ランドマークは通天閣!大阪の下町「新世界」へ行こう

MIKI Yoshihito
大阪のディープスポットといわれるのが、「新世界」です。かつては「新世界は行ったらあかん!」と言われるような場所でしたが、現在は観光名所として生まれ変わり「大阪に行ったら新世界に行かなあかん!」状態になっています。今回は、そんな新世界の魅力をご紹介します。

この地域のおすすめ記事
  • (12/01)大阪のカプセルホテル13選。ビジネスや終電がなくなった時にも便利に活用!
  • (12/04)レトロなカフェでタイムトリップ!ナポリタンとクリームソーダが似合いそうなお店23個のまとめ 
  • (12/01)ココナッツミルクを使った美味しい料理を出してくれるお店22個のまとめ
  • (11/25)大阪のプール22選。スライダーで楽しんだり日ごろのトレーニングに♪
  • (11/15)大阪じゃらんでも人気なマストグルメ24選

新世界とは?

http://gigazine.net/news/20070518_osaka_shinsekai/
大阪を代表する繁華街として知られるのが「新世界」です。新世界の中央やや北寄りに通天閣があり、南東部にジャンジャン横丁が広がります。

なつかしい昭和の雰囲気を残した町並みには、串カツ屋やお土産ショップが数多く立ち並び、終日、観光客で賑わっています。
http://gigazine.net/news/20070518_osaka_shinsekai/

1.新世界だけじゃない!大阪のシンボル!通天閣

http://kiracrystaldrama.blog120.fc2.com/blog-entry-1261.html
新世界のシンボルとなるのが通天閣です。

タワー内にあるビリケンさんは、新世界のマスコットのような存在にもなっています。足の裏をこすれば願いが叶うのだとか?
http://plaza.rakuten.co.jp/gitaan/diary/200608030000/

また、タワーに登るとパンフレットと一緒に通天閣のペーパークラフトを無料でもらうことができます。一見、シンプルなペーパークラフトに見えますが、実は非常に難易度が高いんです!TV番組「探偵ナイトスクープ」でも、このペーパークラフトに挑戦する回がありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/fukutetsukotsu/2155415.html

■ 基本情報

  • ・名称: 通天閣
  • ・住所: 大阪府大阪市浪速区 恵美須東1−18−6
  • ・営業時間: 9時00分~20時30分
  • ・電話番号: 06-6641-9555
  • ・料金: 大人700円、大学生500円、中高校生400円、小学生300円
  • ・公式サイトURL: http://www.tsutenkaku.co.jp/index.html

2.都会のオアシス・スパワールド

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/18727/18727.html
岩盤浴やローマ風呂といった入浴施設だけでなく、ウォータースライダーもある巨大なプールもある人気の癒しスポットです。

神々しいローマ風呂に…。
http://www.spaworld.co.jp/onsen/

フィンランドのサウナを再現したサウナハウスなどがあり、お風呂のテーマパークといっても過言ではありません。
http://www.spaworld.co.jp/onsen/

■ 基本情報

  • ・名称: スパワールド
  • ・住所: 大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目4−24
  • ・アクセス: 地下鉄「動物園前」駅から徒歩1分
  • ・営業時間: 10:00~翌8:45
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 06-6631-0001
  • ・料金:大人(12歳以上)3時間2400円、3時間以上2700円、小人(12歳未満)3時間1300円、3時間以上1500円
  • ・公式サイトURL: http://www.spaworld.co.jp/

3.天王寺動物園

日本で3番目に開園したことでも知られる動物園が、天王寺動物園です。

非常にリーズナブルな入園料でありながら、ライオンやホッキョクグマを始めとする猛獣なども展示飼育されています。
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/port/0000187916.html

■ 基本情報

  • ・名称: 天王寺動物園
  • ・住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-108
  • ・アクセス: 地下鉄堺筋線「動物園前駅」より徒歩5分
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号: 06-6771-8401
  • ・料金: 大人500円、小中学生200円
  • ・公式サイトURL: http://www.jazga.or.jp/tennoji/

天王寺動物園についてはこちらのブログ記事で詳しくご紹介中!

4.ジャンジャン横丁

http://gigazine.net/news/20070518_osaka_shinsekai
串カツ屋がズラリと立ち並ぶ昔ながらの商店街が「ジャンジャン横丁」になります。レトロな街並みは歩くだけでも必見の価値があります。

近年では、観光スポットとして「恋人達の真実」なるスポットも誕生しています。二人で手を入れてみると…?
http://www.lococom.jp/article/view/20157668/

5.老舗洋食店・グリル梵

http://gohshi1.blog93.fc2.com/blog-entry-215.html
創業70年という老舗洋食店があります。路地を少し入った場所にあるので、分かりにくいかもしれませんが、新世界を代表する洋食店として芸能人も頻繁に訪れます。

レトロなノレンを潜れば、昭和レトロな店内が広がります。
http://gohshi1.blog93.fc2.com/blog-entry-215.html

名物はビフカツサンドです。
http://emunoranchi.blog65.fc2.com/blog-entry-3720.html

■ 基本情報

  • ・名称: グリル梵 (ボン)
  • ・住所: 大阪府大阪市浪速区恵美須東1-17-17
  • ・アクセス: 地下鉄「恵美須町」から徒歩2分
  • ・営業時間: 12:00~14:0017:00~20:00
  • ・定休日: 毎月6・16・26日
  • ・電話番号: 06-6632-3765
  • ・料金:  [夜]¥1,000~¥1,999[昼]¥1,000~¥1,999

6.新世界の公式キャラクターはあの有名キャラ!

http://blog.goo.ne.jp/shinsekaizyoho/e/cf599ca794f3a0d5ac4439c2a26588bc
新世界100周年を記念して、選出された公式キャラクターは、なんとあの有名なキン肉マン!!そのため新世界のいたるところに等身大の超人達の姿を目撃することができます。

何故か商店街にいたり…(夜、この超人と目があったら怖い怖い!!)
http://minkara.carview.co.jp/userid/425274/blog/27273995/

通天閣の側でロビンマスクが陣取っていたり…。
http://sumiiiiiii.exblog.jp/16301781

メインの商店街にいたはずのテリーマンが、気付いた時には別の商店街の一角に埋もれていたり…(作中での扱いもこんな感じですよね…)
http://minkara.carview.co.jp/userid/425274/blog/27273995/

皆様もぜひ、お気に入りの超人の姿を新世界で探してみてください。商店街の一角にはキン肉マングッズを扱う「MUSOLE SHOP」もあります。(ちなみにこの角を曲がるとグリル梵があります)
http://minkara.carview.co.jp/userid/425274/blog/27273995/

基本情報

http://blog.osakanight.com/article/eid20.html

■ 基本情報

  • ・名称: 新世界 
  • ・アクセス: 地下鉄「恵美須町」駅もしくは「動物園前」駅から徒歩圏内
  • ・定休日: 年中無休
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 平日
  • ・関連サイトURL: http://shinsekai.net/



「やばい」「汚い」「危険」というイメージは古いイメージです!生まれ変わった大阪のディープスポット「新世界」をぜひ訪れてみてください。
DMCA.com Protection Status