月曜日
  • ・電話番号:050-5799-3994
  • ・料金:4000円
  • ・オススメの時期:年中
  • ・公式サイトURL:http://kadono.jugem.jp/

7.広島での朝食は広島本店の「本格ベーカリー」

ホテルの朝食もいいですが、石釜で焼いたパンが美味しいあの広島本店をおすすめします!

広島アンデルセン

石窯食パンなどのオリジナルのパンから、ヨーロッパの伝統的な食事パン、デンマークならではのデニッシュペストリーまで、120種類以上の本格パンがずらりと並ぶ”広島アンデルセン”。早朝7時から営業しているカフェスペースで、焼きたてのパンを中心に4種類のワンプレートのセットから選べます。

料金は1000円前後。ホテルの朝食バイキングもいいですが、付けるのやめちゃおっかなぁって思いませんか?2階のアンデルセンキッチンのランチもおすすめですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 広島アンデルセン 
  • ・住所: 広島県広島市中区本通7-1 
  • ・アクセス:広島電鉄 宇品行き乗車「本通」下車徒歩3分
  •                   広電バス 広島西飛行場行き乗車「本通」下車徒歩3分
  • ・営業時間:10:00~20:00  朝食用のパンとカフェは7:30~     
  • ・定休日: 第3水曜日不定休
  • ・電話番号: 082-247-2403
  • ・公式サイトURL:http://www.andersen.co.jp/hiroshima/

8.宮島の新名物「ぺったらぽったら」

http://pettarapottara.com/pettara/
ぱったらぽったら。なんだか聞き慣れないが、これが宮島の新名物として話題のようです。店先で焼いている香りに誘われ、もう寄らずにはいられなくなります!!

和奏 ぺったらぽったら本舗

http://blog.goo.ne.jp/evo0126/e/8574e9aaaaf57e203fc48703cc760fad
宮島の新名物として話題の”ぺったらぽったら”とは七輪の炭で焼かれたもち米おにぎり。広島名物の”かき”を乗せたものと、”あなご”を入れたもの2種類あります。見た目もですが、醤油ベースの秘伝のタレと独特の食感が食欲をそそります。

飲食スペースとして店先にベンチがありますが、食べ歩きにもちょうどいいですね。

■ 基本情報

  • ・名称: 和奏 ぺったらぽったら本舗
    ・住所: 広島県廿日市市宮島町北之浜1183-2 
  • ・アクセス: 広電宮島口駅から2,091m、宮島フェリーターミナルより徒歩5分
  • ・営業時間: 10:00~17:30
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号:0829-44-2075 
  • ・公式サイトURL: http://pettarapottara.com/

いかがでしたでしょうか?このように広島ならではの名物が数々あります。全国的にはまだあまり知られていない自慢の逸品もまだまだたくさんあります。広島に来られた際は、新しい出会いが待っているのではないでしょうか。お楽しみに! 
DMCA.com Protection Status