ぷらっとこだまで得する20のまとめ。旅行やビジネスに活用しよう!

Masashi Yanagiya


ぷらっとこだまを知ってますか?これは、いくつか制限がありますが、東海道新幹線を割安に利用できるしくみです。旅行やビジネスなど様々なシーンでJR東海の新幹線を利用する方は多いと思いますが、そんな人がこれを知らないとぜったい損をすることになりますよ。さらにいつでも空席状況を確認できるなど、便利な機能がいっぱいあります。詳しくまとめたので、是非ご覧ください♪いずれも、目からうろこがポロポロ落ちる情報ばかりですよ。


1.ぷらっとこだまの申し込み方法

「ぷらっとこだま」は3通りの申し込み方法があります。ぷらっとこだまは、JR東海ツアーズの企画旅行商品のため、みどりの窓口ではお申込みできませんのでご注意くださいね。では早速、申し込み方法を見てみましょう。

家にネットがない人でも簡単に申込が出来るので、お年寄りの方にも簡単です。3通りの方法を知らない人は今すぐチェック!ここで申し込み方法を確認してサクッと申し込みをして旅行の計画を立てちゃいましょう。

インターネット

24時間お好きな時間に、ご希望列車の空席状況をリアルタイムで表示し、その場で即予約ができます。(予約可能時間は5:30から23:30まで)

お申し込みの流れ
①先ずはe-ぷらっとネット会員登録から、会員登録をして下さい。(登録無料)
②e-ぷらっとネットにログインして、「ぷらっとこだま」を申し込みます。ご利用代金の決済はご本人名義のクレジットカードにて行います。
③e-ぷらっとネット(送料200円)で後日、自宅にチケットが届きます。

「ぷらっとこだま」は、JR東海ツアーズの企画旅行商品なので、JR東海のWebサイトにはリンクがありません。JR東海ツアーズのWebサイトにはリンクがあるので、こちらからはアクセスできます。なお、インターネットで申し込みしたチケットをJR東海ツアーズの東京支店で受け取れるサービスもあります。

電話

ぷらっとこだまセンター(0120-945-255)からお申込みができます。携帯電話・IP電話からは(03-6865-5255)へどうぞ。

●営業時間は10:00~18:00まで。
●クーポン受け取り方法→お近くの支店でのお受取り、もしくは宅配(送料350円がかかります)。
●支払はクレジットカード、銀行振り込み、コンビニエンスストア支払から選べます

電話で申し込みした場合、受け取り方法で申し込み締切日が変わるので注意してください。また、支店で受け取ることにした場合、その支店を別の支店には変更できません。JR東海ツアーズの支店は、東京都内では東海道新幹線の駅等の限られた駅にしか無いので、どの支店で受け取るかも注意してくださいね。

JTB各店・JTB総合提携店

通勤・通学に立ち寄りやすい駅の中にある、全29支店(2015年7月現在)のどのお店からでも、お申込み・お受取りが可能です。

●Webで申し込めないお得なツアーが満載!旅行の相談や手配まで、きめ細かいサービスも受けれます。

「ぷらっとこだま」は、JR東海ツアーズの企画旅行商品ですから、JTBでは旅行プランの1つとして取扱いします。そのため、幾つか制限があります。JTB各店では、電話での空席紹介・申し込み・販売ができません。必ず来店して申し込みしてください。また、取り消ししたい場合も、必ず来店して手続きしてください。

2.チケットは何日前から買える?

インターネット(ぷらっとネット)→ 1ヵ月前(前月の同じ日)の11時から出発5日前まで。

電話→1ヵ月前(前月の同じ日)から、ご来店でのお受け取りの場合出発の2日前(休業日を除きます)まで。宅配の場合、出発の6日前まで(お申し込み日締め切り)。電話申し込みの場合、大晦日から正月三が日の4日間は休みになるので、ご注意ください。

JTB各店・JTB総合提携店→1ヵ月前(前月の同じ日)から、出発前日まで。郵送する時間に余裕が無い方の場合、JTB各店・JTB総合提携店での購入が最短でチケットを受け取る方法になります。JTB各店・JTB総合提携店一覧はコチラ。インターネットでの購入では、クレジットカードのみの支払いになりますが、JTB各店・JTB総合提携店でしたら現金でも購入可能です。

「ぷらっとこだま」は、切符ではなく募集型企画旅行商品のため、利用日の前日までに購入する必要があります。さらに、購入後に乗る便の変更はできません。予約を変更する場合は、一旦キャンセルすることになります。なお、利用日の10日前以降はキャンセル料が発生するので注意してください。

急な旅行計画なら店舗に行った方が前日までチケットの購入が可能なので便利ですよね。しかも駅近なお店が多いので行きやすいのも嬉しいです。他の情報もスタッフから聞き出せるチャンスかもしれないので店舗に行ってみるのもアリかも?

