先斗町の風情あふれる人気店20選

titanium22
京都の先斗町は花街として栄え、現在も何軒かのお茶屋さんがあり、舞妓さんや芸妓さんが行きかう街です。明治5年(1872年)には鴨川をどりが初演され、現在も続く初夏の風物詩として有名です。

そんな京都らしい風情がいっぱいの先斗町には、京都らしい繊細な味付けのおいしいものが食べられるお店や、抹茶スイーツのお店などがたくさんあります。
今回はそのなかから、先斗町に来たらぜひ立ち寄りたい人気のお店を20軒、厳選してご紹介します。


1.先斗町駿河屋

https://twitter.com/wagashibuyer/status/526415562008571905?lang=ja
明治時代創業の和菓子店。小さな和菓子屋さんですが、素材の持ち味をいかしたお菓子が評判の名店です。「鴨川をどり」のお茶席に出すお菓子を代々手掛けていることでも有名です。京都らしい繊細で優しい味の和菓子は、多くの人から愛されています。
http://blog.livedoor.jp/tokusenkyoto/tag/%E5%85%88%E6%96%97%E7%94%BA%E9%A7%BF%E6…
人気があるのは「ひと口わらび」。ていねいに練った本蕨粉をこし餡でつつんであり、お土産にも最適です。夏は緑の若竹に口当たりのよい水羊羹を流し込んだ「竹露」が人気で季節を感じさせる和菓子の数々に京らしい風情を感じることができます。

今では貴重な素材にもなっている本蕨粉。こしあんは口当たりが柔らかく、含むととろけるような食感です。小さめに作られているので、食べやすくて、手も口も汚れないというのが女性にも受けています。本場の京の和菓子♪

■ 基本情報

  • ・名称: 先斗町駿河屋
  • ・住所: 京都府京都市中京区先斗町三条下ル材木町187
  • ・アクセス:三条駅から251m
  • ・営業時間: 10:00~18:00
  • ・定休日: 火曜日
  • ・電話番号: 075-221-5210
  • ・公式サイトURL: http://www.pontocho-surugaya.com/

2.メゾン・ドゥ・イッテー  先斗町 禊川

http://hayakusouki.com/post-1061/
1981年オープンのフレンチの名店「先斗町 禊川」。クラシックベースのフランス料理をお箸でいただく「フランス会席」を堪能できます。シェフが自らプロデュースしたブランドMaison d’ it(メゾン・ドゥ・イッテー)ではパリのショコラティエとともに製造したチョコレートが美味しいと大評判です!フランス会席のデザートに提供されるチョコレートをはじめとするスイーツの美味しさは口コミサイトでも高評価。
フレンチのお店ですが、お店は数寄屋造りのお茶屋さんの雰囲気がそのままに残っていて、先斗町界隈の風情を感じる落ち着いた空間になっています。チョコレートは10月下旬~4月下旬はお持ち帰りもできるほか、ネットでお取り寄せもできるので、是非味わってみてください。

フランスの会席料理を箸で食べるなんて、そんな経験したことない!という人も多いはず。京都ならナイフとフォークは使わずに箸で頑張って食べてみましょう。どのメニューもお箸で食べやすく作られています。パリの三星レストランに強く影響を受けたシェフが作る京のフレンチ。

■ 基本情報

  • ・名称: 先斗町 禊川
  • ・住所: 京都府京都市中京区先斗町三条下ル東側
  • ・アクセス:京阪電車本線、三条駅を降りて東へ。先斗町にでたらその交差点を左折。
  • ・営業時間: 11:30~15:00(L.O.13:30)  17:30~22:30(L.O.20:30)
  • ・定休日: 月曜・年末年始
  • ・電話番号: 075-221-2270
  • ・公式サイトURL: 
  •  先斗町 禊川 http://www.misogui.jp/  
  •  メゾン・ドゥ・イッテーhttp://www.misogui.jp/it/index.html

