福岡ツウおすすめ観光スポット15選。ここに行けば旅行も大満足!


福岡の観光スポット、皆さんはいくつご存知でしょうか?九州の玄関先ともいえるこの地には、旅行雑誌やインターネットの人気ランキングには載っていない隠れたおすすめがたくさんあるんですよ♪

そこで今回は、せっかく足を運んだのなら是非訪れていただきたい、穴場なイチオシの場所を選びに選んで15個ご紹介いたします!モデルコースとしてもご利用いただけると思いますので、最後までご覧になってくださいね。有名どころだけでは味わえない魅力をご満喫ください!

■目次
1.レトロな港町・門司港
 -観光名所、旧大阪商船・旧門司税関
 -名物「焼きカレー」の名店紹介
 -バナナの叩き売りの発祥地
2.歴史と文化の町・太宰府
 -重要文化財、太宰府天満宮
 -太宰府天満宮の名物、梅ヶ枝餅・スターバックス
 -九州国立博物館
3.水郷の町・柳川
 -「どんこ舟」に乗って柳川川下り
 -柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」の名店紹介
4.人気急上昇!話題の観光地・糸島
 -白糸の滝
 -日本の渚・夕陽百選、サンセットロード
 -天然記念物、芥屋の大門
5.都会の喧騒を忘れられる場所・能古島
 -のこのしまアイランドパーク
 -景勝スポット、能古島展望台
 -博多湾を眺めながら能古島を知る、能古博物館
6.   車で行けるリゾート・志賀島
  -海の中道海浜公園
 -マリンワールド海の中道
7.   西日本一の繁華街・中洲
  -超人気屋台ラーメン「一竜」
  -洋食のコック営む屋台「山幸」
8.   いつも賑わいのある街・ホークスタウン
 -ヤフオクドーム
 -HKT48劇場もある、ホークスタウンモール
9.   大人の社会見学・キリンビール福岡工場
  -試飲も楽しめる「工場見学ツアー」
 -キリン花畑
10. 心震える美しい星空が望める・星野村
  -星の文化館
11. 天神地下街
  -人気ナンバー1は意外なメニュー「おそばのみせ  飛うめ」
 -旅の疲れはここで癒して「コンソラーレ」
12. 近未来から絶景まで・早良区
  -ロボスクエア
   -絶景スポットです。曲渕水源地
13. 国民的漫画の主人公に会える・サザエさん通り
  -サザエさん通り案内看板
 -サザエさんはここで生まれました、シーサイドももち(旧:百道の海岸)
 -四コママンガもある、磯野広場
14. 福岡グルメの定番・ラーメンの名店
  -超名店、元祖 長浜屋
 -巨匠のラーメンを堪能、秀ちゃんラーメン
15. 良縁成就なら・恋木神社
   -良縁成就祈願
 -ハートが並ぶ珍しい、恋参道
 -素敵な人と結ばれることを願って、良縁成就祭



1.レトロな港町・門司港

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%80%E5%8F%B8%E6%B8%AF_(%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E5…
明治22年(1889年)の開港以来、国際貿易港として栄えた門司港には明治から大正にかけて造られた建物が今でも残っています。港の美貌と称された旧大阪商船をはじめとする、美しい洋館が異国情緒あふれる雰囲気を作り出しています。

旧財閥の繁栄を感じさせる建物の数々が、美しい街並みに調和し、タイムスリップしたような気分に浸れます。国土交通省の都市景観100選に選ばれる美しさです。対岸の下関市に巌流島があり周遊しやすいことから、多くの観光客で賑わう人気スポットです。
 

旧大阪商船

【旧大阪商船:外観】

http://www.gururich-kitaq.com/download/moji/
木造2階建ての旧大阪商船は、「八角形の塔屋」がとても美しいデザインで特徴的です。オレンジ色のタイルと白い石のような帯が調和したデザインも、一際目をひく外観となっています。 

大坂商船の門司支店として建設され、三井船舶との合併後は商船三井ビルと呼ばれていました。当時門司港からはインド、中国、ヨーロッパへ60隻もの船が1か月の間に出航する賑わいでした。当時一階は待合室、二階は事務所として使われ、長旅へと旅立つ人たちの活気に満ちていたそうです。

 

【1階:海峡ロマンホール】

http://retro.lalapa.net/cat5/

【2階:わたせせいぞうと海のギャラリー】

http://tokutoku-coupon.jp/kyushu/3131/

■ 基本情報

  • ・名称: 北九州市旧大阪商船
  • ・住所: 福岡県北九州市門司区港町7-18
  • ・アクセス: JR門司港駅から徒歩2分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 年2回展示替え時
  • ・電話番号: 093-321-4151
  • ・料金:  大人:100円 わたせせいぞうギャラリーのみ
         中学生:50円 わたせせいぞうギャラリーのみ
  •      小学生:50円 わたせせいぞうギャラリーのみ
  • ・公式サイトURL: http://www.mojiko.info/3kanko/spot_osaka.html

