石垣島で観光するときに絶対に行きたいスポット8選!

石垣島を観光するとき、意外とどこに行こうか迷ってしまいますよね?沖縄県内では、沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島として知られているこちらは、それだけ広大な場所なので自然であふれている所がたくさんあるんです。今回は旅行できたときは絶対に訪れておきたい、都会では味わえない開放感を感じることができる所を、島内最大の石垣島鍾乳洞をはじめ、たくさんご紹介します。これで実際に訪問したときに迷うことはありませんね!


1.黒真珠の養殖で有名な「川平湾」

美しいコバルトブルーの湾が美しい川平湾は、石垣島を代表する観光スポットです。

http://diver-hana-cameraman.blog.so-net.ne.jp/archive/c30293-2

残念ながら湾内では遊泳することはできませんが、訪れる時間によって変わる美しい湾の様子は見る者の目を奪います。

http://umigame44.ti-da.net/e3152294.html

サンセットも見事で、大変美しいです。

川平湾は石垣島の北西部に位置しており、「川平湾及び於茂登岳」として国の名勝に指定されている湾です。また「訪れる時間によって変わる」と先述しましたが、これは光の加減や潮の満ち引きによって湾の色が変わっていくからなんです。その風景があまりにも幻想的で、石垣島の代表的な景勝地となっているんです。

http://mayagusukutour.asablo.jp/blog/2013/09/16/6983316

■ 基本情報

  • ・名称: 川平湾
  • ・住所: 沖縄県石垣市
  • ・アクセス: 市内からタクシー・レンタカーで25分
  • ・電話番号: 0980–82–1535
  • ・参考サイトURL: http://www.ishigaki-navi.net/si_kabirawan.html

2.石垣島最大の鍾乳洞!「石垣島鍾乳洞」

http://blogs.yahoo.co.jp/robin_scottt/33660873.html

石垣島最大の規模を誇る鍾乳洞が、石垣島鍾乳洞になります。

http://kanpro-gasfan.net/2014/06/18/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%A…

洞窟内にはダイナミックな鍾乳洞が幻想的にライトアップされています。一年を通じて涼しいのも石垣島鍾乳洞の魅力!

約20万年という気が遠くなるような長い年月をかけてサンゴ礁から誕生したと言われています。全長は約3.2kmほどありますが、公開されているのは約600mほどです。また、シャコ貝の化石が見られることから昔は海底だったことが推察されます。サンゴ礁から生まれた鍾乳石が溶け出し、さらに新たなサンゴ礁をつくるのだそう。

■ 基本情報

  • ・名称: 石垣島鍾乳洞
  • ・住所: 沖縄県石垣市石垣1666
  • ・アクセス:市内から車で約8分
  • ・営業時間:9:00~18:30、食堂は10:00~17:00、売店は9:00~18:00
  • ・定休日:無休
  • ・電話:0980–83–1550
  • ・料金:大人1080円 小人(4歳~中学生まで)540円
  • ・公式サイトURL: http://www.ishigaki-cave.com/

3.通り抜けると海!「伊原間サビチ洞」

http://blog.livedoor.jp/a26z3594/archives/51823180.html

日本全国に鍾乳洞は存在しますが、伊原間サビチ洞は鍾乳洞を通り抜けると海にたどり着く、一風変わった鍾乳洞になります。

http://www.lv32.com/jp-isigadou.html

本格的な鍾乳洞が見られ…

http://blog.goo.ne.jp/faure64/c/36b7944e78846ee41d6523956300fe27

その先にはコバルトブルーの海が!

海に通り抜けることができる鍾乳洞というのは国内でも唯一なんですよ。 3億7000年前に発生した海底隆起により出来たと言われています。内部には八重山の焼き物が展示されています。また、入り口付近にある「大うなぎの池」には体長1m以上にもなる巨大なウナギが生息しているほか、洞窟内にはコウモリがいるようなので苦手な方は注意して下さい。

■ 基本情報

  • ・名称: 伊原間サビチ洞
  • ・住所: 石垣市伊原間185–44
  • ・アクセス: 石垣市役所から車で約45分
  • ・営業時間: 9:00~18:00
  • ・定休日:年中無休
  • ・電話番号: 0980–89–2121
  • ・料金: 大人/700円、小人/350円
  • ・参考サイト:http://www.odnsym.com/isigakijima/ibarumasabitidou.html

4.石垣島随一の絶景!「玉取崎展望台」

http://homepage3.nifty.com/0629/wall_1024.html

石垣島の東側の海岸を一望することができる展望台が、玉取崎展望台になります。

http://homepage3.nifty.com/0629/wall_1024.html

展望台に続く道にはハイビスカスが咲き誇り、南国情緒あふれる場所としても知られています。

http://okista.net/?p=8081

展望台ではユックリとした南国の時間を楽しめます。

とても国内とは思えない楽園のような清々しい自然の景色を堪能することができます。市街から少し離れますが、それでもわざわざ行く価値ありですよ。ドライビングスポットとしてもオススメです。近くにはレストランもあります。また、野生かペットなのか不明ですが運が良ければウサギを見ることもできるそうです。

http://homepage3.nifty.com/0629/wall_1024.html

■ 基本情報

  • ・名称: 玉取崎展望台
  • ・住所: 沖縄県石垣市字伊原間
  • ・アクセス: 市街地から車で40分
  • ・電話番号: 0980–82–1535
  • ・参考サイト:http://www.ishigaki-navi.net/si_tamatori.html

