水族館ランキングTOP20。国内の人気スポットをトリップアドバイザーが厳選!

Kentaro Ohno

水族館ってあちこちにありませんか?それもそのはず、日本は人口に対するその数の割合が世界一高いと言われているんですよ!そこで今回は、世界38か国をまたにかけて運営され年間1億5000万件以上もの口コミを誇る巨大旅行コミュニティーサイト、トリップアドバイザーが選んだ2013年の人気ランキングTOP20をご紹介。実際に訪れた人の情報ほど確かで有難い物はありませんよね☆お出かけ前に是非チェックしてみてください!

≪第1位≫ 沖縄美ら海水族館

海洋博公園にある人気スポット、「沖縄美ら海水族館」が2013年度の1位に輝きました!ジンベエザメやナンヨウマンタの複数飼育、800ものサンゴ群。ここでしか見られない展示が盛りだくさんです。

ジンベエザメやナンヨウマンタが連れ立って泳ぐ姿を見られるのは、美ら海水族館だけ!

http://oki-churaumi.jp/info/blogs/archives/date/2008/03

美しく水中を彩るサンゴの大規模飼育は、なんと世界初!

開館当初は世界最大規模を誇ったという日本を代表する水族館です。写真をご覧のとおり、こちらの水族館では3尾のジンベイザメを飼育されています。ジンベイザメの複数飼育は困難とされており、国内ではここだけ、世界でも数えるほどしかないんですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 沖縄美ら海水族館
  • ・住所: 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
  • ・アクセス: 那覇空港から車で約2時間(高速道路利用)バス(高速バス使用)で約3時間
  • ・営業時間: 2~10月 8:30~18:30 3~9月 8:30~20:00 多客日 8:30~19:30
  • ・定休日: 12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
  • ・電話番号: 0980–48–3740
  • ・料金: 大人1,850円、高校生1,230円、小中学生610円 ※6歳未満は無料
  • ・公式サイトURL:http://oki-churaumi.jp/

≪第2位≫ アクアマリンふくしま

ガラスでキラキラと輝く外観が印象的な建物、「アクアマリンふくしま」。動物だけではなく植物も豊富に展示され、水辺の生態系に触れて、見て、体験できる水族館です。黒潮と親潮を表現した2つの巨大水槽「潮目の海」の中心には三角トンネルがあり、海中散歩さながら中を通り抜けられます。

http://minkara.carview.co.jp/userid/252016/spot/540002/

「バックヤードツアー」「蛇の目ビーチ」「アクアマリンえっぐ」もおススメ。蛇の目ビーチでは、裸足で海の生き物を探してみよう!

http://www.marine.fks.ed.jp/smp/exhibition/exhibit12-jyanome-beach.html

海の生物たちがぐっと身近に感じられる体験ができますよ♪

このほか、磯遊び・釣り・生き物観察を楽しめるキッズプログラムや普段は立ち入ることが出来ないバックヤードツアー、魚を調理して頂くワークショップなど、さまざまな体験イベントが開催されています。公式サイトで情報とチェックしてみてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称: アクアマリンふくしま
  • ・住所: 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
  • ・アクセス: JR常磐線泉駅より、路線バス(小名浜・江名 方面行き)で約15分 支所入口停留所で下車、徒歩約10分
  • ・営業時間: 9:00~17:30(12/1~3/20は~17:00)
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0246–73–2525
  • ・料金: 大人1,600円、小・中・高校生800円、未就学児 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.marine.fks.ed.jp/index.htm

≪第3位≫ 世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

他の水族館では脇役に追いやられがちな淡水魚を主役とし、その見せ方にもこだわりぬいているのが「アクア・トトぎふ」。メコンオオナマズやピラルクの大迫力に驚いたり、長良川のイワナやオオサンショウウオをじっくり観察してみたり。淡水魚好きもそうでない人も楽しめてしまう水族館です♪

太古の姿を現代に伝えるオオサンショウウオに、ロマンを感じます。

http://nisikoo.co.jp/?p=711

アシカショーや カピパラのエサやり体験も人気イベントですよ!