旧門司税関

海に面して佇む姿にため息が出ます。二階は関門海峡と門司港を一望できる展望台となっているので、是非登ってみましょう。明治45年にレンガ造の建物として建造されましたが、昭和20年、空襲で屋根を失っています。平成6年、北九州市が赤レンガを特注して復元されました。
 

【旧門司税関:外観】

http://www.gururich-kitaq.com/download/moji/


【1階:エントランスホール】
http://mochitake7.exblog.jp/14885800/

【喫茶店「レトロカフェ」】

http://retro.lalapa.net/cat5/

■ 基本情報

  • ・名称: 旧門司税関
  • ・住所: 福岡県北九州市門司区東港町1-24
  • ・アクセス: JR鹿児島本線門司港駅から徒歩5分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 093-321-6111
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.mojiko.info/3kanko/spot_zeikan.html


門司港グルメ

門司港は国際貿易港として栄えたため、様々な食文化からの影響を受けています。その中でも、焼きカレーは独自の発展を遂げ、今では門司港に30店舗以上のお店が立ち並んでいます。

昔ながらのたたずまいを見せるカフェ・洋食屋・イタリアン・中華が立ち並び、異国情緒を醸し出しています。日本の食文化も負けていません。寿司屋、割烹などが丁寧なおもてなしで旅行客を楽しませます。町おこしの一環として連携した活動を行っていますので、定期的に行われるフェアは要チェックです。

 

■BEAR FRUITS

【外観】
http://retro.lalapa.net/2010/06/post-161.html

【スーパー焼きカレー】
http://www.lv32.com/jp-mojiyak.html
行列が出来る焼きカレー。
上戸彩さんに人生最後の日に食べたいものとして紹介された事でも有名のスーパー焼きカレーは絶品です。

■ 基本情報

  • ・名称: ベアーフルーツ (BEAR FRUITS)
  • ・住所: 福岡県北九州市門司区西海岸1-4-7 門司港センタービル 1F
  • ・アクセス: JR鹿児島本線 門司港 徒歩1分
  • ・営業時間: 11:00~ 23:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 093-321-3729
  • ・料金: ¥1,999未満
  • ・公式サイトURL: http://bearfruits.jp/

■展望レストラン 陽のあたる場所

http://click-alps2.blog.so-net.ne.jp/2011-04-21
門司港のロケーションが自慢です。


【焼きカレー】
http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-6bd1.html
10年以上煮込んだソースでつくる焼きカレードリアは、門司港名物第2回焼きカレーフェアでグランプリを獲得しています。

■ 基本情報

  • ・名称: 展望レストラン 陽のあたる場所 (ヒノアタルバショ)
  • ・住所: 福岡県北九州市門司区西海岸1-4-3 日産船舶ビル 7F
  • ・アクセス: JR門司港駅より徒歩1分
  • ・営業時間: 11:00~23:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 093-321-6363
  • ・料金: ¥1,999未満
  • ・公式サイトURL: http://hinoatarubasho.com/

■焼きカレーマップ

http://www.mojiko.info/news/topics0209.html
門司港レトロ会が発行しているリーフレットで、30軒ほどの焼きカレー専門店が掲載されています。

■ 基本情報

  • ・名称: 門司港レトロ会
  • ・住所: 福岡県北九州市門司区東港町6-27
  • ・電話番号: 093-321-4151
  • ・公式サイトURL: http://www.mojiko.info/img/news/pdf/topics0209.pdf

■バナナの叩き売り

門司港はバナナの叩き売りの発祥地です。台湾から大量に荷揚げされていたバナナの中でも熟れ過ぎたものを早急にさばくために始まったといわれています。

【叩き売りの様子】
http://www.kigyosai.jp/2012/archives/805
物流の発達によりバナナが安価になり、バナナ自体が珍重されなくなってきた為、バナナの叩き売りは廃れていきました。現在では大道芸として、お祭りのイベントの一つとして行われることがあります。

2.歴史と文化の町・太宰府


年間約700万人が訪れる太宰府天満宮や、2005年に開館された九州国立博物館など、歴史や文化を
体感出来る人気スポットです。一年を通して賑わっており、地元客も多く訪れます。 

福岡天神から西鉄電車に乗って約30分。郊外感ある大宰府ですが、意外に交通は便利です。そして、大宰府の規模は大きな街です。天満宮は迫力満点、美術館はとても新しくて綺麗です。どの施設も隣接しているので、ゆっくり歩いて一日で楽しめちゃいますよ。合格祈願、歴史、梅ヶ枝餅。味わってください。

