蛍の鑑賞は東京でも出来る!おすすめスポット17選


暗闇の中で光るホタルたちが作り出す幻想的な景色はとってもロマンチック!初夏の風物詩ですよね。でもホタルって「結構遠出しないと見られない」と思っていませんか? 夏の風物詩の一つとも言える蛍の鑑賞。水が綺麗なところに生息しているので都会できるイメージはありませんが、東京でも見ることができるのです。

今回は、ホタルを見たいけど遠出はちょっと…という方にぴったり!東京でホタルを見ることができる17のスポットを紹介しますので、ぜひ足を運んでみてください。 ホタルの幻想的な光で、感動すること間違いなしですよ♪ 


1.椿山荘「ほたるの夕べ」【文京区】

http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/stay/plan/000689.html
東京都文京区にあるホテル椿山荘では、毎年初夏に「ほたるの夕べ」というイベントを開催します。ゲンジボタル(5月下旬~6月中旬)とヘイケボタル(6月中旬~7月中旬)が棲んでいるので、見に行く時期によって異なる景色が味わえるのも楽しいですよね♪ホテルのディナーブッフェと美しいホタルの光で、身も心も満足できる場所です!
こちらは昼の様子。お昼もとっても綺麗なのですが、やっぱり夜にホタルが光るとさらに良いですね♪

テレビドラマのロケ地としてたびたび登場してる有名な高級ホテルです。ちょっと敷居が高いイメージがありますが、イベントはなんと無料で参加することができるんですよ。23時まで開放されていますので、気軽に立ち寄れます。
http://le-aeroso-citta.blogspot.jp/2014/07/blog-post_4221.html

■ 基本情報

  • ・名称:椿山荘
    ・住所:東京都文京区関口2-10-8 ホテル椿山荘東京 
  • ・アクセス:早稲田駅(都電)から628m
  • ・定休日:無休 
  • ・電話番号:03-3943-1111 
  • ・オススメの時期:6月中旬
  • ・公式サイトURL:http://www.chinzanso.com/

2.ほたる公園【福生市】

 東京都福生市にある「ほたる公園」は、減少し続けているゲンジボタルの保護施設として設置された公園です。公園内で養殖されている500匹のホタルが優雅に舞いながら輝く景色はとても幻想的でうっとりしちゃいますよ♪

都内でホタルが見れるスポットと言えば、やはりこの公園は外せません。毎年6月になると「ほたる祭」も開催されますので、ぜひ参加してみてくださいね。特設ステージが設置され、さまざまなイベントが開催されます。 

■ 基本情報

  • ・名称:ほたる公園
    ・住所:東京都福生市南田園3-9-1
  • ・アクセス:JR青梅線牛浜駅下車徒歩約10分、JR五日市線熊川駅下車徒歩約7分 
  • ・オススメの時期:6月中旬
  • ・電話番号:042-551-1511(福生市役所地域振興課)

3. 久我山 ほたる祭り【杉並区】

東京都杉並区の久我山駅周辺で開かれる「ほたる祭り」は、久我山地域を流れる玉川上水と神田川に2,000匹のホタルを放流する10年以上の歴史のあるイベント。

5つの会場のうちホタル観賞ができるのは神田川会場、玉川上水会場、中央緑地公園会場です。ホタルの放流だけでなく水生生物の実物展示やフリーマーケット、消防庁舎を解放した防災キャンペーンなどを行います。屋台もたくさん出るにぎやかで楽しいお祭りです!

会場までは渋谷からは約20分、新宿からは約25分、池袋から約30分と非常にアクセスが良く、ファミリーからカップルまで毎年多くの人々が足を運んでいます。ホタルは15時頃から放流され始めるそうなので、早めに行くのもオススメです。

基本情報

  • ・名称:久我山 ほたる祭り
    ・住所:東京都杉並区久我山4丁目1番11号
  • ・アクセス:京王井の頭線徒歩すぐ 
  • ・営業時間:午後1時から9時まで 
  • ・電話番号:03-3332-9254 
  • ・オススメの時期:6月初旬 
  • ・公式サイトURL:http://www.city.suginami.tokyo.jp/(杉並区)

4.渋谷区ふれあい植物センター【渋谷区】

渋谷区内最大規模のホタル観賞会で、施設内のグリーンガーデンに足を踏み入れれば、たちまち東京都心であることを忘れてしまうほど幻想的な空間が広がります。
http://kokorosha.hatenablog.com/entry/2015/02/13/220021
17:30からはヘイケボタルが、19:00からはゲンジボタルが見頃なので時間もチェックしながら鑑賞しに行きましょう!