淡水魚に特化した水族館としては世界最大級の規模を誇り、木曽三川や長良川を中心に国内外の淡水魚を260種28,500点ほど飼育・展示されています。また、こちらでもさまざまなイベント・体験プログラムが開催されており、小学生限定で館内にお泊りできるナイトツアーもありますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 岐阜県世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ
  • ・住所: 岐阜県各務原市川島笠田町1453
  • ・アクセス:川島パーキングエリア(及びハイウエイオアシス)から、高速道路を降りずに入館することができます。
  • ・営業時間: 平日9:30~17:00・土日9:30~18:00
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0586–89–8200
  • ・料金: 大人1,500円、中・高校生1,100円、小学生750円、3歳以上の幼児370円
  • ・公式サイトURL: http://aquatotto.com/

≪第4位≫ 鳥羽水族館

ジュゴンやアフリカマナティーに会うなら、日本国内で唯一飼育している鳥羽水族館!1200種類という日本一の飼育種類数を誇る、珍しい動物やへんな生きものがいっぱい、見どころいっぱいの水族館です。

http://museumblog.blog33.fc2.com/blog-entry-3.html

スナメリの繁殖と人工保育には定評があり、表彰も受けています。 スナメリの微笑みに癒される人、続出中♪

また、水族館といえば通常は観覧順路が決められており、コースの流れに従って館内を鑑賞しますよね。ですが、こちらの水族館は自由通路となっているため、好きなタイミングで好きなところへ行き、好きなだけ鑑賞することができるんです。思う存分に楽しんでみてくださいね。

http://megurimegurumono.blog85.fc2.com/blog-entry-478.html

■ 基本情報

  • ・名称: 鳥羽水族館
  • ・住所: 三重県鳥羽市鳥羽3–3–6
  • ・アクセス: JR・近鉄鳥羽駅から徒歩約10分
  • ・営業時間: 3/21~10/31 9:00~17:00 (但し、7/20~8/31は8:30~17:30)11/1~3/20 9:00~16:30
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0599–25–2555
  • ・料金:大人2,400円、小・中学生1,200円、3歳以上の幼児600円
  • ・公式サイトURL: http://www.aquarium.co.jp/

≪第5位≫ アクアワールド茨城県大洗水族館

何といってもサメ好きにはたまらない!日本一のサメ飼育数を誇るのが、「アクアワールド茨城県大洗水族館」関東最大、日本でもトップクラスの規模の水族館です。専用の大水槽による、珍しいマンボウの複数展示も見逃せないし、イルカとアシカのオーシャンライブも人気沸騰♪

ダイナミックなショータイムは、1日4回開催されています。大洗の海をバックに、躍動感あふれるパフォーマンスを見せてくれますよ。

なお、見どころとなっているサメの飼育数はなんと50種類以上にもなるのだそう。ネコザメのような可愛らしい小型のサメから3m前後にもなる大型のサメまでさまざま。中には絶滅危惧(準絶滅危惧)のサメもいますよ。

http://sokuup.net/?mode=permalink&no;=19669

■ 基本情報

  • ・名称: アクアワールド 茨城県大洗水族館
  • ・住所: 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252–3
  • ・アクセス: 1) 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線大洗駅から循環バス海遊号で12分 アクアワールド・大洗バス停下車 2) 東水戸道路水戸大洗ICから車で15分
  • ・営業時間: 9:00〜17:00
  • ・定休日: 2014年6月23日(月)〜6月24日(火),12月1日(月)〜12月5日(金)
  • ・電話番号: 029–267–5151
  • ・料金: 大人1,850円、小・中学生930円、3歳以上の幼児310円
  • ・公式サイトURL: http://www.aquaworld-oarai.com/

≪第6位≫ 大分マリーンパレス水族館 うみたまご

海と一体化したような、抜群のロケーションが魅力の「大分マリーンパレス水族館 うみたまご」。思わず笑ってしまう、ユニークな動物たちのショータイムや、直接魚と触れ合えるタッチプールなど、触れ合いを楽しめる水族館です。

まるで海を切り取ったよう、大回遊水槽のディープブルーが美しいですね。

http://blog.livedoor.jp/pokomenchi0929/tag/大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

超人気者の芸達者!セイウチくんに会いに行こう♪触れ合おう♪

また、2015年には屋外に「あそびーち」という新エリアも新設されました。点在するプールではイルカやアザラシ、魚などが悠々と泳いでおり、直接触れ合うことができるんですよ。まさにガラスのない水族館です。

http://blog.goo.ne.jp/kurikararyuou/e/f4672c5575d6e040a4804ff358c33f98

■ 基本情報

  • ・名称: 大分マリーンパレス水族館 うみたまご
  • ・住所: 大分県大分市高崎山下海岸
  • ・アクセス: JR別府駅から大分交通バス大分駅行きで15分、高崎山自然動物園前下車すぐ
  • JR大分駅から大分交通バス別府・国東方面行きで25分、
  • 高崎山自然動物園前下車すぐ
  • 大分自動車道別府ICから約25分
  • ・営業時間: 9:00〜18:00 特別期間9:00〜21:00(正月、GW、夏休み、クリスマス等)
  • ・定休日: 2015年1月28日(水)〜29日(木)
  • ・電話番号: 097–534–1010
  • ・料金: 大人1,950円、小・中学生970円、4歳以上の幼児640円
  • ・公式サイトURL: http://www.umitamago.jp/