5.ダイナミックな岬にそびえ立つ「御神崎灯台」

http://jaima.net/modules/guide5/content/index.php?id=18

石垣島の断崖絶壁にそびえ立つ灯台が、御神崎灯台です。

http://kanpro-gasfan.net/2014/06/18/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%A…

灯台からは石垣島の海を大パノラマで楽しむことができます。地平線まで続くコバルトブルーの海だけでなく、岸壁が連なる壮大な光景も広がります。

こちらの灯台は石垣島の最西端に位置しています。吸い込まれそうなほど広く青い海と空、荒々しい岩肌とそこに自生する草花の爽やかな風景は心を癒やしてくれます。春には真っ白なテッポウユリやピンクのヒルサザキツキミソウが咲き乱れ、色鮮やかに一帯を彩ります。日中も素敵なのですが、サンセットも美しいと評判です。

http://kanpro-gasfan.net/2014/06/18/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%A…

http://itstour-rito.seesaa.net/

■ 基本情報

  • ・名称: 御神崎灯台
  • ・住所: 沖縄県石垣市崎枝
  • ・アクセス:市内から車で25分
  • ・電話番号: 0980–82–2809
  • ・料金・営業時間:見学自由
  • ・公式サイトURL: http://www.ishigaki-navi.net/si_uganzaki.html

6.石垣島を代表するビーチ!「米原ビーチ」

http://blogs.yahoo.co.jp/okinawablog/folder/1360925.html?m=lc&p;=5

石垣島で最も人気を集めるビーチが米原ビーチです。 石垣島ならではの澄んだ海が美しい南国ならではのビーチです。そのためダイビングではなく、シュノーケリングで潜るだけでも熱帯魚たちが泳ぐ幻想的な世界を見ることができます。

ただし、管理されているビーチではなく監視員もいません。ダイビングやシュノーケリングを楽しむのは自己責任なので注意してください。穏やかな海に見えますが離岸流なども発生するそうなので大変危険です。駐車場には危険なスポットを示した案内板が設置されていますので、海に入る前に必ずチェックしましょう。

http://rinpana.com/blog/2012/06/12482

■ 基本情報

  • ・名称: 米原ビーチ
  • ・住所: 沖縄県石垣市米原
  • ・アクセス:市街地から車で30分
  • ・電話番号:0980–82–2809
  • ・参考サイト:http://www.churashima.net/shima/special/beach/yaeyama/yonehara/

7.WWFが創設した「しらほサンゴ村」

http://0susowake.com/ishigakiisland-coral-village.html

国際自然保護連合(WWF)によってた南西諸島の生物多様性を保全するために作られた施設が、「しらほサンゴ村」になります。

http://aotohdai.blog.fc2.com/blog-entry-101.html

世界で最古であり最大のサンゴ礁が見られるこの地域一帯のサンゴの生態などが見られます。

http://okinahours.com/sp/feature/winter/01.html

日曜日に開催される「白保日曜市」ではカナッパの葉の上に料理を盛り付けた珍しい「カナッパ弁当」を食べることもできます。

サンゴ礁は国内には400種ほど存在していると言われていますが、そのうちのおよそ9割が沖縄県内、さらにそのうち120種ほどがこの白保の海に生息しているそうです。この「そらほサンゴ村」ではサンゴを始めとする海洋生物の保護のほか、研究調査・啓発活動・交流会など様々な活動を行われています。環境問題について考えさせられます。

■ 基本情報

  • ・名称: しらほサンゴ村
  • ・住所: 沖縄県石垣市白保118
  • ・アクセス:空港から車で10分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 水曜日
  • ・電話番号: 0980-84-4135
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.wwf.or.jp/activities/nature/cat1153/cat1187/cat1588/

8. バンナ公園

バンナ岳全域を利用してつくられた森林公園がバンナ公園になります。展望台や遊具など5つのゾーンから構成されているエンターテイメント性あふれる公園でもあります。

公園のシンボルとなる展望台からは石垣島の市街地も見渡すことができます。

バンナ岳は石垣島の中央に位置しており、標高約230mほどになります。「海を一望することができる山公園」として人気なんですよ。展望台は園内に3ヶ所設置されています。他にも自然植物園・水鳥や渡り鳥の観察所・アスレチック広場・ローラースケート場などがあり、お子さんがのびのびと遊ぶことが出来ますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: バンナ公園
  • ・住所: 沖縄県石垣市登野城2241–1ほか
  • ・アクセス:空港から車で15分
  • ・定休日: 通年無休
  • ・電話番号: 0980–82–6993
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.banna7.com/

石垣島の観光スポットを紹介いたしました。ここは様々な生態系や自然が息づく場所なので、石垣島鍾乳洞などの美しい絶景がたくさんできるのかもしれませんね。もちろん、今回ご紹介したところ意外にも様々な見所が存在するため、短期間じゃまわりきれないかもしれませんね。 実際に目で見てみて、自然豊かな場所を全身で感じ、ぜひ癒しの時間を楽しんでみてください。ですが、あまり長居してしまうと帰りたくなくなっちゃうかもしれませんので注意してくださいね!

素材提供:トリップアドバイザー

DMCA.com Protection Status