浜名湖の名物21選をご紹介!定番のうなぎパイや変わり種まで。

TAKA@P.P.R.S

静岡名物と言えば東には富士山、そして西には観光名所の浜名湖があります。実はこのエリアには、食べて嬉しい、もらって嬉しいお土産がたくさんあるって知ってましたか?今回は誰もが知っている定番ものから、知る人ぞ知るちょっと粋なものまで、特にオススメの21個をご紹介。鰻重やうなぎパイだけじゃなくてこんなのもあるんだ!と新しい発見があるはずです。家庭や職場で話題になること間違いなし!旅の記念に自分用に買うのもいいですね♪


1.浜名湖といったら名物「うなぎ」

浜名湖と言ったら「うなぎ」なくして語れません。浜名湖のある浜松市には、「うなぎ」の有名店が軒を連ねています。

静岡県の浜名湖や天竜川は、古来よりうなぎの一大産地として知られています。日本で初めてうなぎの養殖をした場所は浜名湖で、明治時代より開始されています。以後浜名湖周辺では、うなぎの養殖が盛んになりました。温暖な気候であり、地下水にも恵まれ、うなぎの餌も豊富だったことが、「浜名湖ウナギ」を生み出したともいえます。そうして育てた鰻を仕入れて、調理してお客さんに出すお店が浜名湖周辺にはたくさんあります。

炭焼きうなぎ「清水家」

地元の人のみならず全国的にも有名なのだとか。開店の11時にはすでに満席なんてことも珍しくないそうです。備長炭で丹念に焼き上げ、自家製のタレをかけたうなぎは絶品です。

ふっくらとしたうなぎの味わいがたまりません!

清水家では、三代にわたって続いている「こだわりの味」をいつもお客さんに出せるように、一匹ずつ個性を持っているうなぎを見極めて、焼き加減を微妙に変えています。そうして焼き上げたうなぎに濃い目の甘辛タレを絡め、最高の味わいをつくりあげているのです。うなぎを美味しく食べられるようにと、お店の中は木の温もりがほっこり感じとれるようなつくりになっています。先代が収集したという絵も店内には数多く飾られています。
出典:http://toma.wa-syo-ku.com/Entry/1068/

■ 基本情報

  • ・名称: 炭焼きうなぎ「清水家」
  • ・住所: 浜松市北区細江町気賀238-2
  • ・営業時間: 11:00~18:00(売り切れ次第終了)
  • ・定休日: 水曜日(月1回連休)、年末年始
  • ・電話番号: 053-522-0063
  • ・料金: ・うな重 2700円 ・うな丼 2250円 ・持ち帰り用 みやげ蒲焼 2200円 ・持ち帰り用 うなぎ弁当 2250円~
  • ・公式サイトURL: http://shimizuya-unagi.com/



うなぎ料理専門店「曳馬野」(ひくまの)

昭和40年創業の老舗です。浜名湖や天竜川の天然うなぎを取り扱っており、静岡県の地酒も豊富に取り揃えています。

名物の「うなぎ尽くしコース」では、「うなぎ料理ってこんなにあったのか!」と思うくらいに、様々なうなぎ料理が凝縮されています。コース料理の内容には、うなぎ料理が三種出てきます。内容はきもわさ、きもポン、そしてみそうなぎ。さらに「うなぎボーン (うなぎの骨せんべい)」、「うまき」、「うざく」、「肝焼き」、「白焼き」、「うなぎの柳川」、「うなぎの肝のアヒージョ」、さらにうな重(または 鰻のまぶし)に至るまで、まさしくうなぎ尽くしな体験ができます。
出典:http://r.gnavi.co.jp/n974200/lunch/

■ 基本情報

  • ・名称: 曳馬野
  • ・住所: 静岡県浜松市中区田町322-3
  • ・営業時間: 11:30~14:00 17:00~20:00
  • ・定休日: 水曜日
  • ・電話番号: 053-452-3544
  • ・料金: ・柳川膳 1100円  ・昼まぶし 1480円 ・昼どん 1880円
  • ・公式サイトURL: http://www.unagiya.info/


うなぎ大嶋 

幻のうなぎと言われる「共水うなぎ」を使用しているお店です。自家製の秘伝のたれにつけこんでいただくうなぎの味は絶品です!

関東では主流といえる「江戸前焼き」と呼ばれる焼き方をとっています。中はふっくらと旨味が凝縮され表面は香ばしく仕上がっています。熟練の技法に焼き技術こそが、幻のうなぎを至高の料理へと昇華させるのです。うなぎは一匹一匹丁寧に手でさばいています。限りなく速くさばくことで、焼きに至るまでの時間を短縮。これは長年うなぎと向きあう経験を経てきた職人でしか成しえないといいます。
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tantaka_takahiro/9804584.html

■ 基本情報

  • ・名称: うなぎ大嶋
  • ・住所: 静岡県浜松市南区東若林町645
  • ・営業時間: 11:30~14:00(土・日・祝は14:30まで) /17:00~20:00
  • ・定休日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
  • ・電話番号: 053-447-3656
  • ・料金: ・うな重(上)吸い物、香の物、甘味 3800円 ・共水まぶし茶漬け 香の物、甘味 3500円 ・ミニうな丼 1700円
  • ・公式サイトURL: http://www.umaiunagiya.net/

2.お菓子のお土産といえば「うなぎパイ」

出典:http://pie.at.webry.info/200507/article_10.html

鉄板土産の春華堂「うなぎパイ」、「夜のお菓子」というフレーズがなんともムフフ…な感じですが、「一家団欒の際にお召し上がりください」という意味で付けられた キャッチフレーズなんですよ(^^♪