3.食堂 おがわ

http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/2012/09/post-a6bb.html
予約がとれないほどの人気店として知られていて、口コミサイトでも大評判の有名店です。京都の有名割烹で修業を重ねてきた店主が作り出すお料理は素材や出汁もこだわっていて、写真の出汁巻はふわふわでたまらない美味しさと人気です。出汁の香りと素材の味を最大限にいかしたお料理を一度は味わってみたいと思いませんか?
http://associate.cocolog-nifty.com/nikki/2010/05/post-df57.html
筍とわかめの炊き合わせ。写真を見ているだけでも、湯気の温度感や出汁のいい香りまでこちらに伝わってきそうです。わかめがトロっとするまで炊かれているので筍と絡んで美味しいのだとか…。このほかにも日本酒にあう肴がたくさんあり、多くの人がその味に魅了されています。
http://salon-kigi.com/visiting/12347.html
「食堂おがわ」というお店の名前ですが、店内は13席とこじんまりしていてどちらかというと居酒屋さんです。予約困難店というと敷居の高い雰囲気がしますが、店主の方がとても気さくで優しい心遣いの方で、そのお人柄も人気のヒミツだそうですよ!予約キャンセルが出た場合は入店できることもあるようなので、気になる方は事前に連絡してから行ってみてくださいね。

お造りのネタは日によって変わるので、その時々の旬の鮮魚を食べることができます。アワビやハモ、ヨコワなどがオススメの魚介。一見さんでは勝ち目はないと言われているほど難しいお店ですが、挑戦してみる価値はあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 食堂 おがわ
  • ・住所: 京都府京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町204 1F
  • ・アクセス:阪急「河原町」より徒歩5分 市バス「河原町四条」徒歩5分
  •       京阪「祗園四条」徒歩7分
  • ・営業時間:17:30~23:30(L.O.22:30) 
  • ・定休日: 水曜日、月末火曜日
  • ・電話番号: 075-351-6833

4.余志屋(よしや)

京都らしい雰囲気の細い路地の奥にある割烹「余志屋」。旬の素材をぜいたくに使った釜飯が名物。完成まで20分以上かかるので、注文する場合は時間にも気を配ったほうがよさそうです。もし食べきれなかったとしてもおにぎりにしてくれる気配りも素敵ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/mhkamenao1959/7548732.html
コースもアラカルトもボリュームたっぷり。お造り・焼き物・煮物・揚げ物と京の味を存分に楽しめます。また残してしまったらお土産に包んでくれるそうですが、驚くことなかれ!翌朝になってもその美味しさは格別だそうですよ。
http://sea-gull.at.webry.info/200806/article_1.html
お料理の美味しさはもとより大将の人柄にもファンの多いこのお店。地元京都の人だけでなく日本全国からお店を訪問する人がたくさんいるそうです。予約をしてからの訪問がオススメです!

料理にはお値段は書かれていません。一つ一つはボリュームが多いので食べきれる量を考える必要があります。おすすめの鯛のあら煮はコラーゲンたっぷりの部位もあり、鯛の旨さを100パーセント楽しめる秀逸な一品なんですよ♪

■ 基本情報

  • ・名称: 余志屋
  • ・住所: 京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町188
  • ・アクセス:河原町駅から8分 三条駅から278m
  • ・営業時間: 【夜】17:00~23:00(LO.22:30)
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号: 075-221-5115

5.うさぎのアトリエ ぴょんぴょこぴょん

先斗町の一角にある雑貨屋さんです。お店の名前のとおり「うさぎ」をモチーフにした器や箸置きなどがいっぱいあり、かわいいものばかりに囲まれたお店は女性に大人気です。小さな玄関口を入るとこじんまりとした空間にうさぎさんがたくさん!
http://kyotomoide.exblog.jp/14595183/
陶器やお箸などの食器類のほか、ポケットティッシュケースや西陣のつづれ織でできた巾着や名刺入れといった小物類のほかポストカードやタペストリーもあります。うさぎは「後戻りしない」「運を跳ね上げる」といった縁起のよい動物とされていて、お土産にも喜ばれそうです。
http://kyotomoide.exblog.jp/14595183/
お店の前にいるうさぎの置物は季節毎にコスチュームが変わり、訪問客を出迎えてくれます!なんだかちょっとコミカルな雰囲気もあり、なごみますネ。女子旅におススメのスポットです。

人気商品はすぐに売り切れになってしまうほど。ほしいアイテムがあったら早めにチェックしておく必要があります。過去に人気のあったアイテムとしては、ちりめんのティッシュケースがあります。数量限定でオリジナル感があって素敵♪

■ 基本情報

  • ・名称: うさぎのアトリエ ぴょんぴょこぴょん
  • ・住所: 京都市中京区先斗町四条上ル下樵木町2丁目207番地
  • ・アクセス:京阪祇園四条駅から5分
  • ・営業時間:11:30~23:30 
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 075-212-0441
  • ・公式サイトURL: http://usanopyonkiti-esakai.cocolog-nifty.com/usagisyouhinsyoukai/