太宰府天満宮

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E5%BA%9C%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%A…
九州で最も初詣の参拝客が多いことで知られています。学問の神様「菅原道真公」を祀っており、1100年以上の歴史を誇り、受験合格や学業成就などを祈願する参拝者で、毎年多くの受験生が訪れます。

梅がいたるところに植えてあり、季節になると実がたわわに実ります。池の鯉はどれも立派に太っていて、豊かな土地柄が伺えます。格祈願に来る学生服は、団体も目立ちますが、実は地元学生も2-3人で普通に学校帰りに立ち寄ります。土着した良さが感じられるのが、大宰府なのです。会話も楽しみましょう。

  

【本殿】

http://skysoft.jpn.com/gallery/kyusyuu/kyusyuu030-1.html
延喜19年(919年)に造営。現在の建物は天正19年(1591年)に再建されたものです。国の重要文化財に指定されています。


【太鼓橋】

http://maxcarter.seesaa.net/article/129071190.html
カップルで渡ると別れるという都市伝説で知られる太鼓橋。2つの太鼓橋は急勾配で、「人生山あり谷あり」を実感させます。

【梅ヶ枝餅】

http://blogs.yahoo.co.jp/tic1221tac/GALLERY/show_image.html?id=38524330&no=0
太宰府名物の梅にちなんだ焼き餅「梅ヶ枝餅」。 西鉄太宰府線の太宰府駅から太宰府天満宮に至る参道には数多くのお店が建ち並んでいます。

http://item.rakuten.co.jp/ippin-club/ab-0073/

【スターバックス 太宰府天満宮表参道店】

http://blogs.yahoo.co.jp/tic1221tac/GALLERY/show_image.html?id=38524330&no=1
参道の中に突如表れる一見スターバックスとはわからない外観の建物。建築家 隈研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに設計されました。

http://blogs.yahoo.co.jp/tic1221tac/GALLERY/show_image.html?id=38524330&no=7
今では太宰府の観光スポットとしても有名な『グッドデザイン賞』を受賞した建築作品です。

■ 基本情報

  • ・名称:太宰府天満宮 (ダザイフテンマングウ)
  • ・住所: 福岡県太宰府市宰府4-7-1
  • ・アクセス: 西鉄太宰府線 太宰府駅 徒歩5分
  • ・電話番号: 092-922-8225
  • ・料金: 大人300円(宝物殿)・200円(菅公歴史館)
  • ・公式サイトURL: http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

九州国立博物館

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8D%9A%E7%8…
東京・京都・奈良に続く、全国で4番目の国立博物館。コンセプトは「日本文化の成り立ちをアジア史的観点から捉える」こと。実際に民族衣装や楽器などを体験できるため、歴史を五感で学ぶことができます。

太宰府駅を降りると案内の矢印が出ていますので、迷うことはありません。ちょっと坂を登ったところにありますので、スロープを使うと体力を消耗することなく到着できます。とにかく、新しくて綺麗です。常設展示、イベントともに充実の展示です。お土産コーナーも充実していますよ。

 

【外観】

常設展示では、通常の博物館のような順路を設けていないのも特徴的。何にも縛られることなく、思い思いの博物館散策が楽しめる。

【1階:あじっぱ】
無料で入れる体験型施設「あじっぱ」。アジアの民族衣装や伝統楽器などを実際に手に取り、体験することができる。

【文化交流展示室】
日本やアジアの文化財を随時入れ替えながら展示を行っています。

■ 基本情報

  • ・名称: 九州国立博物館 (キュウシュウコクリツハクブツカン)
  • ・住所: 福岡県太宰府市石坂4-7-2
  • ・アクセス: 西鉄太宰府線 太宰府駅 徒歩10分
  • ・営業時間: 9:30~17:00 入館は16時30分まで。
  • ・定休日: 月 月曜日が祝・振替休日場合は翌日
  • ・電話番号: 092-918-2807
  • ・料金:大人:420円 文化交流展のみ。特別展は別途料金設定有り。
  •    大学生:130円 文化交流展のみ。特別展は別途料金設定有り。
  • ・公式サイトURL: http://www.kyuhaku.jp/

3.水郷の町・柳川

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%B7%9D%E5%B8%82#/media/File:Yanagawa-k…
網目場の水路が独自の景観を見せる水郷の町、柳川。
情緒あふれる町を舟でめぐることもできます。北原白秋の生誕地としても知られる城下町です。

柳川と聞いて、福岡住民がビビッと来るのが、柳川高校。スポーツの超名門です。テニスの松岡修造さんの出身校で有名ですね。インターハイでは無限の連勝記録を打ち立てました。野球でも甲子園の伝統校です。この情緒あふれる街の誇りを、散策の所々に探してみては如何でしょうか。