≪第7位≫ 越前松島水族館

イルカ、アザラシ、タコ、サメ等、海の生き物との触れ合いが充実! 「じゃぶじゃぶ海水プール」で1000匹の魚と泳いだり、地引き網や餌やりも楽しめます。2011年にオープンした「新ぺんぎん館」では、水中を飛んでいるようにスピーディーなペンギンの泳ぎが見ものですよ。

http://nao-chan.asablo.jp/blog/2012/05/28/6460185

足元にはサンゴとお魚の海が広がる!海洋館のガラスフロアで海面浮遊体験♪

もちろん、体験プログラムも充実しており、磯の生物の観察やバックヤードのガイドツアー、さらには館内に宿泊してオールナイトで魚たちと一緒に過ごすことが出来てしまうんです、公式サイトで情報をチェックしてみてください。

http://www.echizen-aquarium.com/index.html

■ 基本情報

  • ・名称: 越前松島水族館
  • ・住所: 福井県坂井市三国町崎74–2–3
  • ・アクセス: JR北陸本線「芦原温泉」駅より京福バスで約30分「松島水族館前」下車北陸自動車道「金津I・C」より20分
  • ・営業時間: 9:00〜17:30 GW・夏季営業時間 9:00〜21:00 (2014年 5/3~5/6、7/19~8/17)冬季営業時間 9:00〜16:30 (2014年10/27~2015年3/19)
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0776–81–2700
  • ・料金: 大人2,000円、小・中学生1,000円、3歳以上の幼児500円
  • ・公式サイトURL:http://www.echizen-aquarium.com/

≪第8位≫ 下関市立 しものせき水族館 海響館

下関というロケーションを最大限に活かしたショーや展示が魅力の、しものせき水族館!関門海峡を眺めながら見る、ダイナミックなショータイムが大人気です。 そして下関ならではのスターは「フグ」トラフグの成長過程はもちろん、世界の珍しいフグを存分にご覧ください。

http://www.jalan.net/kankou/350000/351300/spt_35201cc3320040593/kuchikomi/page2.html

関門海峡潮流水槽で再現される、生きているような渦潮は必見です。

また、こちらではスマートフォンなどのタブレット端末で楽しむことも出来るんです。アプリをダウンロードし、館内のあちこちで水槽にくっついている生き物を探してみてください。水族館を2倍楽しめちゃいますよ。

http://www.web-aquarium.net/aquarium/aq_150.html

■ 基本情報

  • ・名称: 下関市立しものせき水族館 海響館
  • ・住所: 山口県下関市あるかぽーと6–1
  • ・アクセス:下関駅から海響館線バス約7分、海響館下車すぐ(または1~3・5・6番乗り場発のバス約7分、西南部・唐戸下車徒歩3分) 中国道下関ICから約15分
  • ・営業時間: 9:00〜17:30
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0832–28–1100
  • ・料金: 大人2,000円、小・中学生900円、3歳以上の幼児400円
  • ・公式サイトURL: http://www.kaikyokan.com/

≪第9位≫ 神戸市立須磨海浜水族園

波のある大水槽「WAVE TANK」、アマゾン館のチューブ型水中トンネル、木立の中に埋め込まれた半地下水槽「森の水槽」、「さかなライブ劇場」等、魅せる工夫がいっぱいの水族館です。ピラニア料理が大好評で、売り切れるほどの人気を集めています。

自然状態の波を再現したWAVE TANK。波の中で泳ぐ魚を見られるのは世界初!