6.ますだ

http://atsushis.exblog.jp/22327871/
司馬遼太郎も通った先斗町の老舗。京都ならではのおばんざいが堪能できます。創業は1952(昭和27)年と古く、これまで多くの文化人に愛された名店です。お通しの玉子豆腐にはほのかに柚子の香りがして、繊細な味がするそうです。大人の通が好むお店といってもよいかもしれません。
よく吟味された素材を使ったお料理はどれも美味しく、丁寧につくられた味です。またお酒は賀茂鶴の樽酒のみです。本物の味がわかる大人に愛されているお店ですが、決して格式ばっているわけではなく気さくな雰囲気であるところもこのお店の魅力と言えそうです。
家庭的で落ち着いた雰囲気のお店は居心地がよく、ゆっくりと寛ぎながらお酒と食事を楽しむことができます。お店の奥の間に、作家になる前の新聞記者時代からこのお店に通っていたという司馬遼太郎が書いた屏風があり、ファンは必見です。

京都のこだわりおばんざいが食べたいならこのお店。コの字カウンターには毎日たくさんのお客さんが入ります。関東からのお客さんにも人気なんです。鴨肉のロースやイワシの煮物など、魚を使った料理も外せません♪

■ 基本情報

  • ・名称: ますだ
  • ・住所: 京都府京都市中京区先斗町四条上ル下樵木町200
  • ・アクセス:祇園四条駅から269m
  • ・営業時間: 17:00~21:00
  • ・定休日: 日曜日
  • ・電話番号: 075-221-6816

7.ルフ

http://kyoto-omurice.com/menu/index.html
京都でオムライスといえばココでしょ!というのがこのお店「ルフ」。写真はホワイトソースがたっぷりかかった明太子オムライス。また白味噌ベースのソースがかかった京都オムライスも看板メニューのひとつです。またお店の名前がついたルフオムライスは、オムライスをたべすすんでいくとご飯のなかに半熟玉子がはいっている人気メニューです。いずれもボリュームたっぷりで満腹になること間違いなしです。
http://photozou.jp/photo/show/217947/16293809
こちらは「宇治丸」。お茶漬けオムライスです。テレビ番組などでも取り上げられることがしばしばあるそうですが、いったいどんな味がするのでしょうか?調べてみたところ、中にウナギが入っていて、ひつまぶしと似た感覚でその味を楽しむことができるメニューだそうです。ちょっと和風の味付けでとっても美味しいそうですよ。
http://blog.goo.ne.jp/taxi401/e/187167f3b1e110e31b26996b63271cad
たまご、チキンは伏見から毎朝取り寄せ、お野菜やお米もこだわりをもった生産者から仕入れているそうです。オムライス専門店ですが、洋食メニューも充実しています。ランチもディナーも行ってみたくなるお店です。

ルフのソースは全てこだわりぬいた食材で作られたソースです。デミグラスソースもトマトソースも他の店とは一線を画するものなんです。デミグラスソースはニンニク、玉葱、牛すじ、ブラックペッパーや野菜がたっぷり入っているんです。

■ 基本情報

  • ・名称: ルフ
  • ・住所: 京都府京都市中京区先斗町四条上ル17番ロジ
  • ・アクセス:
  •  阪急線河原町駅1番出口より四条通を東へ、先斗町通を北へ17番路地を左へ入った左側。
  •  徒歩3分
  • ・営業時間:11:30~15:00 17:00~22:00(L.O)
  • ・定休日: 火曜日
  • ・電話番号: 075-223-2455
  • ・公式サイトURL: http://www.kyoto-omurice.com/

8.先斗町歌舞練場 舞妓茶屋(期間限定)

昭和2年(1927年)に完成した先斗町歌舞練場。明治5(1872)年から続く京都の伝統行事「鴨川をどり」が行われることでも有名です。劇場建築の名手と言われた大林組の技師・木村得三郎氏による設計で建築物としても一見の価値のある建物です。この先斗町歌舞練場で「京の七夕」というイベント開催期間中にだけオープンするのが「舞妓茶屋」です。
http://5701machikado.seesaa.net/article/372553735.html
舞妓茶屋は夕方に1時間ごとの入れ替え制で値段も1,500円とリーズナブル。飲み物はビールまたはソフトドリンクで、おつまみやあんみつがついてきます。先斗町歌舞練場内にイベント用に設置されたコーナーになりますので、実際のお茶屋と比較してしまうとその雰囲気や風情は全く別になりますが、舞妓さんの踊りを間近で見てみたい!という人にはおススメです。

「舞妓茶屋」ではふだんはなかなか見ることのできない舞妓さんの踊りを鑑賞でき、舞妓さんとの記念撮影もできます。毎年大盛況のイベントです。夏に京都に行く予定のある方は是非訪問してみてください!