柳川川下り

http://www.jalan.net/kankou/spt_40207ee4610069024/photo/?screenId=OUW3701
昭和36年(1961年)に創業した柳川川下りです。名物「どんこ舟」に乗り、ゆっくりとお堀巡りをしながら堀沿いの四季の花や歴史的建物を満喫できます。

船に乗って、是非被って欲しいのが笠です。手編みの逸品。船上でも500-1000円で買える筈です。是非頭に被って川下りを楽しみ、土産に持ち帰りましょう。最高の思い出になりますよ。船頭さんはとても話上手。時を忘れる、あっという間のツアーです。

■ 基本情報

  • ・名称: 柳川川下り (ヤナガワカワクダリ)
  • ・住所: 福岡県柳川市
  • ・アクセス: 西鉄柳川駅より徒歩約5分。
  • ・営業時間: 9:00〜17:00※6月〜10月は9:00〜17:30
  • ・定休日: 2月中旬の10日間は水落としの為、コース変更
  • ・電話番号: 0944-73-2145
  • ・料金: 大人:1500円 子供:800円
  • ・所要時間: 70分
  • ・公式サイトURL: http://www.yanagawakk.co.jp/

柳川名物 うなぎ

柳川の名物として親しまれている「うなぎのせいろ蒸し」。 10数軒の店が各店秘伝の焼き方や蒸し方、味付けで腕を競っています。

柳川のグルメといえば、うなぎ。国産うなぎの最高級品といっていいでしょう。結構メニューにバリエーションがあるんですよ。ウマキ、ウザク・・・キュウリや卵を添えた小鉢を頂き、最後にメインが出てきます。一度味わったら、当分の間忘れられません。ウナギ料理の奥の深さが、柳川にあるのです。是非。


【本吉屋】

http://blog.livedoor.jp/xj400zs/tag/%E6%9F%B3%E5%B7%9D
天和元年“うなぎのせいろ蒸し”を世に出して以来今日まで約三百年間、初代秘伝のタレと料理技術を忠実に継承しています。
http://blog.goo.ne.jp/jiro_satoda/e/fdd06f04c2f1aa59a0090bf056926ea2

■ 基本情報

  • ・名称: 元祖本吉屋 (がんそもとよしや)
  • ・住所: 福岡県柳川市旭町69
  • ・アクセス:西鉄天神大牟田線「西鉄柳川」駅より徒歩12分
  • ・営業時間: 10:30~21:00
  • ・定休日: 第2第4月曜日
  • ・電話番号: 0944-72-6155
  • ・料金: ¥3,000~¥3,999
  • ・公式サイトURL: http://www.yanagawa-cci.or.jp/kigyo/kigy0361.html

【若屋松】

http://blogs.yahoo.co.jp/kitchen_children/45021748.html
安政年間創業となるお店です。 自慢の蒲焼きは、炭火で香ばしくふっくらとなり、代々続く秘伝のたれで仕上げています。

■ 基本情報

  • ・名称: 若松屋 (わかまつや)
  • ・住所: 福岡県柳川市大字沖端町26
  • ・アクセス: 西鉄バス「御花」バス停から徒歩5分
  • ・営業時間: 11:00~19:30 ※売り切れ次第閉店
  • ・定休日: 水曜日(祝日の場合は前日もしくは翌日)
  • ・電話番号: 0944-72-3163
  • ・料金: ¥2,000~¥2,999
  • ・公式サイトURL: http://ww22.tiki.ne.jp/~wakamatuya/

4.人気急上昇!話題の観光地・糸島

福岡市から海辺のドライブコースやサンセットスポットとして人気の地です。 海と山に囲まれた自然豊かな場所で、知る人ぞ知る観光スポットです。

白糸の滝

落差24m、幅14m。 滝の周囲には、樹齢300年以上といわれる万龍楓(ばんりゅうかえで)をはじめ、青々とした新緑にあふれています。

流しそうめんも出来ます。

http://iriek.yoka-yoka.jp/e735099.html
やまめ釣りや竹を使ったそうめん流しも楽しむことができ、 家族連れからカップルまで人気のスポット。

■ 基本情報

  • ・名称: 白糸の滝 (シライトノタキ)
  • ・住所: 福岡県糸島市白糸460-1
  • ・アクセス:日なた峠(県道)から八反田交差点を長野峠線へ曲がり車で約15分
  • ・電話番号: 092-323-2114

サンセットロード

【サンセットロードマップ】

http://sunset.waveact.com/

「日本の渚、夕陽百選」、「日本の夕陽百選」にも選ばれたサンセットロードです。
http://www.xdesign.co.jp/blog/item_284.html
全長は約33kmもあり、一年を通して夕日が沈む光景を眺めることができる。
朝日の伊勢二見ヶ浦に対して、夕日の筑前二見ヶ浦として知られています。