下の写真は館内で一番目を引く巨大水槽。大きなシロワニ(サメ)やアジの群れ、エイなどが悠々と泳いでおり、とにかく圧巻の迫力です。さらに2階に登ると、この水槽を上から見ることもできるんです。真上から見る魚たちの姿もまた素敵です。

http://www.shift.jp.org/guide/kobe/others/suma-aqualife-park.html

■ 基本情報

  • ・名称: 神戸市立須磨海浜水族園
  • ・住所: 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3–5
  • ・アクセス: JR須磨海浜公園駅から徒歩5分・山陽電鉄月見山駅から徒歩10分
  • ・営業時間: 9:00〜17:30 (夜間開園日は20:00まで)
  • ・定休日: 平成25年12月及び平成26年1月~2月の毎週水曜日
  • ・電話番号: 078–731–7301
  • ・料金: 18歳以上2,000円、15~17歳800円、小・中学生500円
  • ・公式サイトURL:http://sumasui.jp/

≪第10位≫ 名古屋港水族館

美ら海水族館と並ぶ規模の、本州最大の水族館が「名古屋港水族館」。シャチを始めとする鯨類に力を入れていて、もちろんシャチやイルカのショーも充実。パフォーマンスを見る時は、水中観察窓が意外な穴場で、海の中で出会ったかと錯覚するような臨場感を味わえます。

http://nobufire.sakura.ne.jp/blog/2008/05/post_172.html

体長6.5m!海の王者の大きさと優雅な姿態を、ぜひ間近で体感してみましょう。

敷地内は北館と南館に分かれており、北館にはシャチ・ゴマフアザラシ・イルカ・ベルーガといった海獣、南館には日本海・深海・南極・赤道付近の海などで暮らす国内外の海の生物を、展示・紹介されていますよ。

http://blog.livedoor.jp/e_pl227/archives/16614644.html

■ 基本情報

  • ・名称: 名古屋港水族館
  • ・住所: 愛知県名古屋市港区港町1–3
  • ・アクセス: 地下鉄名港線名古屋港駅から徒歩5分 国道23号線築地口ICから約5分
  • ・営業時間: 9:30〜17:30 GW・夏季営業時間 9:00〜21:00 (2014年4/26~5/6、7/19~8/31)※7月21日は9:30~21:00 冬季営業時間 9:00〜17:00(2014年3/20まで・2014年12/1~2015年3/20)※12月24日は9:30~21:00
  • ・定休日: 毎週月曜日(休日の場合は翌日)2014年1/20~1/24、2015年2/16~2/20
  • ・電話番号: 052–654–7080
  • ・料金: 大人・高校生2,000円、小・中学生1000円、4歳以上の幼児500円
  • ・公式サイトURL: http://www.nagoyaaqua.jp/aqua/

《第11位》新江ノ島水族館

新江ノ島水族館は、相模湾を中心にした海の生き物の生態が学べる人気の水族館です。子供向けの体験プログラムも用意されていたり、海の生き物を身近に考えられるようになっています。子供に人気の「いるかと握手」は最高の思い出になりそう!大人から子供まで幅広い年代が楽しめる水族館です。

相模湾を再現した巨大な水槽は迫力があります。ここでしか見られないものもたくさんあります。深海の生き物なども飼育していて、目の前に見ることができます。見慣れない光景に子供も大人も大興奮!

■ 基本情報

  • ・名称: 新江ノ島水族館
  • ・住所: 神奈川県藤沢市片瀬海岸2–19–1
  • ・アクセス:江ノ島線 片瀬江ノ島駅から徒歩3分/江ノ島電鉄 江ノ島駅から徒歩10分/湘南モノレール 湘南江の島駅から徒歩10分
  • ・営業時間:【3月~11月】9:00〜17:00【12月~2月】10:00〜17:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 0466–29–9960
  • ・料金: 大人2100円/高校生1500円/中学生・小学生1000円/幼児(3歳以上)600円
  • ・公式サイトURL: http://www.enosui.com

《第12位》サンシャイン水族館

サンシャイン水族館は、サンシャインシティにある水族館です。超高層ビルの中に入っているからと言ってナメてかかってはいけません。ここは本格的な水族館。「天空のオアシス」をコンセプトに営業し、池袋という交通の便の良い立地で人気の水族館です。非日常的な演出で、子供も大人も楽しめます。

休日は家族連れで賑わいます。美しいクラゲゾーンは幻想的。常に新しい企画をやっているのも楽しいですね。1年に2回以上行くという人は年間パスポートがお得。通常料金の2回分で1年間見放題です!