「鴨川をどり」はこの歌舞練場で行われるダンスで、歴史のあるダンスなんです。1872年(明治5年)に初めて開催されて以来、京都を華やかに飾る花街の踊として親しまれてきました。演目には源氏物語や道中双六東下りなどがあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 先斗町歌舞練場
  • ・住所: 京都府京都市中京区橋下町130
  • ・アクセス:
  •  京阪三条駅から徒歩5分、阪急電車河原町から徒歩10分、市バス河原町三条下車徒歩5分
  • ・営業時間:「京の七夕」イベント開催期間中のみ入替制で営業
  • ・公式サイトURL:京の七夕  http://www.kyoto-tanabata.jp/

9.茶香房長竹

http://jeeyan.at.webry.info/201210/article_1.html
「京はやしや」の店長だった方がご自身のお茶に対する思い入れを込めて開業したお茶を楽しむためのお店です。抹茶スイーツ発祥の地とも言われていて、抹茶あんみつや宇治氷などの甘味は大人気です。抹茶あんみつは抹茶のわらび餅と抹茶ゼリーが入っていて、それぞれの食感を楽しむことができます。
http://imochan.seesaa.net/article/73150439.html
こちらも人気の抹茶大福。甘さが控えめで、お土産用に買って帰る人もたくさんいるそうですよ。またお茶は青茶・白茶・緑茶・紅茶と種類も豊富。宇治抹茶から仕入れた茶葉を使って冷茶や煎茶を淹れてもらえます。また茶飯やわらび餅も人気メニューです。
http://prismiclyon.blog.so-net.ne.jp/2011-02-14
お店はカウンターが7席と小さなテーブル席のみのこじんまりとしていますが、木のぬくもりを感じる温かみのある空間になっています。また店主の方のお人柄にもファンが多いそうです。また23:00まで営業しているので、夜ちょっと甘いものが食べたくなった時に立ち寄れるのも嬉しいですね。

抹茶の美味しさを再認識することができるこのお店。甘味処としてはかなりレベルが高いお店です。夜にも利用できる甘味処なので、飲みのあとなんかにも訪れてみたいですよね♪パフェに使われている抹茶のアイスが秀逸なんです。

■ 基本情報

  • ・名称: 茶香房 長竹
  • ・住所: 京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町189 8番路地
  • ・アクセス: 京阪三条 市バス 河原町三条 阪急四条河原町 三条駅から271m
  • ・営業時間: 13:00~23:00
  • ・定休日: 水曜日 月1日不定休
  • ・電話番号: 075-213-4608
  • ・公式サイトURL: http://www1.tmtv.ne.jp/~cha/nagatake/

10.いづもや

江戸前うなぎと京料理のお店で、関西地区では昔懐かしのコマーシャルがとても有名です。鴨川沿いにあり観光で京都を訪問する人には絶好のロケーションです。うなぎやひつまぶしは身がふっくらと柔らかく美味しいと評判です。また、このお店の人気メニューは写真の瓢箪(ひょうたん)弁当。ひょうたん型の重箱に季節の食材をふんだんに使った煮物や焼き物が美しく盛り付けられ海外から訪問した人にも味わってほしい一品です。
http://kuchibashi.blog.so-net.ne.jp/2010-10-10
夏は鴨川納涼床も設置されるので、京都の夏の景色と美味しいお料理を両方楽しむことができます。川床では全11品の会席料理のコースを味わうことができます。また鴨川に面した大きなガラス張りの店内からも眺めのよい景色を眺めながらの食事はとても気分が良いのでおススメです。

大正五年に新京極に創業したこお店。京都のうなぎと京料理を楽しみたいならこのお店です。夏にはハモしゃぶがおすすめ。すきやきもOKです。夏の床は涼しく居心地がよく、店内もガラス張りで、鴨川の眺めが楽しめますよ♪