毎年6月17日から21日の5日間開催されます。開催期間中はなんと無料で入場できちゃうんですよ。開始時間は毎年異なるそうですので、渋谷区ふれあい植物センターの公式ホームページで情報をご確認くださいね。

■ 基本情報

  • ・名称:渋谷区ふれあい植物センター
    ・住所:東京都渋谷区東2-25-37
  • ・アクセス:JR渋谷駅より徒歩約12分
  • ・営業時間:17:30~21:00(入場20:15まで)
  • ・定休日:期間中無休 
  • ・電話番号:03-5468-1384 
  • ・オススメの時期:6月下旬
  • ・公式サイトURL:http://www.botanical-fureai.com/untitled_hotaru.html

5.よみうりランド「ほたるの宵」【稲城市】

http://www.chofu-fm.com/13255
よみうりランドは毎年夏、遊園地の営業時間終了後に、敷地内の聖地公園で「ほたるの宵」というイベントを開催しています。会場内には七夕の笹が用意されるので、短冊に願いごとを書いて取り付けることができますよ♪

人気のイベントのため、入場の際に整理券を配布しているので、早目に向かいましょう!

よみうりランドでもホタル鑑賞を楽しめるってご存知でしたか?こちらでは減少し続けるホタルを増やすため、 園内ではホタルが生育しやすい環境づくりが行われており、シーズンになると美しい姿を見せてくれるんです。
http://blog.livedoor.jp/t_hanagata/archives/cat_10001449.html

■ 基本情報

  • ・名称:よみうりランド
    ・住所:東京都稲城市矢野口4015-1
  • ・アクセス:京王京王よみうりランド駅→ゴンドラ5分、終点下車、徒歩10分 
  • ・営業時間:19時30分~21時(開催時間) 
  • ・電話番号:044-966-1111
  • ・料金:大人(高校生以上)300円 
  • ・オススメの時期: 6月初旬~7月 
  • ・公式サイトURL:http://www.yomiuriland.com/

6.足立区生物園【足立区】

http://www.seibutuen.jp/event/hotaru.htm
東京都足立区にある足立区生物園で毎年6月中旬にホタルの夜間鑑賞会が行われます。園内の特設アクリルボックスの中に放たれた約600匹のゲンジボタルが、訪れた人々を感動させてくれます。間近で見られるのもアクリルボックスの展示ならで、毎年多くの人々が訪れる人気スポットです!

かつては足立区でもホタルの姿が見られたそうですが、現在ではめっきり無くなってしまいました。園内ではホタルを通して環境問題について考えてほしいという目的で、39年前からホタルの飼育が始まったそうです。
http://feature.cozre.jp/archives/9067

■ 基本情報

  • ・名称:足立区生物園
    ・住所:東京都足立区保木間2-17-1
  • ・アクセス:北千住駅西口より都営バス「竹ノ塚駅前行き」「保木間仲通り」下車徒歩5分
  • ・営業時間:9時30分~17時(入園は~16時30分、2~10月) 9時30分~16時30分(入園は~16時、11~1月) ホタルの観賞会は特別夜間開園(18~21時、入園は~20時30分)にて開催 ・定休日:月曜日(祝日の時は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)
  • ・電話番号:03-3884-5577
  • ・料金:大人300円、小中学生150円
  • ・オススメの時期:6月中旬
  • ・公式サイトURL: http://www.seibutuen.jp/

7.わんぱく天国「ホタル観賞の夕べ」【墨田区】

東京都墨田区にあるわんぱく天国という自然遊具施設で毎年7月初旬に開催されるイベント。園内にテントを設置し、そのテント内でヘイケホタルを放ちます。スカイツリーとホタルの作り出す幻想的な景色を両方楽しめるロマンチックなスポットです♪

都心から最も近いほたる鑑賞スポットと言えるでしょう。入場料は無料ですので、気軽に立ち寄ってみてくださいね。ただし、混雑時は入場が制限されてしまう事もありますので、はやめに行かれることをオススメします。

http://blog.livedoor.jp/miyagi3612/tag/%E3%81%BB%E3%81%9F%E3%82%8B

基本情報

  • ・名称:わんぱく天国「ホタル観賞の夕べ」
    ・住所: 東京都墨田区押上1丁目47-6 
  • ・アクセス: 東京メトロ押上駅・京成・東武・都営地下鉄各線押上駅B3出口から徒歩5分
  • ・営業時間:19~21時(入場は~20時30分) 
  • ・電話番号:03-3612-1456 
  • ・料金:無料
  • ・オススメの時期:7月初旬 
  • ・公式サイトURL:http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/zidoukan/wanpaku.html

8. おとめ山公園【新宿区】

おとめ山公園では、毎年7月上旬の土日2日間だけですがホタルを鑑賞できるホタル観賞の夕べが開催されます。生息しているホタルは、ゲンジボタルとヘイケボタルの2種類です。18時より整理券が配布されますのでそれまでにお越しください。