■ 基本情報

  • ・名称: サンシャイン水族館
  • ・住所: 東京都豊島区東池袋3–1–3
  • ・アクセス: 東池袋駅から徒歩3分/池袋駅から徒歩8分
  • ・営業時間:【4月1日~10月31日】10:00~20:00(夏休み中、時間変更の可能性あり)【11月1日~3月31日】10:00~18:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 03–3989–3466
  • ・料金:高校生以上2000円/小学生・中学生1000円/幼児(4才以上)700円/65才以上1700円
  • ・公式サイトURL: http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/

《第13位》海遊館

海遊館は、関西では知らない人がいないくらい有名な水族館です。屋内水槽の規模で言えば、世界の水族館の中でもかなり上位に入ると言われています。入場するとまず8階に上ります。その後らせん状に降りながら鑑賞するというシステムです。14の展示水槽はそれぞれの配置で地球環境を表現しています。

夕方5時からは、「夜の海」をテーマにした幻想的な展示です。ラッコやペンギンといったおなじみの動物たちも夜はまた別の顔を見せてくれます。その他いろいろなロマンチックな演出も見どころです。

■ 基本情報

  • ・名称: 海遊館
  • ・住所: 大阪府大阪市港区海岸通1–1–10
  • ・アクセス: 大阪港駅から徒歩5分
  • ・営業時間: 9:30〜20:00(月によっては10:00〜20:00の場合あり)
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 06–6576–5501
  • ・料金: 高校生・16歳以上2300円/小学生・中学生1200円/幼児(4歳以上)600円/60歳以上2000円
  • ・公式サイトURL: http://www.kaiyukan.com/index.html

《第14位》横浜 八景島シーパラダイス

横浜 八景島シーパラダイスは、横浜の人工島・八景島にある巨大なテーマパークです。水族館だけでなく遊園地やレストランなどもあります。すべてを見るならワンデーパスが必要です。水族館のみなら大人3000円で見られます。しかしとても広い敷地、というか島ですので1日では遊びきれないでしょう。

水族館はシロイルカが人気者です。ほかにはセイウチ、オタリア、アザラシなども人気があります。イルカやオタリアは直接触れることもできるので、鑑賞型というよりも体験型の水族館となっています。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜 八景島シーパラダイス
  • ・住所: 神奈川県横浜市 金沢区八景島
  • ・アクセス: 八景島駅から徒歩8分
  • ・営業時間: 8:30–21:30(※日によって多少の変更あり)(※天候や貸切などにより変更の場合あり)
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 045–788–8888
  • ・料金:【ワンデーパス】大人・高校生5050円/小学生・中学生3600円/幼児(4才以上)2050円/65才以上3600円 【水族館のみ】大人・高校生3000円/小学生・中学生1750円/幼児(4才以上)850円/65才以上2450円
  • ・公式サイトURL: http://www.seaparadise.co.jp

《第15位》鴨川シーワールド

鴨川シーワールドは千葉県の水族館の中ではかなり有名な観光スポットです。ここの売りは何といっても迫力のあるショーです。シャチやイルカ、アシカといった海獣のショーは大人が見てもど迫力です。

ショーを見るのに注意すべきは、前の方の席だと水をたっぷりかけられてしまうということ。大きなシャチが飛び、動き回るのですから当然です!水を避けるポンチョ必携です。水族館の規模としてはそれほど大きくはありません。でもお客さんを楽しませる様々な工夫がなされていてとても楽しめます。

■ 基本情報

  • ・名称: 鴨川シーワールド
  • ・住所: 千葉県鴨川市東町1464–18
  • ・アクセス: JR安房鴨川駅から無料送迎バスに乗り10分
  • ・営業時間: 9:00〜16:30(日によっては17:00までの日もある)
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 04–7093–4803
  • ・料金: 大人(高校生も含む)2800円/4歳〜中学生1400円/65歳以上2100円
  • ・公式サイトURL: http://www.kamogawa-seaworld.jp

《第16位》長崎ペンギン水族館

こちらの水族館は、旧長崎水族館が2001年に「長崎ペンギン水族館」として生まれ変わって以来、ペンギンの飼育を中心に営業を続けています。地球に生息する18種類のペンギンのうち、9種類を飼育しています。種類の多さは世界の水族館でも一番だとか。他にも、魚類や甲殻類などを飼育しています。

ペンギンの餌やりを見るのも面白いです。海岸でペンギンの泳ぐ姿を見るのも良いですね。バーチャルシアターでは子供が描いたペンギンの絵が3D映像で映し出されるもの。これはなかなか好評です!