【二見ヶ浦からの夕陽】

http://earls1.exblog.jp/8773669

【夏の祭典“Sunset Live”】

http://nogita-current.blogspot.jp/2013/09/sunset-live-2013-love.html
毎年、9月第1週の週末に行われる夏の祭典“Sunset Live”が全国的に有名です。

■ 基本情報

  • ・名称: サンセットロード
  • ・住所: 福岡県糸島市志摩
  • ・アクセス: 西九州自動車道 今宿ICより約30分 
  •                   今宿ICから国道202号を経由し、県道54号を西浦方面へ
  • ・電話番号: 092-332-2079 

芥屋の大門

http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukuokadeasobitai/keyanoooto.html
玄界灘の荒波によって形成された奥行き90m、高さ60mの巨大な洞窟です。国の天然記念物に指定され、糸島を代表する観光地の一つです。芥屋の漁港からは神秘的な洞窟内を見学出来る遊覧船(4月~11月)が運行されています。

【海水浴場】

近くの芥屋海水浴場は透明度が高く、遠浅であるため、家族連れに人気の海水浴場で「日本の快水浴場100選」に選定されています。

■ 基本情報

  • ・名称: 芥屋の大門 (ケヤノオオト)
  • ・住所: 福岡県糸島市志摩芥屋
  • ・アクセス: JR筑前前原駅から芥屋行きバス30分終点
  • ・電話番号: 092-322-2098

5.都会の喧騒を忘れられる場所・能古島

福岡市の姪浜渡船場からフェリーに乗り、約10分で辿りつく福岡市民の憩いの島である能古島です。片道たったの230円、わずか10分で都会の喧騒を忘れられるとあって、多くの福岡市民に親しまれています。

【のこのしまアイランドパーク】

博多湾に浮かぶ能古島の北端に広がる自然公園。桜、菜の花、コスモスなど、一年を通じて季節の花々が咲き誇ります。昔の博多の町並を再現した「思ひ出通り」などもあります。

【能古島展望台】

http://blog.goo.ne.jp/hikochu38sotu/e/6fd296ff8d5c8ffeb3c66a99b30978e7
標高195mの島の頂上にある、360度のパノラマが望める展望台です。福岡ドームや福岡タワーなど、福岡市内を一望できる景勝スポットです。


【能古博物館】

http://mapio.net/o/4332490/
博多湾の眺望と広い庭園の散策は日常の喧騒を忘れさせてくれます。島ならではの自然や能古島の歴史、能古出身画家の絵画まで、能古島に関するものを展示しています。

■ 基本情報

  • ・名称: 能古島 (ノコノシマ)
  • ・住所: 福岡県福岡市西区能古
  • ・アクセス:西区姪浜能古渡船場よりフェリー(市営渡船)で約10分
  • ・電話番号: 092-881-2494
  • ・公式サイトURL: http://nokonoshima.com/


6.車で行けるリゾート・志賀島

休暇村志賀島は、海の中道と陸続きのため車や電車で行くことも出来るアクセスの良い島で、かつて金印(国宝)が発掘されたことでよく知られています。

海の中道海浜公園

総面積540万平方メートルの広大な国営公園です。美しい花々が咲き乱れ、動物の森では約50種類500点の動物たちを見ることができます。大型遊具も設置されており、1日では遊びつくせないくらいのスケールです。

■ 基本情報

  • ・名称: 海の中道海浜公園
  • ・住所: 〒811-0321 福岡市東区大字西戸崎18-25
  • ・営業時間: 3月1日~10月31日9時30分~17時30分/11月1日~2月末日9時30分~17時00分
  • ・定休日: 12月31日・1月1日・2月の第1月曜日とその翌日
  • ・電話番号: 092-603-1111
  • ・料金: 大人410円
  • ・公式サイトURL: http://www.uminaka.go.jp/index.html

マリンワールド海の中道

「マリンワールド海の中道」は450種3万点の海の生き物が暮らしている水族館です。いるか・あしかのショーや、イワシたちが渦を巻くようにダイバーを取り囲む餌付けショーなど、見ごたえのあるショーがいっぱい。アザラシの餌やりや、バックヤード見学など体験メニューも充実しているので、素敵な思い出作りにどうぞ。

■ 基本情報

  • ・名称: マリンワールド海の中道
  • ・住所: 都市高速1号線「香椎浜ランプ」で降り、2つ目の信号の片男佐橋交差点を左折、アイランドシティを通り雁の巣交差点を直進、海の中道海浜公園へ
  • ・営業時間:コチラを参照ください
  • ・電話番号: 092-603-0400
  • ・料金: 大人2160円
  • ・公式サイトURL: http://www.marine-world.co.jp/index.html