3.ぷらっとこだまの7ヵ所の発着駅

ぷらっとこだまは「発着駅が限定されています」。発着は、東京・品川、新横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪のみになっており、この他の駅発着のプランはありません。乗・下車ともに、これらの発着駅からのみになります。

乗車できる駅は、チケットに記載されている駅だけです。さらに「ぷらっとこだま」は切符ではないので、途中下車もできません。しかも、JR東海の新幹線専用改札口からしかホームに入れないなど、確認すべき注意事項がたくさんあります。下にまとめてあるので、利用する前に必ずチェックしておいてください。

どこからでも乗れて降りれるわけではないので便利というわけではないですが、ぷらっとこだまは格安でチケットが購入できるのでやはりお得ですし利用している人も多いでしょう。注意事項をしっかり分かれば使いやすくなると思うのでちゃんと確認をしてぷらっとこだまを利用しましょう。

4.プラン

「ぷらっとこだま」には、普通車指定席プランと、グリーン車指定席プランがあり、どちらも全席指定席の商品になっています。(自由席不可)。

普通車指定席プラン

普通車の指定席を取るプランです。ぷらっとこだまは、細かい席の指定はできませんが、「窓側」・「通路側」の選択は可能です。

e-ぷらっとネットを使用すると、予約の埋まり具合が「○」「△」「×」といった表示で説明され、残り席数が少なくなると「□席」といったように席数が表示されます。

「ぷらっとこだま」は、実は販売できる席数に制限があります。そのため、JR東海の予約状況で指定席に空きがあったとしても、「ぷらっとこだま」は満席なんてこともあります。また、こだまの特定の車両が「ぷらっとこだま」用に用意されているので、その車両だけ人が多い、なんてこともあるようです。

グリーン車指定席プラン

グリーン車の指定席を取るプランです。グリーン車指定席プランも、普通車指定席プランと同じく、細かい席の指定はできませんが、同じく「窓側」・「通路側」の選択は可能です。

予約の埋まり具合も、普通車指定席プランと同じように表示されます。混雑が予想される繁忙期は、グリーン車指定席プランのほうが、比較的予約がしやすくなっています。

どちらのプランも、席の移動はできませんのでご注意くださいね。

こだまは、ひかりなどに抜かれていくので意外と駅に停車していることも多く、余計に時間がかかるようです。なのでゆったりした席で寛いで過ごせるグリーン席は狙い目です。特にこだまは、グリーン席利用者が少なめで乗り降りする人も少ないことから落ち着けますよ。

全席指定席ならシートがないということがないので安心ですよね。チケットを買う際にはしっかりと人数分の席を申し込んでおきましょう!景色を楽しみたい人は、窓際の席にすることを忘れないようにしてくださいね!

5.参考価格

「ぷらっとこだま」の価格は、通常期価格と繁忙期価格の2種類が用意されています。どちらも、通常の乗車料金よりずっとお得な価格設定です。

通常期

乗車料金が最大(東京・品川↔新大阪)で3840円もお得になる、「ぷらっとこだま」。距離の近い(東京↔静岡)でも、1680円もお得になっちゃうんです!詳しい料金設定はこちらをご覧くださいね。

たいへんお得な「ぷらっとこだま」には、子供料金が設定されています。ただし、切符ではないので、大人の半額ではありません。それでも、切符を買うよりは安くすみます。なお、「ぷらっとこだま」を使った場合、15才以下の子供が1人で乗ることができないので注意してください。

繁盛記

繁忙期でも、もちろんお得に東海新幹線に乗車できる「ぷらっとこだま」(東京・品川↔新大阪)で2540円もお得になるのは嬉しいですね!繁忙期の移動も、ぷらっとこだまの利用がオススメです。詳しい料金設定はこちらをご覧ください。

繁盛記の子供料金は、通常期と同じ金額で良心的です。家族で新幹線を使い旅行すると家族全員分の旅費は結構な出費になります。こんなとき、お得に乗れる「ぷらっとこだま」は賢い選択だと思いますよ。なお、15才から20才未満の高校生や大学生が休みを使って1人で利用する場合、保護者の同意書が必要です。

ぷらっとこだまならどんな時でもお得に乗れちゃうのが嬉しいサービスです。家族旅行や卒業旅行、恋人との旅行などいろんな時に使ってみましょう。ビジネスにももちろん使えるので出張が多い人などもチェックしてみてはどうでしょうか。