■ 基本情報

  • ・名称: 長崎ペンギン水族館
  • ・住所: 長崎県長崎市宿町3–16
  • ・アクセス: 長崎駅から車で20分
  • ・営業時間: 9:00〜17:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 095–838–3131
  • ・料金: 一般510円/幼児・小学生・中学生300円
  • ・公式サイトURL: http://penguin-aqua.jp

《第17位》加茂水族館

加茂水族館は、山形県鶴岡市にある水族館です。日本海に面した場所にあります。ここの目玉はやはりクラゲ。こちらのクラゲの種類は50種類以上というからオドロキです。ギネスブックの世界記録だそうです。クラゲ以外では庄内沖に暮らす140種類の魚を見ることができます。アシカショーも人気です。

クラゲは小さな蛍光色のものから大きなものまで様々。どれも美しくて感動的。クラゲと写真を撮れるコーナーもあります。円形の水槽に照らされた照明がかなり良い演出になって幻想的な雰囲気です。

■ 基本情報

  • ・名称: 加茂水族館
  • ・住所: 山形県鶴岡市今泉字大久保657–1
  • ・アクセス: JR鶴岡駅から車で30分/庄内空港から車で20分
  • ・営業時間:【通常】9:00~17:00/【夏休み】 9:00~17:30
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0235–33–3036
  • ・料金: 高校生以上1000円/小学生・中学生500円
  • ・公式サイトURL: http://kamo-kurage.jp

《第18位》伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスは、通称・伊勢シーパラダイスと呼ばれる水族館です。古い水族館で昔は、二見シーパラダイスという名前でした。こちらではアザラシ、アシカ、セイウチといった海獣と魚類を多く展示しています。入口前にトドの水槽があって、無料で見られるのが驚きです。

あっかんべーで有名なアシカのいる水族館です。セイウチやアザラシとの記念撮影もできます。ふれあいを体験できる面白い水族館です。イルカやペンギンなど、賢い生き物が多くいるのが魅力でしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス
  • ・住所: 三重県伊勢市二見町江580
  • ・アクセス: 二見浦駅から徒歩20分
  • ・営業時間: 9:00〜17:00(季節によって変動あり)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0596–43–4111
  • ・料金: 大人1400円/小学生・中学生600円/幼児(3歳以上)300円/65歳以上1200円
  • ・公式サイトURL: http://ise-seaparadise.com

《第19位》のとじま臨海公園水族館

のとじま臨海公園水族館は、石川県唯一の水族館です。500種、40000匹もの生き物を展示しています。ジンベエザメなど能登半島に生息する魚を見ることができます。さらにイルカ、アシカのショー。ラッコの食事風景。歩くペンギン。マダイの音と光のファンタジアといったイベントが盛りだくさんです。

エサやりができたり、イルカとのふれあいなど、普段できない貴重な体験をすることができます。こちらのトンネル型の水槽は、長さ22メートルで日本でも最大級。海中を散歩している気分を味わえます。

■ 基本情報

  • ・名称: のとじま臨海公園水族館
  • ・住所: 石川県七尾市能登島曲町 15部40
  • ・アクセス: 和倉温泉駅からバスで30分
  • ・営業時間:【3月20日~11月30日】9:00~17:00【12月1日~3月19日】9:00~16:30
  • ・定休日: 12月29日~31日
  • ・電話番号: 0767–84–1271
  • ・料金:高校生以上1850円/中学生以下(3歳以上)510円
  • ・公式サイトURL: http://www.notoaqua.jp

《第20位》城崎マリンワールド

城崎マリンワールドは、兵庫県の日和山海岸にある水族館です。イルカやアシカのショー。イルカとのふれあい体験。魚類、海獣を見ることができ、ダイビングを疑似体験するというアトラクションもあります。日本海の魚が見られる大水槽は凄い迫力です。ペンギンのお散歩を間近で見ることもできます。

さらにアジの釣り堀もあります。これは釣ったアジをすぐに油で揚げて食べさせてくれるという水族館らしくないアトラクションです。本当に美味しいと好評です。大人から子供まで一緒に楽しめますよ!

■ 基本情報

  • ・名称: 城崎マリンワールド
  • ・住所: 兵庫県豊岡市瀬戸1090
  • ・アクセス:JR城崎温泉駅からバスで10分
  • ・営業時間: 9:00〜17:00(GW、夏期、お盆期間は時間の変更あり)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0796–28–2300
  • ・料金: 大人2470円/小学生・中学生1230円/幼児(3才以上)620円
  • ・公式サイトURL: http://marineworld.hiyoriyama.co.jp
DMCA.com Protection Status