7.西日本一の繁華街・中洲

3000件以上の店が軒を連ねる、眠らない街「中州」。ラーメンをはじめとした飲食物を提供する屋台がずらりと並んでいることでもよく知られています。

一竜

行列ができることも多い、超人気屋台ラーメン店「一竜」。臭みが無く豚骨スープが苦手な人でも食べやすいと評判です。安くて旨い店としても親しまれており、ラーメンは1杯700円です。ラーメンだけでなく、やきとりや、おでんも大人気です。

■ 基本情報

  • ・名称: 一竜
  • ・住所: 〒810-0002 福岡県福岡市 中央区西中洲1−14
  • ・営業時間: 11:00~翌5:00(ラストオーダー5:00)
  • ・電話番号: 092-724-6668
  • ・料金: ラーメン700円
  • ・公式サイトURL: http://www.ramen-ichiryu.com/


山幸

洋食のコックだったマスターが営業するこちらの屋台には、豚骨ラーメンだけでなく、串焼きの盛り合わせ、鶏皮ぎょうざ、茄子の明太チーズなど様々なお料理が並んでいます。活気があり屋台らしさが感じられるので、屋台ビギナーにもおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: 山幸
  • ・住所: 福岡県福岡市中央区春吉3
  • ・アクセス: 中洲川端駅から446m
  • ・営業時間: 19:00~翌3:00
  • ・定休日: 日曜日
  • ・電話番号: 090-8837-5557

8.いつも賑わいのある街・ホークスタウン

ホークスタウンは、福岡ソフトバンクホークスの本拠地「ヤフオクドーム」・「ヒルトン福岡シーホーク」・「ホークスタウンモール」がある街をイメージした商業施設です。

ヤフオクドーム

ヤフオクドームは古代ローマのコロシアムをモチーフにした、日本初の開閉式屋根を持つスタジアムです。普段は選手と関係者しか入れない、ブルペンやフィールドなどを紹介している「ヤフオクドームツアー」など楽しいイベントも盛りだくさん。

野球だけでなく、コンサートや展示会など様々なイベントが開催されています。

■ 基本情報

  • ・名称: ヤフオクドーム
  • ・住所: 福岡市中央区地行浜2-2-2
  • ・アクセス: 福岡市営地下鉄唐人町下車、3番出口より徒歩約12分。
  • ・公式サイトURL: http://www.softbankhawks.co.jp/stadium/

ホークスタウンモール

ホークスタウンモール内には、ショップやレストラン100店以上が軒を連ねています。3階建ての施設内には、九州最大の収容人数があるライブ施設や、HKT48劇場、映画館なども入っており、ヤフオクドームと直結しています。

■ 基本情報

  • ・名称:ホークスタウンモール
  • ・住所: 福岡県福岡市中央区地行浜 2丁目2-1
  • ・アクセス:唐人町出口より徒歩15分
  • ・公式サイトURL:  http://www.hawkstown.com/mall/

9.大人の社会見学・キリンビール福岡工場

「キリンビール福岡工場」では、ビールを作る工程が見学できる「工場体験ツアー」を開催している他、季節の花々が咲き乱れる「キリン花園」や、農園風レストラン「キリンビアファーム」があります。

■ 基本情報

  • ・名称: キリンビール福岡工場
  • ・住所: 〒838-0058 福岡県朝倉市馬田3601
  • ・アクセス: JR鹿児島本線基山駅または西鉄小郡駅から、甘木鉄道へ乗り換え 
  •                    太刀洗駅下車 徒歩約15分
  • ・電話番号: 0946-23-2132
  • ・料金: 見学無料
  • ・公式サイトURL: http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/fukuoka/

工場見学ツアー

工場見学ツアーでは”一番搾り”ができるまでが見学できます。一番搾り麦汁と二番絞り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食、ホップの香りを体験し、旨さの秘密を体感しましょう。最後には出来立てのビールが1人3杯まで飲める試飲タイムも設けられています。

キリンビアファーム

キリンビアファームは南ドイツの農園をイメージしたお洒落なレストラン。出来立てのビール7種と、ビールに良く合うお食事が揃っています。みんなでわいわい食べたいジンギスカンや焼肉、パーティーメニューの用意も有りますよ!