6.お得なポイント

東海道新幹線がお得

空席有りなら、前日まで予約が可能で、最大3840円もお得に東海道新幹線に乗車できる「ぷらっとこだま」。その安さは、何と学割を使って新幹線のチケットを買うよりも、ずっとお得なんですよ!何かと出費の多い社会人の方にも、とっても嬉しい商品ですね。

そうは言っても数に限りがあり、売り切れ(満席)になることもあります。特に、「名古屋」から「大阪」方面の便では、よく満席になるようです。350mlのビールも引換可能な1ドリンク引換券も付いているので、新幹線をよく利用する人に人気の「ぷらっとこだま」を、ぜひ利用してみてください。

グリーン車もお得

普通車の指定席プランに、1,000~1,500円をプラスするだけで、利用できる、とってもお得なグリーン車指定席プラン。東京・品川~名古屋までが1,000円プラス、東京・品川~新大阪までが1,500円で利用できますので、敷居が高いと感じていた人も、この機会にグリーン車に乗車してみませんか?

大人1名より出発保障

「ぷらっとこだま」は企画旅行ツアーという位置付けですが、他のツアーのよう「最小催行人数〇名から」などと言うことはありません。
大人1名より出発保証されていますので、安心してくださいね。添乗員さんは同行しませんので悪しからず。

こだま号が自由に選べる

こんなにお得に乗車できるんだから、人気の無い時間のみの販売なんじゃないか?と思っていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。時期・曜日等に差はあるものの、豊富な時間帯の中から、セレクトできますよ♪

空席情報はこちらをご覧ください。

1ドリンク引換券付き

「ぷらっとこだま」で乗車券を購入すると1ドリンク引換券が貰えます。ステッカー表示のある東海道新幹線(東京~新大阪)の駅売店で交換できる券になっていて、630ml以下のソフトドリンク(栄養ドリンクを除く)、350ml以下の缶ビール(300円以下)、酎ハイのいずれか1本と引き換えができます。

また、「1ドリンク引換券+150円」でワイン(赤または白・187ml)1本と引き換えも可。お得に乗車できて、プレゼントも貰えて・・・ウレシイことだらけですね♪

車内での交換は出来ませんのでご注意ください。

お得にチケットが買えるだけでなく乗った時にもお得なサービスがあるなんてこれは「ぷらっとこだま」を使うしかないのでは?今まで知らなかった人は是非これを機会に使ってみてはどうでしょうか。きっと愛用すること間違いなしです。

7.ぷらっとこだまの注意点

お得なサービスがいっぱいの「ぷらっとこだま」ですが注意点がいくつかありますので、ご確認くださいね。

途中下車ができません。「ぷらっとこだま」は企画旅行ツアーという位置づけのため、決まった駅で乗車し、決まった駅で下車しなくてはいけません。別の駅で下車した場合、JRから正規の乗車料金を請求されてしまいます。

途中乗車もできません。券面に記載された発駅以外の駅から乗車しようとした場合、改札が通れず駅員さんに、止められてしまうことになります。

乗り遅れた場合、紙切れになってしまいます。通常のJRの指定席券の場合は、乗り遅れてしまっても後発の「こだま」の自由席なら乗車が可能ですが、「ぷらっとこだま」の場合はそういうわけにはいきません。
乗り遅れるとそのツアー自体が無効になり、乗車ができなくなります。JR線接続列車が遅延したことによる遅延証明書がある場合は、後日払い戻し可能ですが、JRバスの遅延の場合は、遅延照明があっても払い戻しは受けられません。

のぞみより遅いことを理解しておきましょう。当然、こだまは新幹線の各駅停車タイプのため、のぞみよりは時間がかかります。

せっかく購入したチケットで、悲しい思いをしないためにも、くれぐれも気を付けて「ぷらっとこだま」を利用してくださいね。

乗り放題、降り放題というわけではないですが、注意事項を守ればかなり使いやすくお得なチケットではないでしょうか。家族旅行など人数が多い場合だと出費が気になると思いますが、ぷらっとこだまなら割安になるので使ってみる価値はあると思います。しっかり計画をしてゆっくりと旅行を楽しみたい人にオススメです。


ぷらっとこだまの良さ、解って頂けましたでしょうか?実は、東海道新幹線は、割引や格安チケットが少ないんですよ。その少ない中でも、このチケットは抜群の割引が受けられるので、とってもお得なんです。しかも、空席の確認までできるし。でも、安い分デメリットもあるので、それをちゃんと確認して使ってくださいね。特に、こだまは後発の、のぞみやひかりの通過待ちなどがあるので、余計に時間がかかるようです。とわいえ、こんな便利なものを使わない手はありません。ぜひ、うまく活用してみてください。
DMCA.com Protection Status