■ 基本情報

  • ・名称: いづもや
  • ・住所: 京都府京都市中京区先斗町通四条上ル柏屋町173-2
  • ・アクセス: 阪急河原町駅より徒歩2分 京阪四条駅より徒歩2分【四条大橋西詰】
  • ・営業時間: 12:00~22:00
  • ・定休日: 第2・4水曜日
  • ・電話番号: 075-211-2501
  • ・公式サイトURL: http://www.idumoya.co.jp/



11.有喜屋 先斗町本店

リーズナブルに京情緒あるお店で御飯を楽しみたいなら「有喜屋」さんがオススメ。1929年創業で現在京都と大阪で8店舗を展開する「有喜屋」さんは、ここ先斗町のお店が本店です。本格手打ち蕎麦と蕎麦料理で有名な老舗です。

店の入り口にはべんがら格子があり、風情のあるたたずまいです。「ニ八ざるそば」「とろろざる」、納豆と生卵の練り合わせがのった「有喜そば」「有喜天そば」「ゆばとじ御膳」「ちりめん山椒ごはん」「親子丼」など、どれもやさしい京風の味。先斗町の舞妓さんも御用達で(舞妓さん体験の素人ではなく本物です)、運がよければその姿を見ることができます。

■ 基本情報

  • ・名称: 有喜屋 先斗町本店
  • ・所在地:京都府京都市中京区先斗町石屋町125
  • ・アクセス: 京都市営地下鉄・京阪電車 三条駅下車 徒歩3分
  • ・営業時間:11:30~16:00 17:00~20:30(L.O)
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号: 京都市営地下鉄・京阪電車 三条駅下車 徒歩3分
  • ・公式サイトURL:http://www.ukiya.co.jp/top_sozai/top.htm

12.天麩羅 きたむら

先斗町の路地を入った奥にある「きたむら」さんは、新鮮な海鮮や野菜の天ぷらが人気のお店です。画家・木村英輝氏の鮮やかな絵が描かれた狭い路地を進むと、和風の趣がある空間が拡がります。カウンターで職人が揚げる天ぷらを、坪庭を眺めながらいただける贅沢なひとときを楽しめます。

オススメはランチ限定の天丼。「海老天丼」「あなご天丼」、海老、キス、穴子の三つがのった「ミックス丼」は、揚げたての天ぷらに甘辛いたれがたっぷり絡んだ一品です。その他天ぷら11品に御飯と赤だし、サラダなどがついた昼のコース、天ぷら12品に御飯と赤だし、スープとサラダもついて天茶・天丼も楽しめる夜のコースがあります。

■ 基本情報

  • ・名称:天麩羅 きたむら 
  • ・所在地: 京都市中京区京都市中京区先斗町四条上ル10M西側「春神」横
  • ・アクセス: 祇園四条駅から124m
  • ・営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:00(L.O.20:30) 
  • ・定休日:水曜日 
  • ・電話番号:075-221-0011 
  • ・公式サイトURL: http://harukami.jp/kitamura/


13.一粒庵

「一粒庵」さんは、しゃぶしゃぶの元祖とされる名店。明治38年創業という老舗で、風格と趣のあるたたずまいは、京都に来たらぜひ一度は行ってみたい魅力を感じさせます。扉を開けると通り庭があり、石畳を進むと店内は畳敷きのお部屋。個室でだれに気兼ねすることもなく、ゆっくりと食事を楽しめます。座敷に飾られた芸妓さんが毎年作る団扇に、より京都らしさを感じます。

料理はやはり牛しゃぶがオススメ。すべて京都産にこだわった野菜と肉、さらには松茸を炭火を使った鍋で加熱。特製のゴマだれをつけていただきます。肉の旨味と胡麻の風味がたまりません。出汁を使った締めの雑炊もオススメ。ほかに野菜と牛肉をじっくり煮た牛すきも大人気です。

■ 基本情報

  • ・名称: 一粒庵
  • ・所在地: 京都市中京区先斗町通四条上る柏屋町169
  • ・アクセス:祇園四条駅から116m
  • ・営業時間:全個室・要予約
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号:075-221-2405 

14.ぽんと

元お茶屋さんを改装した「ぽんと」さんは、気軽にリーズナブルに先斗町での食事を堪能できる大衆居酒屋です。鴨川沿いにあって、納涼床のシーズンには、川床での食事も楽しめる人気店です。こちらの床は椅子を使っていますから、「畳は足がちょっとしんどい……」という方にもオススメです。