キリン花園

7万平方メートルの広さがあり、秋になると赤・白・黄色を基調とした約1000本のコスモスが咲き乱れる「キリン花畑」。10月初旬にはコスモスフェスタが開催され、物産販売や地域新鮮野菜類の展示即売会などが行われます。

10.心震える美しい星空が望める・星野村

大自然に囲まれた場所に有り、その名のとおり素晴らしい星空が見渡せる「星野村」。環境庁から選ばれた全国7位の星空の美しさは息を飲むほど素晴らしく圧巻です。肉眼でも天の川を見ることができるなんて、羨ましすぎますよね♡

星の文化館

星の文化館では、コンピューターで制御する口径65センチの、巨大な望遠鏡で美しい星空を見ることが出来ます。毎日プラネタリウムも放送されていて、星の世界にどっぷり浸りたい人にうってつけ。宿泊できるプチホテルも併設されており、宿泊者専用の特別星空観望会も開催しています。

■ 基本情報

  • ・名称: 星の文化館
  • ・住所:〒834-0201 福岡県八女市星野村 10828-1
  • ・営業時間: 10:30~22:00(最終入館 21:30)
  • ・定休日: 毎週火曜日(年末年始、祝祭日、春・夏休み期間中は開館)
  • ・電話番号: 0943-52-3000
  • ・料金:  大人500円、小学生300円、幼児(4~6歳)100円
  •       団体(15名~)大人400円、小学生250円、幼児50円
  • ・公式サイトURL: http://www.hoshinofurusato.com/information/constellation/index.html

11.天神地下街

繁華街天神の地下を通っている、ヨーロッパの石畳をイメージして造られた全長約570mの地下街です。通りは1~12番街まであり、飲食店やファッション専門店など約150店舗が立ち並んでいます。

天神駅・天神高速バスターミナル・福岡パルコ・福岡三越などに直結しているので、覚えておくと雨の日でも濡れずに移動ができてとても便利です。

おそばのみせ  飛うめ

おそばのお店ながら、1番人気は「親子丼」と言うユニークなこちらのお店。もちろんお蕎麦も絶品で、お蕎麦も丼も関東風。期間限定でお素麺も提供しています。

■ 基本情報

  • ・名称: おそばのみせ  飛うめ
  • ・住所: 〒810-0001 福岡県福岡市 中央区天神2丁目7−141
  • ・営業時間: 10:00~21:00
  • ・電話番号: 092-741-1274
  • ・料金: 親子丼780円
  • ・公式サイトURL: http://www.tenchika.com/

コンソラーレ

「コンソラーレ」は日々の疲れや旅の疲れを癒したい方にぴったりのマッサージ店です。アロマコースでは、その日の気分に合わせてオイルの配合も選ぶことができます。30分から施術か受けられますので、お気軽にお立ち寄りください。

■ 基本情報

  • ・名称: コンソラーレ
  • ・住所: 福岡市中央区天神地下街西4番56
  • ・営業時間: 10:00~21:00 (受付20:00まで)
  • ・電話番号:092-738-3554
  • ・料金: 30分3000円~
  • ・公式サイトURL: http://www.consolare-co.jp/index.html

12.近未来から絶景まで・早良区

福岡市で最も広い面積を持つ「早良区」には、近未来から絶景まで素晴らしい観光スポットがたくさんあります。

【ロボスクエア】

”ロボットに親しむ・ロボットを学ぶ・ロボットを創る”を目標に掲げ、70種類約200体のロボットが展示されている「ロボスクエア」。二足歩行ロボットやコミュニケーションロボット、チラシ配りロボットなど様々なロボットに会えるだけでなく、ロボットや燃料電池カー等の工作教室も開催しています。

■ 基本情報

  • ・名称: ロボスクエア
  • ・住所: 〒814-0001 福岡市早良区百道浜2-3-2 TNC放送会館2F
  • ・営業時間: 9:30∼18:00
  • ・定休日: 第2水曜日(ただし1・7・8・12月は開館)、12月31日∼1月2日
  • ・電話番号: 092-821-4100
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://robosquare.city.fukuoka.lg.jp/

曲渕水源地

大正12年に出来た福岡市内最古のダムで、美しい緑と水面のコントラストが鑑賞できるスポットです。周囲には整備された堤壁遊歩道がやベンチがありますので、散策にぜひどうぞ。紅葉の季節には鮮やかに色づいた木々の様子を見ることが出来ます。

■ 基本情報

  • ・名称: 曲渕水源地
  • ・住所: 福岡市早良区曲渕
  • ・電話番号: 092-833-4307 (早良区役所 企画課)
  • ・公式サイトURL: http://www.fukuokayokatoko.com/?MN_disp_report=1;g=16;a=1;i=149

13.国民的漫画の主人公に会える・サザエさん通り

福岡はサザエさんの原作者である「長谷川町子さん」が、疎開中である昭和19年から昭和21年にかけて福住んでいた、サザエさんに縁がある街です。”福岡市早良区の脇山口交差点から、シーサイドももち海浜公園入口まで”の道路約1.6 キロは、サザエさん通りと呼ばれサザエさんに関する展示や観光スポットがあります。

■ 基本情報

  • ・名称: サザエさん通り
  • ・住所: 福岡県福岡市早良区百道浜
  • ・アクセス: 地下鉄「西新」駅すぐ 
  • ・電話番号: 092-833-4306(早良区役所)
  • ・公式サイトURL: http://www.city.fukuoka.lg.jp/sawaraku/sawaraku-tamatebako/miryoku/sazaesan/inde…

【サザエさん通り案内看板】

サザエさん通りの入り口ある看板です。まずはここを目指してくださいね!