おとめ山公園の清流と蛍の光による幻想的な風景をお楽しみください。

地元有志の方々を中心に結成された「落合ホテルを育てる会」が開催しているイベントです。2016年で16回目を迎えました。「東京の名湧水57選」に選定されているという園内の美しい水でホタルを飼育されているのだそう。水の中には幼虫が生息しているそうですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: おとめ山公園
  • ・住所: 東京都新宿区下落合2-10
  • ・アクセス: JR高田馬場駅から徒歩8分
  • ・営業時間:19:00~20:30
  • ・電話番号: 03-3951-9196(落合第一特別出張所)
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期:7月上旬
  • ・公式サイトURL: http://www.city.shinjuku.lg.jp/event/ochiai101_001024.html

9. 白高児童遊園【新宿区】

白高児童遊園は、白金プラザの七夕イベントの一環として行われる天の川蛍祭りの会場です。このイベントは立川ホタル研究会と山形県庄内町の協力によって開催されています。鑑賞できるホタルは山形県庄内町よりやって来る人工飼育されたゲンジボタルです。

公園内に張られたテントの中で鑑賞します。

また、「天の川蛍祭り」ではほたる鑑賞以外にも地方物産展や屋台村、ステージイベント、さらにはお子さんたちが楽しめるコーナーも登場します。大人から子どもまで楽しめるお祭りですので、ぜひ参加してみてくださいね。



■ 基本情報

  • ・名称: 白高児童遊園
  • ・住所: 東京都港区白金1丁目17−4
  • ・アクセス: 都営三田線・東京メトロ南北線「白金高輪駅」より徒歩4分
  • ・営業時間: 19:00~21:00
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 7月上旬
  • ・参考サイト: https://kotopic.com/article/view/67

10. 世田谷代官屋敷【世田谷区】

世田谷代官屋敷ではせたがやホタル祭りが開催されます。世田谷代官屋敷の駐車場に設置されたドーム内に3000匹ものヘイケボタルが放たれます。ドームいっぱいのホタルは電灯が点いているのかと見間違えるほどきれいです。

せたがやホタル祭りはサギ草市とともに開催され、昼はサギ草市、夜はホタル祭りという運びになっています。合わせて盆踊りや屋台が出店されます。

世田谷代官屋敷は大場家の邸宅および代官所です。東京都の史跡に、また母屋・表門は国の重要文化財に指定されています。茅葺屋根の風情ある代官屋敷と幻想的なホタルが織り成す風景は、まさにタイムスリップしたかのよう。

■ 基本情報

  • ・名称: 世田谷代官屋敷
  • ・住所: 東京都世田谷区世田谷1-29
  • ・アクセス: 東急上町駅より徒歩5分
  • ・営業時間: 17:00~21:00
  • ・電話番号: 03-5432-3333(せたがやコール)
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 7月中旬
  • ・公式サイトURL: http://home.u01.itscom.net/susi/festival.html

11. 夕やけ小やけふれあいの里【八王子市】

夕やけ小やけふれあいの里では、6月の半ばから終わりにかけてホタルの夕べが開催されます。鑑賞できるホタルはゲンジボタルです。人工飼育されたものではなく自然に育ったホタルなので、天候や生育状況によって鑑賞できるホタルに差があります。

通常入場料がかかりますが、イベント開催のときだけは無料で利用することができます。駐車場も165台収容可能なので気軽に参加できるイベントだと思います。

■ 基本情報

  • ・名称: 夕やけ小やけふれあいの里
  • ・住所: 東京都八王子市上恩方町2030
  • ・アクセス: 京王高尾駅・JR高尾駅北口から、西東京バス陣馬高原下行きで30分「夕焼小焼」下車
  • ・営業時間: 18:00~21:00
  • ・電話番号: 042-652-3072
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 6月中旬~下旬
  • ・公式サイトURL: http://yuyakekoyake.jp/

12. 昭和の森 車屋【昭島市】

昭和の森車屋は日本料理を扱う料亭ですが、敷地内の庭園にある池にはホタルが生息しており、夏になるとホタルを鑑賞することができます。鑑賞できるホタルはヘイケボタルで、食事をした方は店内にある特別鑑賞室で鑑賞することができます。

おいしい食事とホタルの鑑賞ができる贅沢な時間をお過ごしください。予約制ですので鑑賞ご希望の方は早めに予約しましょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 昭和の森 車屋
  • ・住所: 東京都昭島市昭和の森 フォレスト・イン昭和館1F
  • ・アクセス: R青梅線昭島駅北口より徒歩7分
  • ・営業時間: 20:30~21:30
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 042-542-3333
  • ・料金:無料(飲食した人に限る)
  • ・オススメの時期: 7月中旬~下旬
  • ・公式サイトURL: http://www.kuruma-ya.co.jp/