大衆居酒屋といっても、料理はやはり先斗町を感じさせるメニューが並びます。メインのメニューは鉄板と農具のくわを使って焼き上げる「くわ焼き」ですが、ほかに「ちりめん山椒ご飯」「みぶなのおにぎり」「九条ねぎかけとり唐ぽんず」「京漬物盛合わせ」「焼万願寺とうがらし」などなど、京の味覚を満喫できます。デザートには黒糖わらびもちが人気です。

■ 基本情報

  • ・名称:くわ焼 ぽんと 
  • ・所在地:京都市中京区先斗町四条上ル鍋屋町232-13 
  • ・アクセス: 京阪本線祇園四条駅から徒歩2分
  • ・営業時間:月~金・日 17:00~23:00 土 17:00~24:00 
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号:075-221-1537 

15.中華菜家 一品香

先斗町で中華なら「一品香」さんがオススメです。旬の野菜や海鮮などをふんだんに使った小皿スタイルの中華料理を、町家風の風情あるお店で楽しめます。とくに野菜がほしいと評判で、味つけもどちらかと言うとさっぱり目のため、女性でもたっぷり食べられると人気です。

とくにオススメなのがランチです。昼得コースは「盛り合わせ6種」「ふかひれとカニ身のスープ」 「ふかひれ餃子」「小龍包 カキと山芋のトウチ炒め」「牛フィレと紅芯大根の黒胡椒炒め」「ハスの香りおこわ」にデザートがついて2500円。他に900円で焼きそばや担々麺、酢豚などの料理にご飯とデザート、小皿がつくセットメニューもあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 一品香
  • ・所在地: 京都市中京区先斗町四条上ル
  • ・アクセス: 阪急京都線 河原町駅 徒歩3分
  • ・営業時間:水~日 ランチ 12:00~14:30 / 月・水~日 ディナー 17:00~22:00
  • ・定休日:火曜日 
  • ・電話番号: 050-5518-6937
  • ・公式サイトURL: http://www1.odn.ne.jp/cda88300/

16.多から

「多から」さんは、魚介料理、とくにハモ料理で有名なお店です。創業120年を超える老舗で、店主が自ら市場に行って食材を厳選し、その素材の旨味を活かした料理が人気です。納涼床のシーズンには川床での料理も楽しめます。

納涼床のシーズンだけ楽しめる「鱧料理」10,500円では、お造りや柳川、照焼など、見た目にも舌にもおいしいハモづくしが堪能できます。また、京都の本格的な懐石を気軽に楽しむことができるランチもお値段以上と大人気。京都に来られた大切な方を案内するにもふさわしいお店です。

■ 基本情報

  • ・名称:多から
  • ・住所: 京都市中京区先斗町通四条上ル柏屋町173-2
  • ・アクセス: 京阪本線 祇園四条駅 徒歩2分
  • ・営業時間:【火~日・祝・祝前】ランチ 12:00~14:30 (L.O.14:00) 【火~日・祝・祝前】 ディナー 17:00~22:30 (L.O.22:00)) 
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号:075-211-8945 

17.まんざら亭

京都の一般家庭で作られてきた総菜のことを、「おばんざい」と言います(もっとも京都の人は単に「おかず」と呼ぶことのほうが多いようですが)。この京都ならではの「おばんざい」をたっぷりと楽しめるのが「まんざら亭」さんです。元お茶屋さんだった建物を使っていて、外観は京町家風、内装はモダンな空間が拡がります。

おばんざいは常時15種類程度が用意されています。「おから」「茄子煮」「水菜とゆばのおひたし」「牛すじこんにゃく煮」「たこのやわらか煮」など、京都らしい味が楽しめます。ごはんものや創作料理も充実しており、地酒や焼酎、果実酒も豊富な種類が揃っています。

■ 基本情報

  • ・名称: まんざら亭 先斗町店
  • ・所在地:京都市中京区四条先斗町上ル 
  • ・アクセス: 京阪電鉄本線 祇園四条駅 徒歩5分
  • ・営業時間: 17:00~24:00(L.O.23:30)
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号:050-5518-6085 
  • ・公式サイトURL: http://www.manzara.co.jp/pont/