【シーサイドももち(旧:百道の海岸)】


サザエさんの登場人物は海に関する名前が付いていますよね。長谷川町子さんは百道の海岸を歩きながら、サザエさんの登場人物の名前を考えたと言われています。すぐ傍にある福岡タワーでは、平成24年「サザエさん通り」誕生3周年を記念してサザエさんのイルミネーションを点灯しました。

【磯野広場】

磯野広場には「サザエさん発案の地記念碑」の他、モニュメントなどもあります。長谷川町子さんの生い立ちや、サザエさん秘話、4コマ漫画などが記されています。

14.福岡グルメの定番・ラーメンの名店

福岡を代表するグルメと言えば、やっぱりラーメンですよね!福岡県民が足繁く通い親しまれているお店で、本場のラーメンをご堪能くださいね。

【元祖 長浜屋】

福岡と言えば、長浜ラーメン。長浜ラーメンと言えば「元祖 長浜屋」ですよね!替え玉発祥の地でラーメンは500円と信じられない安さです。アメトークで福岡芸人が紹介したりと、メディアで取り上げられることも多いお店です。

■ 基本情報

  • ・名称: 元祖 長浜屋
  • ・住所: 〒810-0072 福岡県福岡市中央区長浜2丁目5−38
  • ・アクセス: 福岡市営地下鉄空港線「赤坂駅」1番出口から徒歩10分
  • ・営業時間: 4:00~25:45頃 (やれるとこまで時間延長)
  • ・定休日: 年末年始に1週間ほど休業
  • ・電話番号: 092-711-8154
  • ・料金: ラーメン500円
  • ・公式サイトURL: http://www.ganso-nagahamaya.co.jp/index.html

【秀ちゃんラーメン】

ラーメン界の巨匠が、原点回帰して立ち上げた秀ちゃんラーメン。店内には、独特のトンコツの匂いが漂い、豚骨ラーメン好きにはたまらない本物の一品を提供しています。卓上にはにんにく絞り器と、紅ショウガも設置されていますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 秀ちゃんラーメン
  • ・住所: 〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固2丁目13−11
  • ・アクセス: 
  • 西鉄バス「警固町」停留所から徒歩1~3分
  • ・営業時間: [平日]<昼の部>11:30~15:00(O.S.14:30)<夜の部>20:00~翌01:00(O.S.24:30)[土・日・祝日]11:30~翌01:00(O.S.24:30)
  • ・定休日: 年末年始
  • ・電話番号: 092-734-4436
  • ・料金: とろ肉チャーシューメン 1100円
  • ・公式サイトURL: http://ra-hide.com/

15.良縁成就なら・恋木神社

「恋木神社」は「恋命」と言う神様を祀っている、全国に一社しかない神社です。鳥居から参道、祭りまで”恋”一色のとっても珍しい神社ですよ。恋愛中・片思い中の方はもちろん、恋愛がしたい人にもオススメです。

■ 基本情報

  • ・名称: 恋木神社
  • ・住所: 〒833-0027 福岡県筑後市水田62−1
  • ・アクセス:JR鹿児島本線 羽犬塚駅より車5分、徒歩20分
  • ・公式サイトURL: http://www.mizuta-koinoki.jp/koinoki/index.html

【良縁成就祈願】

恋木神社では、良縁成就祈願を随時受け付けています。ご祈祷の他、御礼・御守・絵馬・記念品が授与されます。

【恋参道】

水田焼で作られた、ハートの陶板が並ぶ恋参道は、たくさんのご参拝者が願いを込めて歩んだ、いわば「恋の道」です。一歩一歩に思いを込めて、参道を歩き参拝して下さいね。

【良縁成就祭】

3月3日・11月3日の年2回、行われる「良縁成就祭」では、良縁成就特別祈願を始め、特別にご祈祷された御守「縁(ゆかり)のいと守」が授与されます。



福岡の穴場な観光スポットおすすめの15選をご案内しましたが、いかがでしたでしょうか。旅行先として人気の高いこの地、やはりどの場所も魅力がたっぷりでしたね。モデルコースとしてご参考になれば幸いです。

はじめにご紹介した大正ロマンあふれるエキゾチックな雰囲気の門司港レトロエリアは、是非足を運んでいただきたいところです。商業施設も充実しており散策するにはもってこいですね。歴史に思いを馳せながら美味しい焼きカレーをいただきませんか。

他にも一度は訪れたいところばかり。あなただけのプランで思いきりこの街を楽しんでください。
DMCA.com Protection Status