13. 養沢川【あきる野市】

養沢川周辺ではホタルを鑑賞することができます。鑑賞できるホタルはゲンジボタルで、もちろん自然に育ったホタルです。地元の人によると、以前に比べてホタルの数は減少したそうですが、養沢川のせせらぎの中を漂うホタルの幻想的な景色を楽しむことができます。

十里木の交差点の近くに徳雲院があり、このお寺の境内にも養沢川は流れています。このスポットは養沢川のホタル鑑賞スポットとして有名です。

■ 基本情報

  • ・名称: 養沢川
  • ・住所: 東京都あきる野市養沢川
  • ・アクセス: JR武蔵五日市駅よりバスで11分、「十里木」下車、徒歩10分
  • ・営業時間: 20:00~22:00
  • ・電話番号: 042-595-1135(あきる野市観光まちづくり活動課)
  • ・オススメの時期: 6月下旬~7月中旬
  • ・公式サイト: http://www.akirunokanko.com/?p=1956

14. 平井川【日の出町】

平井川周辺ではホタルを鑑賞することができます。おすすめのスポットは「岩井」バス停付近からつるつる温泉に至るまでの川沿いです。自然に育ったゲンジボタルを鑑賞することができます。町主催でホタルを鑑賞するイベントも催されています。

自然豊かな平井川周辺には駐車場はありません。環境保護のためにもなるべく公共交通機関を利用して鑑賞スポットへ向かいましょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 平井川
  • ・住所: 東京都西多摩郡日の出町大久野
  • ・アクセス: JR武蔵五日市駅より「つるつる温泉」行きバスで10分、「東細尾」下車、徒歩すぐ
  • ・営業時間: 20:00前後
  • ・電話番号: 042-597-0511(日の出町産業観光課)
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 6月下旬~7月中旬
  • ・公式サイト: http://www.npohotaru.com/mado/shutospot.html

15. 宗家 源 吉兆庵【中央区】

宗家源吉兆庵は日本料理を扱う料亭ですが、銀座本店では6月中旬にホタル鑑賞会が開催されます。鑑賞できるホタルは、銀座で生まれて岡山で育ったゲンジボタルです。2階の照明を消し、かごを設置して特設会場としています。

ホタル観賞のイベント期間中はホタルにちなんだメニューが用意されており、梅蛍という梅酒もサービスで提供されます。

■ 基本情報

  • ・名称: 宗家 源 吉兆庵
  • ・住所: 東京都中央区銀座7丁目8-9
  • ・アクセス: 東京メトロ銀座駅徒歩5分
  • ・営業時間: 18:00~21:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 03-5537-5457
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 6月中旬
  • ・公式サイトURL: http://www.kitchoan.co.jp/site/shops/ginza_honten.html

16. 成木川【青梅市】

青梅市を流れる成木川沿いでもホタルを鑑賞することができます。鑑賞できるホタルは自然に育ったゲンジボタルです。おすすめのスポットは滝坂橋周辺です。6月下旬にはホタル観賞のイベントが開催されます。天候などによって鑑賞できるホタルの数に変化があります。

成木川周辺には岩蔵温泉もありますので、ホタルの鑑賞で素敵なひとときを過ごし、温泉で心身をリフレッシュしてはいかがでしょうか。

■ 基本情報

  • ・名称: 成木川
  • ・住所: 東京都青梅市成木2丁目
  • ・アクセス: JR青梅駅より車で20分
  • ・電話番号: 0428-24-2280(青梅市みどりと水のふれあい事業推進協会事務局)
  • ・オススメの時期: 6月中旬~7月上旬
  • ・参考サイト: https://www.gotokyo.org/jp/event/ome/201406hotaru.html

17. 荒川自然公園【荒川区】

荒川自然公園は野球場などの運動施設だけではなく、交通園や昆虫園などの施設もある複合施設です。7月上旬にはホタル観賞のイベントが開催され、2000匹のホタルが設置されたドーム内に放たれます。鑑賞できるホタルは自然に育ったヘイケボタルです。

鑑賞料は無料ですが、鑑賞できる人は抽選によって決められます。鑑賞を希望される方は往復はがきに必要事項を記入して申し込みをしましょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 荒川自然公園
  • ・住所: 荒川区荒川八丁目25番3号
  • ・アクセス: 都電荒川線「荒川二丁目」下車徒歩1分
  • ・電話番号: 03-3803-4042
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 7月上旬
  • ・公式サイトURL: http://arakawasizen-koen.com/


東京の蛍鑑賞スポットはいかがだったでしょうか。東京という都会であっても夏の風物詩に触れることができます。都会の喧騒から離れてホタルの幻想的な光に包まれることで、日頃の疲れを癒やして心をリフレッシュしてください。

素材提供:トリップアドバイザー
DMCA.com Protection Status