18.開陽亭

「開陽亭」さんは、1915年創業という老舗の欧風料理屋さんです。大正5年に祇園石段下に店を出して以来、お店の常連となって支えてきたのは花街のお客さんたちだったとか。進取の気風に富んだ京都ならではのエピソードという感じです。鴨川沿いにあることから納涼床のシーズンには川床を出しています。

オススメはランチの洋食弁当。いかにも老舗ならではという感じですが、輪島塗の三段重に入って出てきます。やわらかいフィレの照り焼きに海老フライ、ポークヒレカツにミートコロッケなどなど、豊富なメニューが入っています。他にもシーフードミックスフライ、海老フライ、ビーフカツ、サーロインなどのペインプレートから一つを選び、プチオードブルとスープ、珈琲がついたプランメニューもオススメ。もちろん、ディナー・メニューも充実しています。

■ 基本情報

  • ・名称:欧風料理 開陽亭 
  • ・所在地: 京都市中京区先斗町通四条上ル柏屋町173
  • ・アクセス:京阪祇園四条駅、阪急四条河原町から歩いて5分弱
  • ・営業時間:12:00~15:00 17:00~22:00(L.O.21:30)
  • ・定休日: 火曜日
  • ・電話番号:075-221-3607 
  • ・公式サイトURL: http://www.kaiyoutei.com/


19.京料理 春神

旬の素材を使った京料理が魅力の「春神」さんは、全室個室のお店です。落ち着いた雰囲気のなかでゆったりと料理を楽しむことができます。建物は外観も内装もいかにも京町家の情緒がたっぷりです。掘り炬燵と椅子席とが選べるのもうれしいですね。

京芋の唐揚げ」「鯛のあら炊き」「もち豚の生姜焼き」「生湯葉のお造り」など一品メニューも充実していますが、ここに来たらおまかせコースを頼むほうが間違いが無いと思われます。一流の料理人が腕を振るうメニューは、どれを食べても間違いのないものですが、おまかせコースであれば必ず食材の旬を活かした料理を味わうことができます。先斗町で「京料理」を専門に看板を掲げる気概が感じられます。

■ 基本情報

  • ・名称:京料理 春神 
  • ・所在地:京都市中京区柏屋町169-3 
  • ・アクセス:祇園四条駅から117m
  • ・営業時間: [月~日]11:00~15:00 17:00~23:00
  • ・定休日:無休 
  • ・電話番号:075-221-0011 
  • ・公式サイトURL: http://harukami.jp/

20.カナール イーブル

先斗町で鴨料理とワインを楽しむなら、「カナール イーブル」さんがオススメです。お店の名前はフランス語で「ほろ酔い鴨」という意味だそうで、京都丹波産のフランスか鴨とブルゴーニュ産ワインを売りにしている新しいお店です。格子戸にのれんがかかった和風の外観で、店に入ると木の温かみを活かしたおしゃれな空間が拡がります。

「鴨肉のリエット バケット付」「鴨ムネ肉の生ハム 彩りサラダ仕立て」「鴨肉のパテ・ド・カンパーニュ」「モモ肉と白インゲンと黒豆を使ったカスレ」「鴨モモ肉のコンフィ ジャガイモのガレットとジュで」などのアラカルト、鴨づくしのコース料理など、鴨とワインを堪能できるお店です。

■ 基本情報

  • ・名称:カナール イーブル 
  • ・所在地:京都市中京区柏屋町168-2 先斗町会館 1F 
  • ・アクセス: 阪急京都線河原町駅・祇園四条駅から120m
  • ・営業時間:「月~金」17:00~23:30  「土・日・祝」 16:00~24:30
  • ・定休日: 月曜日(祝祭日の場合は翌日定休)
  • ・電話番号:050-5570-2439(予約)/075-223-6637(お問い合わせ)
  • ・公式サイトURL: http://canardivre.jimdo.com/




京都の観光名所として知られる先斗町では、100年以上続く老舗のみならず新しいお店でも、また和食屋さんに限らず中華でもフレンチでも、どこかきちんとした「京都らしさ」が漂います。

今回は割烹から抹茶スイーツまで先斗町の人気店を紹介しました。どこに行っても京情緒が味わえて、きっと旅のいい思い出になること間違いなしです。

京都らしい風情を感じるしっとりとした街並みには予約困難な人気店、歴史のある老舗など魅力的なお店がたくさんあります。自分のお気に入りのお店が見つかるとよいですね!
DMCA.com Protection Status