ちなみに、うなぎパイが開発されたのは、昭和36年。春華堂は開発に際し、フランスの洋菓子である「パルミエ」を参考にしていたといいます。このころ、東海道新幹線や東名高速道路が開通するなど交通網が充実してきたため、数年間で年間700万本の売り上げを達成。まさしく「うなぎのぼり」の売り上げ増となったそうです。まったく飽きが来ない味と、人を選ばないことからお土産としては最適なお菓子と言えるでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 春華堂
  • ・住所: 静岡県浜松市中区鍛冶町321-10
  • ・営業時間: 月~木、日曜 10:00~20:00/金、土曜 10:00~21:00
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 053-453-7100
  • ・料金: ・夜のお菓子「うなぎパイ」 12本入り891円より ・真夜中のお菓子「うなぎパイV.S.O.P.」 5本入り891円より  ・夜のお菓子「うなぎパイナッツ入り」 8本入り831円より
    ・夜のお菓子「うなぎパイミニ」(ミニ8本入り ナッツ、はちみつ入り) 648円  ・昼のお菓子「しらすパイ」甘口、辛口(わさび) 8枚入り 432円より
  • ・公式サイトURL: http://www.shunkado.co.jp/

うなぎにちなんだお菓子は「うなぎパイ」の他にもまだまだありますよ!

うなぎんぼ(菓子工房 どりあん)

白あん入りソフトクッキーをパイで包んだうなぎ形のお菓子です。浜松土産の新定番になっています。

パイで白あんがはいったソフトクッキーを包みこみ、1本1本を丁寧に焼き上げています。うなぎのお菓子ということで、しっかりうなぎエキスが入っています。ネーミングはうなぎの愛らしいイメージということで、コクとしっとりした舌触りが上品な甘味と相まって評判を呼んでいます。6本入りで540円、12本入りで1150円というお値段です。7本入りと18本入りバージョンもあります。 出典:http://blogs.yahoo.co.jp/stw_dorian/25829372.html


うなぎのぼり

運気上昇、縁起の浜松銘菓、かぼちゃあんと皮むきあんのパイです。

北海道厳選小豆を、独自な皮むき餡に仕上げて、バターの香りがするパイでくるんだおかしです。「皮むきあん」と「かぼちゃあん」の2パターンがあります。運気上昇というキャッチが入っていますが、これは食べた人の業績向上や学力向上、体力向上などを願って作り上げているそうです。お値段は、8個入りで1265円、24個入りだと3768円です。
http://furusato-souhonke.jp/?pid=1624065

■ 基本情報

  • ・名称: 菓匠ふる里総本家本店
  • ・住所: 静岡県浜松市中区佐鳴台6丁目6-6
  • ・営業時間:9:30~18:30 
  • ・電話番号: 053-448-9121
  • ・料金: 8個入り1265円
  • ・公式サイトURL: http://furusato-souhonke.jp/

3.ハートの形のサクサクパイ「源氏パイ」

出典:http://blog.livedoor.jp/kanzanji_info/archives/2013-01.html?p=5

ハートの形をした「源氏パイ」は「チョコバット」でも有名な地元浜松のお菓子メーカー「三立製菓」さんが作りました。スーパーなどでも見たことある方も多いのでは?源氏パイのこのハートの形は実は型などを使っていないそう。この形はオーブンで焼くと、自然に膨張してできるのだそう。だから様々な形の「ハート」があるのだそうですよ。

最近では静岡限定の「源氏パイ」もあるんです。それは音楽の街浜松にちなんだ… 「ピアノブラック(チョコレート)」「ピアノブラウン(メイプル)」 20枚入り・600円です。ブラックはチョコレートが、ブラウンはメープルシュガーが練りこまれています。お土産にしたらきっと喜ばれますよ♪

4.フルーツ狩りもいろいろ楽しめるけれどやっぱり「三ヶ日みかん」

いちご、さくらんぼ、ぶどうなどいろんな種類のフルーツ狩りが楽しめますが、中でも浜名湖周辺で穫れる「三ヶ日みかん」が有名です。三ヶ日町は、静岡県西部の浜名湖に臨むエリアの町です。 三ヶ日みかんの代表品種「青島」の特徴は糖度が高く、独特の食味と大きく扁平な形です。 

「みかん工房」では、三ケ日みかん、みかんの加工品を製造販売しています。喫茶「禄盟館」では、みかん関連のメニューや特製オリジナルカレーが人気です。 濃厚な三ヶ日みかんジュース。とっても新鮮です♪ 手作りシロップ!三ヶ日みかんカキ氷は380円で食べられます。 禄盟カレーも380円!

三ヶ日でのみかん栽培の歴史は250年にのぼり、町内では多くの農家がみかん園を経営しています。みかん工房は、ここで採れた三ケ日みかんを使った様々な商品を売っています。もちろん、「季節限定」や数量に限定があるものが多いですが、こだわって作り上げた商品を提供しています。2015年はみかん収穫量が例年に比べて不作だったので、2016年の三ヶ日みかん提供分が終了しています。

■ 基本情報

  • ・名称: みかん工房
  • ・住所:静岡県浜松市北区三ヶ日町三ケ日276-1  
  • ・営業時間: 10:00~16:00
  • ・定休日: 日曜日
  • ・電話番号:053-524-4155 
  • ・公式サイトURL:http://www.mikan-kobo.com/
DMCA.com Protection Status